タイピングスキルはプログラミングに必須ですか?という問いに対する答え

こんにちは、みやびのです。

今回は、
「プログラミングを勉強しようと思っているけどタイピングスキルは必須ですか?」
という疑問に答えます。

早速結論を言います。

タイピングスキルは必須ではありませんが身につけておくと学習効率が上がります。

最近はスマホやタブレットでもプログラミングができるので、できるにはできますが、パソコンの方ができることが多いですし、現状プログラミングの仕事はパソコンでやる方が圧倒的に多いです。

プログラミングをやる前にタイピングスキルを身につけておくのがオススメです。

タイピング速度が速いとプログラミングの学習効率が大幅アップ

効率
タイピング速度が速いとプログラミングの学習効率が大幅に上がります。

プログラミングスキルを上達させるためにはたくさんコードを書くことが大切です。当たり前の話ですが、タイピング速度が速ければたくさんコードを書くことができます。
たどたどしく2、3秒で1字打つ人と1秒間に2、3字打てる人では書けるコードの量が全然違います。

タイピングスキルはプログラミングを学ぶ上でかなり重要な要素の一つです。
タイピングの練習ばかりしてプログラミングを全くしないのは本末転倒ですが、先にタイピングスキルをある程度身につけていた方がプログラミングの成長が早くなります。

プログラミングをやるなら先にタイピングスキルを習得しよう

タイピング
せっかく時間を割いて勉強するのですから効率的に勉強したいですよね?

プログラミングを勉強しようとしている方は簡単でもいいのでタイピングスキルを習得しておきましょう。

しかし完璧ではなくても良いです。ブラインドタッチもできなくても良いので見ながらである程度正確に打てるようになればOK。

ポイントは以下の3つです。

・指のポジションを覚えておこう
・完璧でなくても良いのでスピードアップを目指そう
・パソコンを使う機会を増やそう

指のポジションを覚えておこう

どの指でどのキーを押すかを最初に覚えましょう。そして最初は遅くてもいいので決められた指で打つことが大切です。
我流のポジションでも練習すれば速く打てるようになりますが、後から直すのが大変ですし、大半のキーボードは正しいポジションのが速く打てるようにできています。

私は子供の頃に我流で覚えてしまった名残で未だに我流です。
仕事にあまり支障がないので直していませんが、これからタイピングを学ぶ人は特にメリットがないので正しいポジションでやりましょう。

完璧でなくても良いのでスピードアップを目指そう

タイピング習得と言っても全然完璧じゃなくても良いです。
何日か練習して

「それなりに打てるようになったな」

と思ったらプログラミングの勉強も始めましょう。
完璧を求めていつまでもタイピングの練習をしているのは本末転倒です。

やりたいのはタイピングの勉強ではなくプログラミングの勉強。タイピングはプログラミングをするための手段に過ぎないので目的を見失わないようにしましょう。

もちろんさらに練習した方が成長速度はアップするので並行してタイピングの練習をするのがオススメです。

パソコンを使う機会を増やそう

プログラミングと同様でタイピングもたくさん打つと徐々に上達していきます。
よってたくさん練習するのが大事です。

自主的に機会を設けるのも良いですが、パソコンに接する機会を増やす努力もしましょう。

最近は割とスマホで何でもできてしまうので積極的にパソコンを使わないとタイピングの機会はかなり少なくなります。
自分の生活習慣を見直してパソコンを使う機会を増やしましょう。

例)
・ネットで調べたいことがあるときはスマホではなくパソコンを使う
・SNSやメールを発信するときはスマホではなくパソコンを使う
・メモやノートはアナログではなくパソコンで取る。またはアナログの内容をパソコンに転記

ちなみに私は子供の頃からワープロを触っていたり、パソコンでレポートやサークル資料を作ったりなどタイピングの機会は多くありました。
スマホが登場する前の時代なのでパソコンを使う機会が今よりはるかに多かったのも大きいですね。

お陰でタイピングの面ではプログラミングの学習は苦労しませんでした。

終わりに:タイピングスキルを習得してプログラミングの学習スピードを上げよう

プログラミングやるのにタイピングスキルは必須ではありません。しかし、タイピングスキルをアップさせればプログラミングの学習スピードが大きく上昇します。

スマホやタブレットでもプログラミングをできるようになりましたが、まだまだパソコンの方が機能が充実しているかなと思うのでタイピングを覚えた方が可能性が広がります。
プログラミングをやるならタイピングスキルは習得しておいた方がよいでしょう。

タイピングのポイントは以下の3つです。

・指のポジションを覚えておこう
・完璧でなくても良いのでスピードアップを目指そう
・パソコンを使う機会を増やそう

たどたどしく打っているようでは勉強になりませんが、完璧を求める必要もありません。
ある程度打てるようになったらプログラミングの勉強も始めましょう。

もちろんタイピングスキルを上げた方が成長速度も早くなるので並行して練習を続けるのがオススメです。

キーボードはスマホ・パソコン共に使えるワイヤレスキーボードがオススメです。

ELECOM Bluetooth薄型ミニキーボードレビュー記事>>【ELECOM Bluetooth薄型ミニキーボード】スマホ用キーボードでプログラミングしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました