転職の面接でうまく話せないなら実績をまとめよう

面接 転職

「転職活動しているけど面接がうまく話せない」
という悩みを解決するための記事です。

面接でうまく話せいないという方は自分の実績がまとめられていない方が多いです。

転職活動をする前に時間をかけてこれまでの実績を書きましょう。
実績をまとめておけば話の軸が固まるので話しやすくなります。

転職の面接でうまく話せないなら実績をまとめよう

話下手
転職活動をする前に必ず自分の実績をまとめておきましょう。

実績をまとまっていなければ面接に通過するのはまず無理です。
なぜなら自分の価値が面接官に伝えられないから。

面接は

「私を雇ってくれたらこんなにお得ですよ」
「私を雇ってこれだけ会社に貢献できます!」

ということを転職先企業に伝える場です。

自分で自分の価値がわかっていなかったら伝えようがありません。
まずはこれまでの実績を具体的にまとめましょう。

転職の面接でうまく話すための実績のまとめ方

職務経歴書
転職面接のための実績をまとめる方法について紹介します。
手順は以下の3つです。

・自分の実績や経験を思いつく限り書き出す
・それぞれの実績についてどれくらいの期間やったかを書き出す
・自分の強みは何か考える

順番に説明します。

自分の実績や経験を思いつく限り書き出す

実績は過不足なく書き出すことが大事です。

自分のやってきた経験や実績は全て書き出しましょう。

小さなことでも構いません。

「こんなこと書いて意味あるんだろうか?」

とか考えてなくて大丈夫です。
思いついたものをどんどん書き出していきましょう。

それぞれの実績についてそれぞれの実績の詳細を書き出す

実績の書き出しが終わったらそれぞれの実績について

・どれくらいの期間やったか?
・どんな成果を上げることができたか?
・どんなことを学んだか?

といったことを書き出していきます。
成果や学んだことは思いつく限り書き出しておきましょう。

自分のやったことを徹底的に絞り出すことが大事です。

自分の強みは何か考える

書き出した実績から

・自分の強みとなる実績は何か?
・自分の実績から何ができるか?

といったことを考えます。

自分の実績を満遍なく伝えるには時間がかかりますし、転職先企業にはいらない実績も多くあると思います。
重点的に説明する実績とさらっと流す実績は予め決めておくことが大切です。

強みが何か、何ができるかということを把握しておけば重点的に説明するべきことも明確になります。

上記の書き出しが終わったら職務経歴書にまとめておきましょう。

職務経歴書の実績のまとめ方は「【転職者向け】面接が苦手な人は職務経歴書をがっつり書こう」をお読みだくさい。

転職の面接にトークスキルは必要ですか?

面接にトークスキルは不要です。
営業とか喋るのがメインの業界の場合はその限りではないですが、基本的に話がうまい人間が勝つ場ではありません。

面接でなかなかうまく話せなくて悩んでいる方は多いと思います。
私も喋るのは苦手なので面接もあまり得意ではありません。しかし、面接を通過し、転職に成功しています。

面接に必要なことは自分の実績を隅から隅まで把握して、自分の実績を可能な限り面接官に伝えることです。
話が下手でも軸がまとまっていれば伝わりますし、面接の通過も可能。

逆に話がうまかったとしても自分の価値を正確に伝えられなければ面接に通過はできません。
仮に通過できたとしても低く評価されてグッと年収が下がることも。

逆に課題評価されて激烈ハードな現場に放り込まれる可能性もあります。
過小評価も過大評価もされないように自分の実績をしっかりまとめて正確に伝えることが大事です。

うまく伝えるためには数をこなす必要がありますが、諦めずに挑戦しましょう。

終わりに

転職の面接でうまく話せないという方は実績がまとめられていない場合が多いです。
まずは時間をかけて自分の実績を具体的にまとめましょう。

自分の実績が把握できていなければ面接官に自分の価値が伝わらないので面接の通過が難しくなります。
仮に通過できても入社後のミスマッチがおきやすいので正確に自分の実績を把握するようにしましょう。

実績をしっかりまとめても最初はうまく伝えられない場合も多いですが、数をこなせば慣れます。
面接に通過できなくても諦めずに挑戦しましょう。

関連記事>>【転職者向け】面接が苦手な人は職務経歴書をがっつり書こう

コメント

タイトルとURLをコピーしました