スマホをメモ帳として使う3つのメリット「アイデアの取りこぼしを防げます」

スマホ活用

「メモ帳持ってくるの忘れた」
「何か思いついた時に限ってメモ帳がない」

といったことはよくあると思います。

せっかく良いアイデアが出ても手元にメモ帳がないと家に戻るまでの間に頭から消し飛んでしまうかもしれません。
アイデアを無駄にしないためにも、スマホをメモ帳として使うのをオススメします。

今回はスマホをメモ帳として使う3つのメリットについて紹介します。

具体的には、
・スマホをメモ帳として使う3つのメリット
・スマホをメモ帳として使う時の注意点
・スマホでメモを取る方法
・アナログなメモも撮影してデジタルへしよう

の4つについて説明します。

スマホをメモ帳として使う3つのメリット

メリット
スマホをメモ帳として使うメリットは以下の3つです。

・アイデアの取りこぼしがなくなる
・かさばらない
・PCと簡単に共有できる

アイデアの取りこぼしがなくなることとPCと簡単に共有できることが大きなメリットです。

アイデアの取りこぼしがなくなる

不意にアイデアが湧いた場合でもスマホを使えば忘れないうちにメモできます。
メモ帳を持ち歩いているという人はそんなに多くないと思いますが、スマホはほとんどの方が常に持ち歩いているでしょう。

持ち歩くことが習慣化しているので家に置き忘れることはメモ帳と比較すると少ないと思います。

「メモ帳を持ち歩くことも習慣化すればいいんじゃないか」
と思うかもしれませんが、習慣化って結構大変です。

私もメモ帳を持ち歩くことを習慣化しようとした時期がありました。
が、毎度家に忘れてしまうし、鞄から取り出すのが手間だったので今は習慣化を諦めています。

かさばらない

メモ帳やペンって持ち歩くとかさばりますよね。
鞄に入れておけば良いですが、ちょっと出歩く時にわざわざ鞄を持っていかない方は多いと思います。

スマホであればポケットに入れておけば邪魔になりません。

でかいのはかさばるけどな。

PCと簡単に共有できる

スマホで書けば電子データなのでPCとのファイル共有も簡単です。
メモした内容をわざわざ再入力する必要もありません。

PCとデータ共有できるアプリを使えば何もしなくてもPCでもメモを表示できます。

スマホをメモ帳として使う時の注意点

リスク
以下の2点に注意しましょう。

・周りには気を配ろう
・仕事中は遊んでいると思われるかも

周りには気を配ろう

メモするときは周りに注意しましょう。
特に歩きスマホは事故の元です。

「電信柱にぶつかった」(経験あり)
なら笑い話で済みますが、赤信号に気づかずに渡ってしまうと大事故に繋がります。

通行の邪魔にならないように道の脇に避けてメモするようにしましょう。

仕事中は遊んでいると思われるかも

仕事でも活用できますが、仕事中スマホをいじっていると仕事をしているのか遊んでいるのか区別がつきません。
アプリとかスマホ向けの開発を行なっている会社なら気にされないですが。(遊んでたら流石に怒られますが)

そもそもスマホにデータ入れること自体NGの場合もあると思います。
仕事中はまず手元にPCがあるのでメモはPCかアナログで対応しましょう。

スマホでメモを取る方法

アプリケーション
ぶっちゃけアプリは何でも良いと思いますが、以下の2点を満たしていると手間が省けます。

・写真などの画像もアップロードできる
・PCとデータを共有できる(PC版があればベスト)

GoogleドライブとかEvernoteとかが共有が楽でオススメです。

Googleドライブの利用はこちら
Evernoteの利用はこちら
他にも有用なアプリがあるので自分にあったものを探してみてください。

ちなみに私はSlackbotでいろいろやりたいので、チャットツールのSlackを使ってます。

Slackについて>>Slackを始める方法と機能について

Slackbotについて知りたい方はこちら>>SlackbotをPythonで作成しよう

アナログなメモも撮影してデジタルへしよう

スマホ・PC・メモ
スマホでメモを取ろうという話でしたが、アナログ派の人も多いと思います。
私もまだアナログなところも多いです。

アナログでメモしたものもデジタル化しておきましょう。
方法は簡単でスマホで撮影してファイルとして保存して、ファイル共有するだけです。

メモのデジタル化にオススメのアプリがあるので紹介します。

◆オススメのアプリ:オフィスレンズ
オフィスレンズはMicrosoftが提供しているドキュメント撮影用のアプリです。

紙やホワイトボードなど四角形を認識して撮影できるのが特徴となっており、議事録やアナログのちょっとしたメモを即でデジタル化できます。

文字認識はできませんが、デジタル化しておけば管理も楽になりますし、撮影した写真をPCに送ることも可能です。

スマホにも保存できますし、One Driveに直接保存もできます。

終わりに:常に持ち歩いているスマホを有効活用しよう

今回はスマホでメモを取るメリットについて紹介しました。

メモ帳と違いアイデアの取りこぼしが少なくなることと、PCと簡単に共有できることが大きいでしょう。

スマホは急速に成長してパソコンとも遜色ないレベルとなっています。

値段も高いですし、ただの連絡用のツールに留めるのはもったいないです。

メモ帳以外にもいろいろな活用方法があります。

この機会に他の用途についても考えてみてください。

関連記事>>Slackをスレッドを活用してアウトプットする
関連記事>>SlackとEvernoteを連携しよう〜重要なコメントをストックする〜

オススメ記事>>Python超入門〜Androidで始めるプログラミング〜
Python超入門〜iPhone・iPadで始めるプログラミング〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました