Pythonプログラミングの勉強法

Python超初心者はパソコンを買った方がよいですか?

こんにちは、みやびのです。
プログラミングは13年ほどやっております。

今回は「Python超初心者がプログラミングを始めるなら新しくパソコンを買った方がいいの?」
という疑問に答えます。

早速結論から言うと必ずしも新しくパソコンを買う必要ありません
PythonはWindowsでもMacでもできるので専用のパソコンは不要です。またパソコンだけでなくAndroidやiPhoneでもできます。

まずは手持ちのパソコンやスマホで始めてみましょう。

本記事の内容は以下の通り。

・Pythonを始めるのに新しいパソコンは不要!手持ちのパソコン・スマホで始めてみよう
・初心者がパソコンを買った方がいい場合は?

Pythonを始めるのに新しいパソコンは不要!手持ちのパソコン・スマホで始めてみよう

パソコン・スマホとメモ帳
PythonはWindowsでもMacなどほとんどOSのパソコンで実行できます。パソコンを持っている方であれば改めて買う必要はありません。

また、スマホでもできるのでまずはスマホから始めてみるのもありです。

Python超初心者がパソコンを買わない方がいい理由

超初心者が買わない方がいい理由は以下の3つです。

・勉強なら手持ちのパソコンで十分
・参考書など他のことに投資できる
・挫折した時のダメージを最小限にする

勉強なら手持ちのパソコンで十分

「プログラミングをやるなら性能のいいパソコンを買おう」
と言う意見もありますが、超初心者のうちから買う必要はありません。

もちろん性能のよいパソコンの方が勉強効率がいいですが、パソコンは決して安くない買い物なので予算がある方でもまずは手持ちのパソコンから始めてみましょう。

プログラミングを始めた当初は多少スペックが低くても手持ちのパソコンで十分なケースが多いです。入門書を踏破する程度であれば手持ちのパソコンで問題ありません。

参考書など他のことに投資できる

パソコンはSurfaceのような小型なパソコンでも5~8万円、通常は10万円以上します。

中古品ならもっと安く買えるかもしれませんが、セットアップが大変なのでパソコンマニアでなければおすすめしません。

プログラミングはお金がかからなそうに見えますが、結構かかります。
参考書は1冊2,000~4,000円なので結構お金かかりますし、スクールに通うことを考えているなら最低でも10万くらいは必要です。

なので同じ10万円を使うならどこに投資するかを考えることが大事。
これは勉強の目的や手持ちの予算によって違うので正解は人によって異なります。

もちろんパソコンに投資するのが最適だと結論が出た場合はパソコンを買ってもよいです。

挫折した時のダメージを最小限にする

残念ながらプログラミングは挫折する人が多いようです。

せっかくパソコンを買ったのに挫折したら10万円というお金が無駄になってしまいます。まあ、パソコンはプログラミング以外にも使い道があるので完全に無駄にはなりませんが。

同じ挫折でも全くお金を使わないうちの挫折であればダメージはほとんどありません。せいぜい参考書にかかった数千円ですみます。

できれば挫折せずに勉強を続けて欲しいところですが、挫折した時のためにも使うコストを必要最小限に留めることが大切です。

Pythonの始め方

Pythonの始める方法は非常に簡単です。

WindowsとMacは公式サイトからファイルをダウンロードして実行すれば使えるようになります。

スマホの場合はApp StoreやGoogle Playからアプリをダウンロードするだけで実行できます。(iOS版のみ有料です)

各機種での始め方について以下の記事をご参照ください。

超初心者がパソコンを買った方がいい場合は?

買い物
「超初心者でもパソコンを買った方がいい場合はあるの?」
という疑問を持つ方もいると思います。

もちろん買った方がいい場合もあります。

例えば以下のような場合です。

・スマホもパソコンも持っていない場合
・プログラミングが楽しいと感じてきた場合
・古いパソコンを使っている場合
・プログラミングを仕事にすることを考えている場合
・プログラミング以外の用途が決まっている場合

スマホもパソコンも持っていない場合

当たり前の話ですが、スマホもパソコンも持っていない場合買うしかありません。

人に借りたり職場・学校のパソコンだけで勉強するのは時間的制約が多いのでなかなか難しいですからね。

スマホを買うべきかパソコンを買うべきか迷う方がいるかもしれませんが、ひとまずどちらでもOKです。

本格的にプログラミングをやるならパソコンの方がよいですが、この機にスマホデビューするのもありだと思います。

「買ったらどっちをよく使うか」
など、他の用途も含めて検討しましょう。

プログラミングが楽しいと感じてきた場合

勉強が進めていると「プログラミング楽しい」と感じてくる瞬間が来る場合があります。そこまで到達できたら新しくパソコンを買ってもOKです。

プログラミングが楽しいと感じてきた人は今後挫折する可能性が少ないからです。

プログラミングの勉強は規模が大きく大変ですが、続けていれば達成感や楽しいと感じる瞬間が来ます。まずはそこまで頑張りましょう。

古いパソコンを使っている場合

5年以上前のパソコンを未だに使っている場合は買い替えを検討するのもありです。
5年経つとパソコンの性能はかなり低下しますし、最新のアプリに互換性がない場合も少なくありません。

とりあえず試してみて問題なく動けばOKですが、動作が重いと感じる場合やうまく動かない場合は新しいパソコンの購入を検討しましょう。

プログラミングを仕事にすることを考えている場合

将来的にITエンジニアなどプログラミングに関する仕事を考えている場合は購入を検討してもよいです。仕事にする場合はやはりパソコンの性能は大事ですからね。

ただし、前述の通りプログラミングは挫折する可能性が少なくないのである程度勉強が進んできてから購入した方が無難です。

プログラミング以外の用途が決まっている場合

プログラミングだけでなく他の用途で使うのであれば購入しても問題ありません。仮にプログラミングで挫折してもそちらの用途では使えるので無駄にはならないですからね。

パソコンを購入する前に用途して、「パソコンに払った分のリターンが得られるか」ということは十分に検討しましょう。

終わりに

基本的にPython超初心者であればパソコンを新しく購入する必要はありません。PythonはWindowsでもMacでもできますし、スマホでもできます。

まずは手持ちのパソコンで始めてみましょう。

10万、20万円というお金があればパソコン以外にも参考書やスクールなど他の投資の選択肢も選ぶことができます。

購入を検討する場合は何に投資することが最適か考えるようにしましょう。

プログラミングの始め方>>Pythonプログラミングの始め方まとめ

おすすめ記事>>PythonにおすすめのノートPC4選+パソコンの選び方

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-Pythonプログラミングの勉強法

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.