プログラミング情報収集の具体的な方法7つ

こんにちは、みやびのです。
本記事ではプログラミングの初心者向けに情報取集の手段を紹介します。
今回紹介するのは以下の7つです。

・公式ドキュメントを読む
・GitHubなどでオープンソースを読む
・ブログ記事を読む
・SNSを活用する
・参考書を読む
・雑誌を読む
・動画を見る

全ての方法を実践する必要はありません。
まずは自分のスタイルにあったものからやっていきましょう。

プログラミング情報収集の具体的な方法7つ

Todo
プログラミング情報収集の具体的な方法とそれぞれの実践手順について説明します。

公式ドキュメントを読む

プログラミングの公式ドキュメントを読む方法です。プログラミングの基礎については参考書や学習サイトでもできますが、基礎的な部分は公式の資料を読み込んでおいた方がいいと思います。
・この関数はこういうケースで使うのが良い
・推奨しない実装方法
などプログラミングの深い部分まで学べます。
仕事をするだけであれば参考書でも十分な場合も多いですが、言語についてより深く学びたい場合は公式ドキュメントを読み込んでおくと良いでしょう。

ブログやqiitaの記事を読む

ブログでは現役エンジニアやスクールの講師など具体的な実装方法について紹介しています。
公式ドキュメントは具体的な実践方法や事例については記述が乏しいのでブログでの情報収集も大事です。
ネット検索している時に良さそうなブログを見つけたら定期購読するようにしましょう。
また、qiitaというIT技術に特化した記事投稿サイトがあります。
多くの現役エンジニアがqiitaに登録して記事投稿しているため、基本的な話からマニアックな話まで濃い情報が集まります。
余裕があるなら海外の記事を読むのもオススメです。
英語が苦手な人でもGoogle翻訳などの翻訳ツールを活用すればニュアンスはだいたいわかると思います。
ブログやqiitaは誤った情報が発信されているケースもあるので、微妙と感じた場合は参考書や公式ドキュメントの照らし合わせをした方が良いです。

SNSを活用する

TwitterなどSNSでエンジニアをフォローして情報収集する方法です。
有益な情報のシェアがリアルタイムで行われているのでブログとは違った角度で情報収集できます。
フォローするのはプログラミングについて発信している人や現役エンジニアなどが良いでしょう。
しかしエンジニアなら誰でもいい訳ではありません。
情報発信ではなく交流のツールとしてTwitterを活用している人も多いです。
交流のツールとして活用している人をフォローしても有益な情報はほとんど得られません。
たまに有益な情報もありますが、ノイズが多いのでせっかく呟いても流れて見逃す可能性も高いです。
「プログラミングの情報を中心に発信している人」をフォローする方が良いでしょう。
また、SNSの情報収集は受動的になりやすいと思います。
情報収集は能動的に動くことが大事なので、ブログなど他の方法と併用するのがオススメです。

参考書を読む

ひと昔前までは最もポピュラーな方法でしたが、最近はネットのが主流ですね。
参考書のメリットは、
・公式ドキュメントよりわかりやすくまとまっている
・ネットの情報よりも深く解説されている
・ネットよりも深く解説されている
などです。
ブログなどは個人で書いていることが多く裏が取れていない情報も多いですが、参考書は内容の精査や検証も行われているので信頼性はネットより高いと思います。
ネットはサクッと情報収集できるのがメリットですが、やはり学べることは浅いと思います。
ネット情報だけに頼らずに参考書も併用するのがオススメです。

雑誌を読む

雑誌は
・参考書よりも早い段階で情報が入ってくること
・一つの分野ではなくいろいろな分野について取り扱っていること
が参考書との違いです。
プログラミングの雑誌はもちろんですが、「ガジェット系の雑誌」や「サイエンス系の雑誌」などで最新の機械技術について知っておくのも良いでしょう。

GitHubなどでオープンソースを読む

プログラミングを勉強する上でコードを読んだり使ったりすることは大事です。
ネット上ではオープンソースを読んだりダウンロードしたりできるサイトが数多く存在します。
GitHubなどが代表的なサイトです。
ブログなどでもコードが書かれている場合もありますが、記事に書く影響で断片的なコードになりがちです。
オープンソースのコードも積極的に読んだり動かしたりしてみるとより理解が深まります。

動画を見る

最近は動画での情報発信も増えてきました。
映像として流れるので文字や図だけではわかりにくい点についても学ぶことができます。
「参考書やブログを読むのがかったるいな」
と感じている人は動画を見るのがオススメです。

終わりに:新しい技術が登場したらそこでも情報収集しよう

今回は以下の7つの方法を紹介しました。

・公式ドキュメントを読む
・GitHubなどでオープンソースを読む
・ブログ記事を読む
・SNSを活用する
・参考書を読む
・雑誌を読む
・動画を見る

全ての方法を使う必要はないですが、一つの方法ではなくいくつかの方法を併用した方が良いでしょう。
とりあえずできそうな方法から一つ選んで取り組んでみるのがオススメです。
私が子供の頃は情報収集の手段といえば本やテレビくらいでした。
その後インターネットが家庭にも普及し、ブログやSNS・動画などからも情報収集ができるようになりました。
こういった新しい技術による情報発信は増えていくと思います。
新しい技術が登場したら積極的に活用して情報を収集しましょう。
プログラミングのスキルアップまとめ>>プログラミングのスキルアップ方法まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました