こんにちは、みやびのです。
本講座は「未経験からITエンジニアになるための就職講座」です。

前回「ITエンジニアになるための事前調査~未経験からITエンジニアになるための就職講座2~」ではITエンジニアやIT業界について調べる方法について紹介しました。

あなた自身が就職する業界について詳しく調べることは非常に重要なことなので必ず調べるようにしましょう。

さて、第3回である今回は、「ITエンジニアになるための人生設計」というテーマでお話しします。

ITエンジニアになること自体は決して難しくありません。未経験でも十分なることは可能です

しかし、ITエンジニアとして長く活躍するためには「将来を見据えて人生設計をすること」が大切。本記事では、どのような人生設計をしていけばいいのかについてお話ししていきます。

本記事の内容は以下の通り。

・ITエンジニアのキャリアを積むときに考えるべきことは?
・ITエンジニアとして活躍するための人生設計の手順

ITエンジニアのキャリアを積むときに考えるべきことは?

未来
ITエンジニアのキャリアを積む上で考えるべきは以下の3点です。

・ゴール(最終的なキャリア像)について考える
・転職・異動について考える
・独立について考える

ゴール(最終的なキャリア像)について考える

まず考えるべきはゴール(最終的なキャリア像)を考えることです。

具体的には、「生涯ITエンジニアとして生きるか」、「経験を活かして他の職種に進むか」といった点。

上記はどちらが正解ということもなくITエンジニアとして生き続けるのもありですし、経験を活かして別のキャリアに進むのもありです。

また、間を取ってITエンジニアを続けつつ、副業として他の職業を行う方法もあります。

上記のようにどんな形でもいいのであなた自身のゴールを決めておきましょう。

ゴールを考えておけば「具体的にどのようなキャリアを積めばそこに辿り着けるか」という点がイメージしやすくなります。

転職・異動について考える

ITエンジニアとしてキャリアアップにほぼ必須なのが転職・異動です。

1つの現場で学べることには限界があります。なので同じ現場にい続けると学べることが頭打ちになりやすいです。

また、会社はあなたが考えるキャリアではなく「会社が考えるキャリア」を積ませようと考えています。

なので積極的に異動や転職で現場を変えていかないとあなたが望んだキャリアを積むのは難しいです。

「今の現場で学べることが少なくなった」と感じたら異動や転職を考えましょう。

「いきなり転職はちょっとな・・・」
という方は異動願いから始めてみるのもあり。

ただ、異動は時期の調整があるため時間がかかる場合もあります。異動が一向に進まない場合は転職を考えることも大切です。

「キャリアアップには異動・転職が重要」という話をしましたが、1つの現場に長く務めることはメリットもあります。

現在携わっている分野に関してはかなり専門的な知識がつきますし、待遇面もよくなります

しかしデメリットもあり、「現在携わっている分野が使われなくなる」、「会社の経営状態が悪化してリストラにあう」などで仕事がなくなる可能性もあります。

上記デメリットはかなり大きいです。
30代前半くらいまでは転職もしやすいですし、会社も新しいことをやらせてくれる傾向にあるのでまだ取返しがつきます。

しかし、30代後半以降になると会社の中で新しい分野に進むことが非常に困難です。(個人的に勉強することはもちろん可能ですが)

現在の現場で成長が難しくなったら転職や異動を検討しましょう。

独立について考える

「最終的に独立するか?」という点も考えておくとよいです。

独立はするかしないかに関してもどちらがよいというものではありません。会社員として一生勤め続けるのもありですし、独立するのもありです。

独立すると自由に仕事ができるイメージがあるかもしれませんが、仕事の1から10を全てをあなた自身で考えなければならないため、自由な時間は逆に減ります

時間を作るためには勉強したり、他の人と組んだりするなど創意工夫が必要です。

収入は非常に不安定ですが、努力をし続ければ会社員の頃とは考えられない収入を得られます。ただし、すぐに年収が上がるほど甘くはないので気長にやりましょう。

一方の会社員は営業時間中は拘束されますが、本業以外のことを一切考える必要がありません。また、成果さえ出せば比較的自由に仕事ができます。(無駄に監視が厳しい会社もあるようですが)

収入は少しずつ上がっていくためなかなか伸びないですが、常に一定額入ってくるので安定して収入を得られることが最大のメリットです

会社員をやりながら副業として独立のための仕事を始める方法もあります。将来的に独立を考えている方であってもまずは会社員から始めることで低リスクで独立へ向けた活動が可能です。

ITエンジニアとして活躍するための人生設計の手順

ライフプラン
ITエンジニアとして活躍するための人生設計の手順は以下の通りです。

1.目標を決める
2.あなた自身について知る
3.どんなキャリアを積むか計画する

1.目標を決める

まずは最終的な目標を決めましょう。ふわっとしたイメージでも問題ありません。

また、目標は変えていけないものではありません。ITエンジニアとして活動をする中で考えが変わることもあると思います。なので気楽に決めてOKです。

目標は何でもよいですが、おすすめなのは「ITエンジニアのキャリアの積むときに考えるべきことは?」でも説明した「最終的なキャリア像」です。

例)
・ITエンジニアのスペシャリストとして生涯活躍する
・ITエンジニアの知識を活かしてITコンサルタントになる
・ITエンジニアとして活動しつつ、副業として講師をする

上記の通りざっくりとしたイメージでOK。ITエンジニアとしての活動を続けていく中で目標をより具体的にしていけばOK。

キャリア像を決めておけばどのようなキャリアを積むべきかイメージしやすくなります。
ざっくりとでいいので必ず決めておきましょう。

2.あなた自身について知る

目標を決めたら現状を把握しておくことが非常に大事です。

まずはあなた自身の現状を知ることから始めましょう。
具体的にはこれまで積んできた実績と経験です。

実績や経験の例としては以下のものがあります。

◆実績の例
・関わったプロジェクト
・起きたトラブル(社外でのトラブルやクレームなど、プロジェクトの失敗など)
・現場で培った知識や技術

◆経験の例
・印象に残った日常のできごと
・印象に残った本・テレビ・映画
・遊びや旅行
etc.

実績や経験を知っておくことで「あなた自身がどんな分野に詳しいのか?」、「どんなことができるのか?」といったことがわかります。

上記を理解することで「IT業界のどんな分野で活躍できそうか?」、「活躍するためには何が足りないのか?」かも見えてくるので今後の方針を立てやすくなります。

あなた自身の経験や実績はあなたが思っている以上に強力な武器です。
必ず活用する方法がないか考えるようにしましょう。

実績や経験のまとめる具体例は、「実績や経験についてまとめる方法」をお読みください。

3.どんなキャリアを積むか計画する

最後にどんなキャリアを積むか計画します。

5~10年程度先まで考えておきましょう。

一定の間隔で書く必要はありません。5年後など少し遠い未来に関してはざっくりとした内容でよいですが、直近のキャリアに関しては具体的に考えた方が実現性が高くなります。

例)
~3ヶ月後:就職活動(ITエンジニアの開発職を中心に回る)
3ヶ月~6か月後:ITエンジニアに就職する
6か月後~3年後:ITエンジニアとして下流工程開発実績を積む
3~5年後:ITエンジニアとして上流工程の開発実績を積む
5年後~:独立してフリーのエンジニアになる

キャリアに関する考えは人それぞれだと思いますが、おすすめは「2、3年程度会社で実績を積んでから次のキャリアに進む」ことです。

最初は右も左もわからない状態から始めるので、会社に入ってノウハウを蓄積した方が正しい方向に進みやすくなります。

考えたキャリアは目標と同じく途中で変えてもOK。また、順調にキャリアが積めている場合でも定期的に見直した方がよいです。

常にあなた自身が最適と思うキャリアに進みましょう。

終わりに

今回はキャリアを「ITエンジニアになるための人生設計」というテーマでお話ししました。

ITエンジニアになるのはそこまで難しいことではありませんが、その後キャリアをしっかりと積んでいくためには今後の人生について考えておくことが大切です

人生設計したからといってうまくいくわけではありませんが、何も設計せずに進むと失敗するのは確実。
ざっくりとでいいので今後のあなた自身の人生について考えておきましょう。

では、今回はこの辺りで。

次回>>ITエンジニアになるための求人情報の探し方(準備中)

講座TOP>>未経験からITエンジニアになるための就職講座(全5回)

▼未経験からIT業界への転職を考えるなら▼

>>マイナビエージェント無料相談はこちら