「ITエンジニアとしてスキルアップしていきたいけど、転職も考えた方がいいの?」
という疑問に答える記事です。

ITエンジニアの場合、1つの現場にいてもなかなか望んだスキルを習得することはできません。

なのでスキルアップのためには、転職も選択肢の1つとして考える必要があります。

本記事では、転職を活用したスキルアップの方法について紹介します。

スキルアップと転職

スキルアップのために転職は有効か?

スキルアップのために転職は有効な手段です。会社にいるとなかなかチャンスはめぐってこないですし、1つの現場にいると学べることもだんだん少なくなっていきます。

転職して新しい現場に進めば、違った角度での仕事ができるので、新しいスキルを習得することが可能です。

ただし、何も考えずに転職するのはNG。何も考えずに転職してしまうと成長に繋がりませんし、スキルアップもできません。

「転職によってどんなスキルを習得したいのか」
を明確にするようにしましょう。

他のスキルアップ方法も検討しよう

転職だけがスキルアップではありません。他にも方法はたくさんあります。

最初から転職ありきでスキルアップを考えるのはやめましょう。

転職以外のスキルアップの方法としては以下のものがあります。

・独学
・副業
・アプリ制作
・ブログ

上記は一例です。他にも方法がたくさんあるのでいろいろ探してみてください。

ITエンジニアが転職を考えるべきタイミングとは?

ITエンジニアが転職を考えるべきタイミングは「成長が見込めなくなった時」です。

「今の職場にずっといて成長は無理だな」と感じたら転職を視野に今後のスキルアップやキャリアアップについて考えましょう。

ただし、本業でスキルアップができていなからといって必ずしも転職が必要な訳ではありません。

「本業だけではスキルアップはできなそうだけど、副業や独学など本業以外の活動で十分スキルアップできている」という場合はそのまま仕事を続けるのはあり。

本業は定時や短時間残業で終わらせて、副業に力を入れていきましょう。

転職でスキルアップするための準備

実績のまとめ方

実績やスキルをまとめる手順は以下の3つです。

1.これまでの実績やスキルを思いつく限り書き出す
2.まとめた実績・スキルの中で重要だと思う実績やスキル・レアだと思うものを考える
3.職務経歴書としてまとめる

【ITエンジニア転職】実績やスキルをまとめる具体的な手順

会社の探し方:おすすめは転職エージェント

転職先を探す方法としては転職サイト・転職エージェントやSNSや直接応募など様々な方法がありますが、私が特におすすめしているのは転職エージェントです。

転職サイトは非常に多くの企業が揃っているので一見よい会社が見つかりそうですが、数が多いので絞り込む作業が必要となります。

忙しい場合は絞り込むのもなかなか手間ですし、主観で絞り込んだ結果今の会社とあまり変わらないところばかり選んでしまう可能性があります。

一方、転職エージェントなら職務経歴と希望する条件から、アドバイザーが最適な会社をいくつかピックアップしてもらうことが可能です。

時間がない方はもちろん、よりより条件の会社に転職したいという方は転職エージェントを活用するのがおすすめ。

逆にじっくり選ぶ時間がある場合は転職サイトなど別の方法を活用するのもあり。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリットは必ずしも希望の条件の会社が見つかるわけではないということ。

アドバイザーに選んでもらうのでよくない会社に当たってしまう可能性もあります。

デメリットを回避する方法は以下の通り。

・候補をたくさん出してもらってあなた自信で選択する
・できるだけ希望を具体的に伝える(見栄を張ったりしないで正直に話す)
・アドバイザーが合わないと感じたら変えてもらうのもあり

あなたの人生な訳ですから、最終的に決めるのはあなた自身です。アドバイザーに全部任せずにあなた自身で会社を選択することも忘れないようにしましょう。

おすすめの転職エージェントは「レバテックキャリア」と「マイナビエージェント」です。

レバテックキャリアは私も以前活用させて頂きましたが、目的にあった企業を紹介して頂けました。
詳細はこちら>>レバテックキャリア

マイナビエージェントはITエンジニア以外の案件も多く取り扱っています。他のキャリアを考えている方はマイナビエージェントがおすすめ。
マイナビエージェント

転職でスキルアップするための面接戦略

面接が苦手な人のための通過戦略

「良い会社に入りたいけど面接は苦手」
という方は多いと思います。

面接が苦手な人は準備ができていないだけです。

しっかりと準備をしておけばしゃべることが苦手な人であっても言いたいことを伝えることはできます。

面接の準備は以下の通り。

・スキルや実績について具体的にまとめておく
・得意分野について話せるようにしておく
・どんな質問が来るか想定しておく
・練習する

上記の通り難しい作業は一切ありません。

数こなせば面接は受かる

準備さえできていれば面接は通過できます。

ただし、採用枠があるので実力があっても必ず内定が取れるわけではありません。

先着者が優先される場合や誤った評価をされて落ちてしまう場合もあります。

なので、落ちても「運が悪かった」と思って次の会社へ行きましょう。

フィードバック

面接が苦手な方は特にですが、面接後は必ずフィードバックしましょう。

数受けるのが重要とは言え何もせずに進むとまた落ちる可能性が高いです。

「何がよくなかったのか」、逆に「何がよかったか」、「次はどうすれば通過できそうか」などについて考えましょう。

改善は面接1回につき1つでもOK。
ちょっとずつ改善していけば面接が苦手な人でもいずれ面接が通過できるようになります。

終わりに

今回は「転職によるスキルアップの方法」について紹介しました。

スキルアップする上で転職は重要な選択肢の1つです。今の会社で「これ以上スキルアップは難しい」と感じるようになったら転職も視野に入れるようにしましょう。

転職する場合に会社を探す方法としておすすめなのは転職エージェントです。

アドバイザーの方に相談すると無料で最適な企業をピックアップして頂けます。

レバテックキャリアは私も以前活用させて頂きましたが、目的にあった企業を紹介して頂けました。
詳細はこちら>>レバテックキャリア

マイナビエージェントはITエンジニア以外の案件も多く取り扱っています。他のキャリアを考えている方はマイナビエージェントがおすすめ。
マイナビエージェント