PDCAサイクルが回らない5つの理由

「PDCAサイクルを実践してみたけど全然改善できない」
「PDCAサイクルのうまいやり方は?」
といった悩みを解決するための記事です。

PDCAサイクルが回らないのは理由があります。
回らない理由を把握して改善する方法を考えることが大切です。

そこで今回は、
・PDCAサイクルが回らない5つの理由
・PDCAサイクルによって改善し続けるための5つの実践方法
について説明します。

本記事を読めばPDCAサイクルを回す方法が理解できます。

関連記事>>PDCAサイクルの基本

PDCAサイクルが回らない5つの理由

PDCAサイクル
PDCAサイクルが回らない理由は以下の5つです。
・ゴールが明確になっていない
・掲げる目標が高過ぎる
・途中で諦めてしまう
・Doの期間を決めていない
・メンバーで共有できていない

ゴールが明確になっていない

導入したはいいけれどゴールが明確になっていないケースは意外と多いです。

PDCAサイクルを取り入れることが目的となってしまい、PDCAサイクルによって何を改善すべきかが議論されていません。

ゴールが決まっていなければ終わりが見えないので作業者のモチベーションが上がらず、改善が全然進まなくなります。

掲げる目標が高過ぎる

掲げる目標が高過ぎると目標を達成するまでに非常に多くの時間を必要とします。
Doで止まってしまうといつまで経っても改善されません。

時間をかけても達成できればよいですが、達成できずに施策自体が断念されてしまうケースもあります。

途中で諦めてしまう

数回回した段階で効果が出ていないと決めつけて諦めてしまうケースです。

PDCAサイクルは少しずつ業務を改善していく施策であるため、改善までに非常に時間がかかります。

改善は小さな効果の積み重ねであるため、短期的な効果は小さくても続けることが大切です。

Doの期間を決めていない

PDCAサイクルを行う場合は期間を決めて効果を測定する必要がありますが、期間を決めずに始めてしまうケースもあります。

期間を決めていないのでいつまで経っても次の段階に映らずにサイクルが停滞してしまうのです。

メンバーで共有できていない

どれだけいい施策を行なっているとしてもメンバーが認識していなければ意味がありません。

PDCAサイクルによって改善し続けるための5つの実践方法

Todo
PDCAサイクルの改善を続けるための5つの方法を紹介します。
・ゴールが明確を明確にする
・一つ一つサイクルは簡単にクリアできるものにする
・期間を決める
・効果が出なくても決められた期間は続ける
・メンバーで共有する

ゴールが明確を明確にする

明確なゴールを決めることが大切です。
ゴールは高くてもよいですが、決められた期間内に実現できるものとしましょう。

一つ一つサイクルは簡単にクリアできるものにする

一つ一つのサイクルは簡単にクリアできるものにすることが大切です。
一つのサイクルが難しいといつまでも目標を達成できずに無駄なサイクルを繰り返してしまいます。

簡単な目標であっても積み上げていくことで大きな目標を達成することも可能です。

期間を決める

一つのサイクルの期間を決めます。
1日、1週間など短期のものと1ヶ月、1年など長期なものを決めましょう。

その期間が過ぎたら目標の達成・未達成に関係なく評価を行い改善策に移すようにしましょう。

効果が出なくても決められた期間は続ける

PDCAサイクルが効果を発揮するまで時間がかかります。
短期的な効果が少なくても、半年一年と経過すれば大きな効果となる場合もあります。

短期的な数値の変化を見ずに長い目で効果を測定するようにしましょう。

メンバーで共有する

Plan、Do、Check、Actionはメンバー内でしっかりと共有することが大切です。
口頭で伝えるだけでなくドキュメントを作成して可視化するようにしましょう。

まとめ

PDCAサイクルは有用なツールですが、十分に効果を発揮できていない場合も多いようです。
導入するだけでは意味がないので、明確なゴールを決めましょう。

効果が出るまで時間がかかります。
長く改善を続けるためにも簡単な問題から少しずつ改善していきましょう。

作業効率化の方法をこちらの記事にまとめています。
作業効率化の方法まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました