失敗の繰り返しが成功を導く

「失敗は成功のもと」という言葉がある通り成功する為には数多くの失敗を繰り返すことが必要です。
「失敗すると責められるのではないか」、「失敗するのは恥」と感じてなかなか行動に踏み出せないこともあると思いますが、失敗を恐れて何もしないことが最大の失敗です。

新しいことに挑戦すると最初のうちはどうしても失敗が多くなりますが、繰り返すうちに自然と失敗は減っていきます。
失敗を恐れずに何度も挑戦していきましょう。

失敗を責めてはならない

失敗を責める
失敗した時にその原因を追求することは大切ですが、責任を追求して必要以上に責めるのはやめましょう。
失敗した人を責めてばかりいると「失敗しなくないから挑戦しなくなる」、「萎縮して余計に失敗しやすくなる」などの弊害が発生します。

従業員の成長も会社の成長も滞ります。
従業員や会社の成長を促すためにも失敗を責めるのではなく「何が原因でどのように改善すればいいのか」を考えるようにしましょう。

大きな成功に至る為には失敗の繰り返しが必要

PDCAサイクル
一度でも失敗したら評価しないでは人も会社も成長しません。
失敗を排除していけば最終的に成功だけが残ります。

挑戦した結果の失敗は成果と考えましょう。
間違えていたことに気づけくことができたとプラスに捉えることが大切です。

失敗を排除していくために考えること

失敗を排除していく為にはしっかりとした計画を立てて実践していきましょう。
実践した結果の詳細を残し、失敗した箇所をフィードバックして改善していくことが大切です。

しっかりとした計画を立てよう

成功の為には失敗の繰り返しが必要ですが、無計画によって起こる失敗や無謀な計画による失敗は避けるのが大切です。
仕事はしっかりとした計画を立てた上で実践していきましょう。

失敗を恐れずに行動に移そう

「失敗するから行動しない」という考え方は最も大きな失敗です。
計画を立てたら計画に沿って実践していきましょう。

立てた計画に沿って実践することが大切です。
臨機応援に対応することも必要な時もありますが、不必要なアドリブは避けましょう。

計画から大きく逸れてしまうと計画を立てた意味が薄くなり、原因の追求も難しくなります。

失敗から学ぼう

失敗を失敗で終わらせない為にフィードバックすることは大切です。
失敗はしても良いですが、同じ失敗を繰り返すのはNGです。

失敗から学び同じ失敗することを防ぎましょう。

まとめ

失敗から改善点を見つけて修正していくことで成功に繋がります。
失敗を恐れずに挑戦していきましょう。

余計な失敗をしないためにもしっかりとした計画を立てて実践することが大切です。
また、失敗したらフィードバックして次回の計画に繋げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました