こんにちは、みやびのです。
30歳の時にSIerからWeb系エンジニアに転職を経験しました。

今回は、「ITエンジニアの転職に失敗する人の特徴とは?」というテーマでお話しします。

ITエンジニアとしてのキャリアを積んでいく上で考えなければいけないことの1つが転職です。

同じ会社にいるだけではなかなかチャンスが巡ってこない場合も多いので、転職によってチャンスを見つけることも考える必要があります

しかし、何も考えずに転職してしまうと望んだキャリアを積んでいくことが難しいです。

本記事では、私が転職を行った経験を元に「どのような人が転職で失敗してしまうのか」という点に加えた「失敗しないためにはどのように改善すればいいか」という点について説明します。

ITエンジニアの転職で失敗する人の特徴とは?

面接
ITエンジニアの転職に失敗してしまう人の特徴は以下の通りです。

・転職の目的が明確ではない
・問題の本質が見えていない
・スキルや実績について見直していない
・将来について考えていない
・目先の年収に惑わされて転職する

転職の目的が明確ではない

転職において最も重要なことは転職する目的です。

目的を決めずに転職活動を始めてしまうと転職先がなかなか決まりませんし、仮に決まったとしても満足度の低い転職となります。

私も転職活動を始めた時は特に明確な目的もなく活動していました。

転職によって何を実現したいのか」という点が決まっていなかったので、面接の場でもなかなかよい回答が出てこなかったです。

しかし、転職の目的を「将来のキャリアのために転職先でスキルアップする」という点に絞った後は面接でもよい回答ができるようになり、内定に繋がりました。

問題の本質が見えていない

「残業が多い」、「人間関係が悪い」などの理由で転職を考えていませんか。

「残業が多いこと」や「人間関係が悪い」ことは問題の本質ではありません。

問題の本質を考えないまま転職してしまうと問題が解決できない可能性があります。「残業が多いことの何が問題なのか?」、「人間関係が悪いと何が問題なのか?」という点を考えるようにしましょう。

例)残業が多いこと・人間関係が悪いことの問題の本質とは?
・残業が多いことの問題の本質:スキルアップの時間が減る、プライベートの時間が減る、過労になりやすいなど
・人間関係が悪いことの問題の本質:作業効率が落ちる、ストレスが溜まるなど

スキルや実績について見直していない

転職において目的の次に重要なことはスキルや実績についてまとめることです

当たり前の話ですが、雇う側からすれば実績やスキルができるだけ高い人材を雇いたいと考えています。

なので評価材料となるあなた自身のスキルや実績がまとめられていないと実力が低いと判断され、書類選考の段階で不利になる可能性が高いです。

転職がうまくいくかはスキルと実績をどれだけ具体的に書くかにかかっています

私も職務経歴書の実績やスキルに関してはかなり具体的に書きましたし、プログラミング言語はちょっとでも触ったものは全て書きました。

結果、30歳という年齢の割には書類選考の通過率は結構よかったですね。

将来について考えていない

転職をする上で考えなければならないことの1つが「あなた自身の将来について」です。

将来については、あなた自身の人生をどうよくすべきかという点で非常に重要な要素となります。

今回行う転職が将来の目標にどう影響するかを考えていないと転職の満足度が低くなりやすいです。

また、面接でも聞かれる可能性があるので必ず考えておきましょう。

目先の年収に惑わされて転職する

転職する理由として多いのが年収を上げることです。

転職によってあなた自身の実力が再評価されるため、年収が上がる可能性は確かにあります。

しかし、逆に下がる場合もありますし、仮に望んだ金額で転職できたとしても順調に上がっていくかはあなたの実力次第です。

実力がないと転職しても5年先10年先の年収はあまり変わらない可能性があります。

なので今のあなた自身に実力が低い場合は、スキルアップ・キャリアアップで実力を上げていくことが大事です

実力を上げて会社にとって重要な人材となれば給料の交渉もできますし、より給料の高い会社に転職することもできます。

目先の年収に惑わされずに5年先、10年先の年収を考えるようにしましょう

ITエンジニアの転職で失敗を減らす実践手順

紙に書く

失敗を減らすためには雇う側のメリットを考えることが大事

就職や転職というのはあなた自身を企業に売り込む活動です。

なので失敗を減らすためには雇う側の立場になって考えることが大事。

具体的にはあなたを雇うメリットを伝えることです。なのであなた自身を雇うメリットは何かを考えるようにしましょう。

失敗を減らすための実践手順

失敗を減らすための実践手順は以下の通り。

1.実績やスキルについてまとめる
2.将来について考える
3.転職によって何を実現するか目的を明確にする
4.目的を達成できる企業を探す

1.実績やスキルについてまとめる

まずやるべきは現在のあなた自身の実力を客観的に把握することです。具体的にはこれまで行ってきた業務実績や習得してきたスキルについてまとめます

実績についてまとめておくことで、あなた自身の実力を把握できるだけでなく、「これだけのことをやってきたんだ」という自信にもつながります。

しっかりと実績をまとめておけば、面接で答えるのも楽になるので、実績はできる限り具体的にまとめておきましょう。

関連記事>>【ITエンジニア転職】実績やスキルをまとめる具体的な手順

2.将来について考える

実績についてまとめたら将来どのようなキャリアを積んでいきたいか考えます。

3ヶ月後、1年後、3年後など短期の目標と長期の目標を決めておくのがおすすめです。

長期の目標はあいまいでもよいですが、短期の目標はできるだけ具体的に書いた方が、実現できる可能性が高くなります

逆に長期の目標は具体的にしても達成できる可能性は低いです。思わぬ障害によって思い通りにいかないことも多いですし、時代は急速に変化しているのでなかなか先は読めません。

なので長期目標は「こうなったらいいな」くらい曖昧な目標でもOKです。

転職によって何を実現するか目的を明確にする

2で決めた目標を達成するために「転職で何を実現するか」を明確にします。

例)
・将来的にWeb系で活躍したい→新しい会社でPHPの仕事をしてスキルを習得する
・将来的にプロジェクトマネージャーの仕事がしたい→プロジェクトリーダーの仕事をしてマネジメントスキルを上げる

長期目標でもよいですが、「直近3ヶ月~1年くらいの目標を転職の目標とする」のがおすすめ。

転職の目的は複数あってもよいですが、目的を増やし過ぎると何をすべきかが見えにくくなるので、「絶対にこれだけは実現する」というものを1つ決めておきましょう。

4.目的を達成できる企業を探す

上記がまとまったら転職先の企業を探しましょう。

転職先を探す方法としては、転職サイトや転職エージェントがありますが、アドバイザーに相談できる転職エージェントがおすすめです。

アドバイザーの方が要望に近い企業を選んでくれます。

特に時間が取れない方は、転職企業を探す時間も惜しいと思うので、転職エージェントの方がよいですね。

ITエンジニアの転職の場合、レバテックキャリアとマイナビエージェントがおすすめ。

レバテックキャリアは私も以前活用させて頂きましたが、目的にあった企業を紹介して頂けました。
詳細はこちら>>レバテックキャリア

ITエンジニア以外の案件も多く取り扱っています。他のキャリアを考えている方はマイナビエージェントがおすすめ。
マイナビエージェント

終わりに

今回は「ITエンジニアの転職で失敗する人の特徴」というテーマでお話ししました。

失敗する人の特徴としては以下のものがあります。

・転職の目的が明確ではない
・問題の本質が見えていない
・スキルや実績について見直していない
・将来について考えていない
・目先の年収に惑わされて転職する

就職や転職というのはあなた自身を企業に売り込む活動です。

あなた自身を雇うことによって企業にどんな役に立つか考え、売り込むべき内容をまとめておくようにしましょう。

▼IT転職におすすめのエージェント▼
ITエンジニアの転職はレバテックキャリアとマイナビエージェントがおすすめ。

レバテックキャリアはITエンジニア案件が多いので特におすすめです。
レバテックキャリア

ITエンジニア以外の案件も多く取り扱っています。他のキャリアを考えている方はマイナビエージェントがおすすめ。
マイナビエージェント