作業効率化

【ココナラ】失敗するWebライターの7つの特徴

こんにちは、みやびのです。
ココナラでちょくちょく発注しております。

今回は、「こんなWebライターは失敗する」というテーマでお話しします。

「文章書くだけ=簡単な仕事」と考えてしまう方が多いようですが、Webライターはかなり高度なスキルのいる仕事です

なので何も考えずに仕事を受注すると失敗します。

本記事では、私が受注と発注をした経験を元に失敗するWebライターの特徴について説明します。

失敗するWebライターの7つの特徴

特徴
失敗するWebライターの特徴は以下の通り。

・提案文が下手
・Webライティングができない
・文字数を稼ぐために無駄な文章を入れる
・見直しができていない
・納期に遅れる
・相談ができない
・1円未満の仕事を受注する

要するに基本的なことができているかどうかです。
文章力を上げることも大事ですが、「納期を守る」、「迷ったら相談をする」など基本的なことを守るようにしましょう。

提案文が下手

適当な提案文を書く方がたまにいるのですが、提案文の内容次第で採用が決まるので絶対に手を抜かない方がよいです。

特にWebライターは文章を書く仕事なので提案文が下手なのは致命的ですね。
とはいえポイントさえおさえておけば通りやすい提案文は書けます。

提案文が下手だと仕事も取れないのでしっかりと勉強しておきましょう。

関連記事>>【ココナラ】提案文に書いた方がいいこと・書かない方がいいこと

Webライティングができない

Webライターを名乗っているのにWebライティングができない人が少なくありません。
また、Webライターでもないのに「文章を書くだけなら簡単そう」とWeb記事作成の仕事を取る人も多いです。

かくいう私も「文章を書くだけならそこまで難しくないだろう」という理由で受注したことがありました。

しかし、Web記事作成は高度な知識と技術がいる仕事であり、簡単な仕事ではありません。

「長期的に仕事を取っていきたい」と考えている場合は必ずWebライティングの勉強をしましょう。

文字数を稼ぐために無駄な文章を入れる

文字数を増やすためだけに文章を入れるのはやめましょう。

もちろん+αの情報を入れたり補足したりするのであれば全く問題ありません。

が、重複する表現を入れて文字数を稼ごうとしたり、不要な文章を入れて文字数を稼ごうとするのはダメです。

文字数を稼ぐだけの文章はクライアントに何のメリットもありませんし、何より読者にとって邪魔な文章でしかありません。

どうしても文字数が足りない場合はクライアントに相談しましょう。

見直しができていない

納品前に見直しをすることは非常に大事です。

多少の誤字脱字や間違いは大目に見てもらえますが、見直せばすぐ見つかるイージーミスが多いとクライアントの満足度と信頼度が大きく下がります。

以前めちゃくちゃ納品スピードが早かった人がいましたが、どう見ても見直しができている状態とは言えませんでした。

この時のクライアントの判断は二通りあり、「徹底的に直してもらう」か「諦めて納品完了にする」です。

短期的に見れば前者の方がいいと感じるかもしれませんが、修正やコミュニケーションに時間がかかるので、忙しい方であれば後者を選びます。

どのような判断をするかはクライアントによって異なりますが、見直しができていない場合は二度と発注が来ない可能性が高いので注意しましょう。

納期に遅れる

納期に遅れるのは基本的にNGです。

「1日遅れるくらい大したことないだろう」
と考える方がいるかもしれませんが、1日遅れただけでも計画の立て直しが必要なケースもあるため大問題です。

というか1日遅れぐらいなら頑張れば納期内に押し込めるはず。

納期だけでは何が何でも守りましょう。必要なら徹夜してでも押し込みましょう。

事前に相談しておけば、問題とならないケースもあるのでどうしても遅れてしまいそうな場合は早めに相談しましょう。

連絡や相談ができない

仕事をしていると疑問点が浮かんできたり問題が起きたりするケースは必ずあります。

問題が起きた場合にクライアントに相談せずに独断で進めるのはNGです。

「相談ばかりするとクライアントに仕事ができないやつと見られて不安がられるのではないか」
と考える方がいるかもしれませんが、むしろ相談が少ない方が不安になります。

特に初回の依頼で納期直前まで全く連絡が来ないとめちゃくちゃ不安になりますね。

というわけで必要な連絡や相談はどんどんしてOKです。

ただし、相談の頻度が多過ぎるとクライアントの時間を奪ってしまうので、できるだけ1回にまとめて相談するようにしましょう。

1円未満の仕事を受注する

明確に規定があるわけではないですが、Webライターの文字単価は最低でも1円と言われています。

なので1円を下回るような仕事は受注しない方がよいです。最初の実績を作るために受注するのはありですが、早めに1円以上の受注する方針に切り替えましょう。

単価の低い仕事は地雷クライアントと当たる可能性が高いですし、低単価だとモチベーションが上がりにくいのでトラブルにもなりやすいです。

実際私がWebライターの仕事を低単価で受注した時もモチベーションが下がってしまった結果、トラブルに発展しました。

「自分は低品質な記事しか書けないから低単価からはじめた方がいいんじゃないか」
と思う方がいるかもしれません。

その気持ちはすごくわかります。かつての私も同じ考えで低単価の仕事を受注していました。

しかし、結局低品質な記事ではクライアントは満足しません。何より読者にとって全く役に立たない記事です。

低品質な記事しか書けないなら必死に勉強して良質な記事が書けるようになるべきです。

それくらいの努力ができないならWebライターはやめておきましょう。

終わりに

今回は「こんなWebライターは失敗する」という特徴を紹介しました。
具体的には以下の通り。

・提案文が下手
・Webライティングができない
・文字数を稼ぐために無駄な文章を入れる
・見直しができていない
・納期に遅れる
・相談ができない
・1円未満の仕事を受注する

上記の多くは「Webライターのプロとして基本的なことができているか」ということです。文章力を上げることも大事ですが、まずは基本的なことを守ることに重点をおきましょう。

ココナラまとめ>>ココナラでトラブルを起こさないための発注・受注方法まとめ

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-作業効率化
-

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.