こんにちは、みやびのです。
本講座は「未経験からITエンジニアになるための就職講座」です。

前回「ITエンジニアになるための人生設計~未経験からITエンジニアになるための就職講座3~」では就職活動の前準備についてあなた自身について知る方法をお伝えしました。

「あなた自身に何ができるか」を知ることで具体的などんな道に進むかを明らかにすることができます。
しっかりと自分自身について向き合うことが大切です。

さて、第4回となる今回は、「ITエンジニアになるための求人情報の探し方」というテーマでお話しします。

IT業界について知り、あなた自身について知った後やるべきことは求人情報を探すことです。これまでまとめた情報を元にあなたに合った職種を探しましょう。

本記事では、求人情報を探す具体的な方法について紹介します。

本記事の内容は以下の通り。

・未経験者はどのように求人情報を探せばよいのか?
・求人情報を探す具体的な手順

未経験者はどのように求人情報を探せばよいのか?

探す

未経験者が求人情報を探す方法としては以下のものがあります。

・就職サイト
・就職イベント
・会社ホームページ
・大学・学校への求人(在学中の場合)
・SNS

それぞれの細かい説明は割愛。

基本的にどの方法でも問題ありません。やりやすいと思う方法で行いましょう。

最近はネットが普及したこともあり、就職サイトを活用する方が多いと思います。
就活サイトで事足りることも多いですが、物足りないと感じたら大学の求人情報もチェックしてみましょう。

ハローワークは就活の場合基本的に不要です。最近はSNSで求人している会社もあるようなのでそちらもチェックしてみましょう。

就職サイトは必ず登録する

就職サイトは必ず登録しておきましょう

就職サイトには非常に多くの企業が掲載されています。検索によって条件にあった企業をピックアップできるので企業を探すのも便利です

就職に関する様々な情報も手に入るのでスムーズに就活することができます。

企業に応募したり就職イベントに応募したりもできるので、就職サイトには必ず登録しておきましょう。

就職イベントに参加しよう

特に決まっていない場合は就職イベントに行くのがおすすめです

就職イベントは「一度に多くの企業を見ることができるので時短に繋がる」、「会社の方と1対1で会話できること」という2つのメリットがあります。

まずは、1つ目「一度に多くの企業を見ることができるので時短に繋がる」というメリットについて。

就職活動では多くの企業の話を聞いて判断したいと思いますが、直接足を運ぶ場合時間もお金もかかります。
せっかく足を運んで説明会に出ても「なんかイメージと違った」となったら時間もお金ももったいないですよね。

就活イベントには複数の企業が参加しているので1度にたくさんの企業から話を聞くことができます

もちろん行きたい企業が参加しているとは限りませんが、多くの企業に話を聞くことで新しい発見があります。

例えば「IT業界は残業が多い会社が多いのか」や「今は〇〇というスキルが多く求められているか」などなど。

2つ目のメリット「会社の方と1対1で会話できること」について。
会社の方と1対1で直接会話できる場は面接以外だとあまりありません。(会社にもよりますが)

面接の場だと緊張してしまいますし、「落ちるかもしれない」という気持ちが先行してなかなか聞きたいことを聞けないですよね。

就活イベントの場合時間は限られていますが、選考を意識することなく企業の方と1対1で話ができるので面接では聞きにくいことも確認できます。

また、運がよければ役職クラスの人がいる場合もあります

私が行った時は専務の方と直接話すことができました。

会社ホームページ

現在ほぼ全ての会社がホームページを持っています。ホームページには「会社の概要・人数・年収などの会社情報」や「どんな業務を行っているかなどの具体的な業務内容・業務実績」が書かれいています。

会社の情報や業務内容を知っておけば、あたなが会社に入ったら具体的にどんな役割ができるかイメージしやすいです。

求人に関しても具体的な人材が書かれているのでそちらも参考になります。

入りたい会社である場合はもちろんですが、選考の前に必ずチェックしておきましょう。

求人情報を探す時のポイント

point

・あらゆる方法を検討する
・失敗を恐れずにたくさん行動する
・気長にやる

あらゆる方法を検討する

重要なことは1つの方法にこだわらないことです

どんな方法がうまくいくかは人によって異なります。

例えば「就職サイトで登録してたんたんと会社を受ける」だけではなく「たまには就活イベントに行ってみる」など違うアプローチをしてみることも大切です。

かくいう私も最初はたんたんと会社を受けていただけでした。

が、元々面接があまり得意でなかったこともあり、全然うまくいかなかったです。

そこで就活イベントに行ってみました。

結果、就活イベントでは後に入る会社を見つけることができました。

ただし、何で活路が開けるかは人によって異なります。私は就活イベントでたまたまよい出会いがあっただけです。

1つの方法に拘らずに様々な方法を試してみましょう。

失敗を恐れずにたくさん行動する

就活において最も大事なことはとにかくたくさん行動することです

どんな方法を行ったところで、よほど要領がよい人でなければいきなりうまくいく可能性はほぼゼロですね。

大抵の場合、1度や2度や5度や10度の失敗は誰でもします。

最初は右も左もわからない状態から始めるので失敗して当然ですし、失敗したからといって失われるものはありません。

失敗を恐れずにガンガン行動しましょう。

気長にやる

就活を始めた頃はなかなかうまくいかないという方も多いと思います。

うまくいかないと自信も喪失しやすいですよね。

かつての私もそうでした。就活の時は内定を取るまで5ヶ月くらいかかっています。周りの人がどんどん内定を取っていたので決まるまでは結構あせりましたね。

しかし、就活は数をこなせば慣れてきますし、コツもわかってきます

改善をしつつ続けていれば少しずつですが、確実に就活力が上がっていくので、諦めずに気長に就活を続けましょう。

終わりに

今回は「ITエンジニアになるための求人情報の探し方」というテーマでお話ししました。

求人を探す方法としては以下のように様々な方法があります。

・就職サイト
・就職イベント
・会社ホームページ
・大学・学校への求人(在学中の場合)
・SNS

1つの方法でうまくいくことはなかなかありません。

なので様々な方法を試すことが大切です。

最初は失敗することも少なくありませんが、諦めずに気長にやりましょう。

今回はこの辺りで。

>>第5回:ITエンジニアになるための面接戦略

▼未経験からIT業界への転職を考えるなら▼

>>マイナビエージェント無料相談はこちら