Androidのアプリを削除・無効にする方法

「全然使ってないアプリを削除したい」
「間違って入れてしまったから削除したい」
という悩みを抱えている方は多いと思います。

Androidは初期状態でアプリがいろいろ入っていますが、使わないアプリはメモリを食うだけなので無効にした方が良いでしょう。

そこで、今回はAndroidにインストールしたアプリを無効にする方法について説明します。

具体的には
・Androidのアプリをアンインストールする方
・Androidのアプリを無効にする方法
・Androidのアプリデータ削除方法
の3つについて説明します。

Androidのアプリをアンインストールする方法

後から自分でインストールしたアプリを無効にしたい場合はアンインストールを行います。

アンインストールしたアプリはAndroidからデータも含めて完全に削除されます。

元々インストールされている一部アプリはアンインストール操作ができません。

1.設定を開きます

2.「アプリ」をクリックします
「アプリ」をクリック

3.無効にしたいアプリを選択してクリックします

4.「アンインストール」をクリックします
アンインストールをクリック

これでアンインストールは完了です。

Androidのアプリを無効にする方法

元々インストールされていたアプリを無効にしたい場合は「無効設定」を行います。

無効にした場合もアプリデータが削除されてしまうので注意しましょう。

無効にしたアプリは有効ボタンをクリックすることで再度使うことができます。

1.設定を開きます

2.「アプリ」をクリックします
「アプリ」をクリック

3.無効にしたいアプリを選択してクリックします

4.「無効」をクリックします
アプリを無効にする

これでアプリを無効にできます。

無効にしたAndroidアプリをもう一度有効にする方法

アンイストールした場合と無効にした場合で操作が異なります。

アンイストールした場合はインストールした場所(Google Playなど)から再びダウンロードしてインストールする必要があります。

無効にした場合は設定から「有効」ボタンをクリックすることで使うことができます。

Androidのアプリデータ削除方法

Androidの「アプリデータを削除する方法」と「キャッシュを削除する方法」について説明します。

アプリデータを削除する方法

アプリデータを削除した場合、アプリは有効なままですが、Androidに保存されているアプリのデータは全て削除されます。
(オンラインゲームなどのサーバーにデータが保存されるアプリの場合、サーバーに保存されているデータは削除されません。)

1.設定を開きます

2.「アプリ」をクリックします
「アプリ」をクリック

3.データを削除したいアプリを選択してクリックします

4.「データを消去」をクリックします

これでデータ削除完了です。

キャッシュを削除する方法

アプリの更新があった場合に古いキャッシュが残っている場合があります。
その場合はキャッシュを削除することで最新の情報を取得できます。

キャッシュを削除した場合はログイン情報なども削除されるため、ログインIDやパスワードが必要なアプリは再度入力が必要となる場合があります。

キャッシュを削除してもアプリデータに影響はありません。

1.設定を開きます

2.「アプリ」をクリックします
「アプリ」をクリック

3.キャッシュの削除したいアプリを選択してクリックします

4.「キャッシュを消去」をクリックします

これでキャッシュ削除完了です。

アプリを開いていた場合は、再起動してください。

関連記事>>Android版Chromeのキャッシュを削除する方法

終わりに

今回はアプリを無効にする方法を説明しました。

・後からインストールしたアプリはアンインストール
・元々インストールされたアプリは無効設定

にすることでアプリを無効にできます。

無効設定にした場合は再開すればOKですが、アンイストールした場合はGoogle Playなどから再度インストールする必要があるので注意しましょう。

Androidは初期状態では使わないアプリがたくさん入っていると思います。

使わないと感じたものは無効にしておきましょう。

オススメ記事>>Python超入門〜Androidで始めるプログラミング〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました