PDCAサイクルの基本となる4つのフェーズ

仕事していると課題に突き当たったり改善した方がいい作業が出てくることがあります。
課題や改善を放置せずに対策を取っていくことが大切です。

作業を改善する代表的な方法としてPDCAサイクルがあります。
PDCAはPlan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の4つを繰り返して作業の生産性や品質を向上させてく方法です。

今回はPDCAサイクルの基本について紹介します。

PDCAサイクルの基本となる4つのフェーズ

PDCAサイクル
PDCAそれぞれのフェーズでどのような作業をするかについて説明します。

Planでやるべきこと

Planでは作業の計画を立てます。
必要な項目を洗い出して作業スケジュールを立てましょう。

ここで立てる計画は簡単にクリアできる目標にしましょう。

Doでやるべきこと

Doでは実際に作業を行い、その結果を記載します。

計画に対して実際にやったことやかかった時間など事実のみを記載してください。

Checkでやるべきこと

Checkでは実行した結果に対してうまくいった点や失敗した点を記載するフェーズです。
「見積もりが甘く時間がオーバーした」など失敗した点を具体的に書きます。

トラブルがある場合はトラブルの内容や原因を具体的に書きましょう。

悪かった点だけでなくうまくいった点も書き出します。
「うまくいった要因は何か?」を考えて次のPlanに活かしましょう。

Actionでやるべきこと

評価した結果からどのような改善を行うか考えます。
「〇〇すれば課題を解決できる」、「この作業はうまく行ったからこの方法は継続する」など仮説を立ててみましょう。

立てた仮説は次のPlanにフィードバックします。

PDCAサイクルの始める時の注意点3つ

Todo

PDCAサイクルの注意点としては以下の3つがあります。
・最初は簡単なところから始めよう
・最初から完璧を求めない
・短いサイクルで回す

最初はうまく回らないことが多いと思うので完璧を目指さずにできることからやっていきましょう。

関連記事>>PDCAサイクルが回らない5つの理由

最初は簡単なところから始めよう

いきなり大きな目標を掲げてしまうとなかなか課題をクリアできません。
途中で挫折して何も改善できないまま終わってしまう可能性もあります。

まずは確実にクリアできる簡単な計画から始めましょう。

極端な話をすれば最初は「PDCAサイクルを始める」、「PDCAサイクルのノートを買う」でもOKです。
ただし、「いつ買うか」を決めておきましょう。「いつ」を決めないとなかなか実行に移れません。

最初から完璧を求めない

最初から完璧を求めないことが大切です。
目標を達成できないことがあるかもしれませんが、何が悪かったか見直し改善して再度計画を立てるようにしましょう。

また、最初のうちは効果的なPlanを立てられなかったり、Checkで問題点が何も思いつかなかったり、Actionで仮説が立てられなかったりすることもあると思います。

しかし、無理に時間をかけて考える必要はありません。
サイクルを繰り返すうちに見えてくる課題もあるため、まずはPlanとDoを繰り返しながら課題を探していきましょう。

短いサイクルで回す

1日で1サイクルなど短いサイクルで数を回しましょう。
まずは質より量を追求することが大切です。

サイクルを繰り返す中で一つずつ課題を解決していけばサイクルの質は徐々に上がっていきます。

まとめ

PDCAサイクルはPlan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことで作業を改善していく方法です。

最初は簡単な課題から解決していき徐々に目標を上げていくことで最終的に大きな改善を行うことができます。

1日1サイクルなど短いサイクルを回しながら少しずつ作業を改善していきましょう。

関連記事>>PDCAサイクルが回らない5つの理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました