Pythonの始め方

Pythonの情報収集にSNSは使えますか?私はTwitterをやめました

「Pythonを勉強する場合にSNSを活用するのはどうなの?」
という疑問に答える記事です。

TwitterやインスタグラムなどのSNSでも多くのPythonに関する情報が発信されており、有益な情報は多くあります。

ちなみに私もTwitterとピンタレストで情報発信中です。

が、Pythonに限らずプログラミングの情報をSNSで収集するのはあまりおすすめしません。
私も現在は発信のみで情報収集はほとんどしてないです。

理由としては以下のものがあります。

・最強に時間泥棒
・人と比べてしまいがち
・断片的な情報しかない
・現時点で不要な情報が多い

特に初心者のうちは「時間泥棒」という点と「人と比べてしまう」という点は大きな問題となるので頻繁に情報収集するのはやめておきましょう。

「じゃあ、SNSは活用しない方がいいのか」というとそうではありません。

うまく使えばメリットもあります。

本記事では、「Pythonの情報収集でSNSを活用しない方がいい理由」と、「Pythonを勉強する場合のSNSの活用方法」の2点について説明します。

※飽くまで「勉強やビジネスとしての活用」の話なので趣味でやっている分には何ら問題ありません。

Pythonの情報収集でSNSを活用しない方がいい理由

ばつ or チェック
繰り返しとなりますが、理由は以下の4つです。

・最強に時間泥棒
・人と比べてしまいがち
・断片的な情報しかない
・現時点で不要な情報が多い

最強に時間泥棒

「SNSを開いて気づいたら30分くらい経過していた」
ということはありませんか?

私はよくあります(笑)。

気になるツイートを見つけてしまうとガンガン追ってしまうんですよね。
なので現在はデータをチェックする時以外は見ていません。

SNSで時間をかけて情報を集めるくらいなら少しでも手を動かした方がはるかに成長できます。

人と比べてしまいがち

SNSで情報収集をしているとあなたと同じようにプログラミングを勉強している人の投稿が見つかります。中にはあなたと同じ時期に始めたのにものすごい成長している人もいます

全然気にならない人ならいいですが、人と比較してしまいがちな人は注意が必要です

ものすごくモチベーションが下がるので。

私も現在ブログをやっていますが、Twitterでブログの成果報告を見るとついつい比較してしまいがちです。ミュート機能を活用する方法もあるのですが、面倒なので最近はTwitterで情報収集をするのはやめました。

断片的な情報しかない

SNSは文字数に制限があるので断片的な情報となりやすいです

例えばTwitterは140字しか入力できません。どうしても詰め込める情報に限界があるのでかなり端折って書いている人もいます。

返信やリツイートで補足している方もいますが、多分2つ目以降はほとんど読まれてません。
図解や画面キャプチャを入れればいくらかマシになりますが、面倒なのでやっている人は多くないです。

なのでツイートだけ見て考えると情報量が全然足りないですし、勘違いしやすいです

現時点で不要な情報が多い

SNSのよい点はすごい有益な情報がタイムラインにガンガン流れてくることです。ブログや本を読んでいるだけではたどり着けないアイデアもたくさんあります。

でもよくよく考えると現時点では役に立たない情報が多いんですよね

中上級者であれば流れてきた情報をすぐ試すことができるかもしれませんが、初心者は無理です。
余計な情報を入れすぎるとかえって何をしていいかわからなくなってしまいます。

まずは必要最低限の情報を集めて実践していきましょう

どうしても情報収集したい場合は?

SNSに有益な情報が流れてくるのは確かです。

なのでできれば利用したいですよね。

どうしても情報収集したい人はデメリットを考慮した上で活用するならありです。

・ミュート機能を活用する
・SNSを使う時のルールを決める
・開く回数を極力減らす

ミュート機能を活用する

他人の成果報告って情報収集という点から考えると完全にノイズです。なので成果報告をしている人や成果報告をリツイートする人は片っ端からミュートにしましょう

また、「おなかすいたー」とか役に立たないツイートをする人もノイズなのでミュートにします。

ミュートにしても相手には気づかれる可能性は低いので、知り合いでもSNS内であまりコミュニケーションを取らない人であれば問題ないです。

「有益なツイートはするけど成果報告をリツイートする人」に関してはリツイートだけ非表示にする方法もあります。

SNSを使う時のルールを決める

時間を決めずにやってしまうと延々とタイムラインを追ってしまいがちです。
なのでSNSを使う時のルールを決めておきましょう。

例)
・1日30分しか開かない
・作業が終わるまで開かない
・20時までは開かない

開く回数を極力減らす

SNSを開く回数は極力減らしましょう

SNSをチェックする回数を減らすのももちろんですが、投稿する場合も自動投稿ツール(TwitterならSocialDogやツイボットなどがあります)を活用してSNS画面を開かずに投稿するのがおすすめです。

投稿に対する反応の解析もアナリティクスなどを活用すれば事足ります。
一度開いてしまうとどうしても不要な投稿が目に入ってしまうので、開く回数自体を減らす工夫をすることが大切です

Pythonを勉強する場合のSNSの活用方法

情報発信
これまではSNSが情報収集には向かないという話をしましたが、じゃあ全く使えないのかというとそうではありません

うまく活用すれば勉強やビジネスに役立ちます

情報発信する

自分が発信する側になるのはおすすめです

文章をまとめる練習になりますし、勉強した内容を整理できるのもよいですね。

過去の自分を助けるつもりで発信すれば、あなたより後から勉強を始めた人の役にも立ちます。

前向きな投稿を続けていれば応援してくれる人も増えてくれるので、モチベーションアップにもつながります

人を探す

SNSは優秀な人を探すにはかなり便利なツールです

プロフィールや普段の投稿から「どんな人か?」、「どんな活動をしているのか?」ということを判断することができます。

優秀な人を見つけたらフォローするでもよいですが、その人がYouTubeやブログをやっていないかチェックしましょう

ブログやYouTubeではツイートの内容をより詳しく解説している場合があります
投稿をただ追うよりもはるかに勉強になるので是非チェックしてみてください。

優良な企業やビジネスパートナーを探す

最近は多くの企業がSNSで投稿しています。

PRやノウハウの発信が多いですが、SNSで人材を探している企業も増えてきました。

なので転職や受注を考えている人はSNSで企業が投稿していないかチェックしておきましょう。人材募集しているかもしれませんし、投稿内容から企業の雰囲気もわかるので参考にできます。

また、個人でもビジネスパートナーを探している人は多いので、一緒に働きたい人を探すのもありですね

終わりに

SNSは有益な情報がたくさんあるのは確かですが、情報収集しようと思うと時間泥棒になってしまったり、人と比べてしまったりデメリットがでかいです。

なので活用する場合はミュート機能を使ったり、ルールを決めたりするなど工夫しましょう

情報収集ツールとしてはデメリットが多いですが、自分が情報発信する場合・人や企業を探す場合には非常に便利です

ルールを決めてうまく運用していきましょう。

Pythonの始め方まとめ>>Pythonプログラミングの始め方まとめ

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

miyabikno

住んでいるところ:神奈川県。 SIer中小企業(C,VBA):8年(うち5年QA)。Web系ベンチャー(PHP,Javascript,Python):2年。フリーランス:2年。現在はブログをメインに活動しています。

-Pythonの始め方

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.