【Progate】無料学習サイトでプログラミングの勉強を始めよう

こんにちは、みやびのです。
今回は、プログラミングの学習サイト「Progate」を活用してプログラミングの勉強をする方法について紹介します。
具体的には以下の2点について説明します。

・Progateで無料でプログラミングを勉強しよう
・Progateのオススメ勉強方法とポイント

Progateで無料でプログラミングの勉強を始めよう

スタート
Progateは無料でプログラミングの勉強ができる学習サイトです。
各言語の中級コースまでは無料で使うことができます。
プログラミング言語だけではなく、HTMLやCSS、SQLやGitコマンドなどプログラミングに関連した分野についても学ぶことが可能です。
ゲーム感覚で勉強ができるため、初心者でもかなり取り組みやすい内容となっています。
これからプログラミングの勉強を始めるという方はProgateから始めるのがオススメです。
◆Progateの学習の流れ
学習コース:スライドで基礎を学習

学習コース:学んだことの演習

道場コース:実践式で復習
まずは学習コースから始めます。
学習コースはスライド学習と演習の2つのステップに分かれており、まずはスライドで基礎学習を学びます。
次にスライドで学んだ内容を元に演習のステップで実際に入力します。
学習コースは「学習→実践」の流れとなっているので初心者でもかなり取り組みやすいのが特徴です。
道場コースではより実践的な演習が行えます。
詳細は公式サイトをお読みください。>>https://prog-8.com/

Progateのオススメ勉強方法とポイント

勉強する
より短期間で成長できるProgateのオススメの学習方法を紹介します。
ポイントは以下の4つです。

・まずはメモを取りながら1週する
・Progateを学んだことを元に実際にプログラムを書く
・実践したことを復習する
・Progateのレベル上げやノーミスクリアはやめよう

まずはメモを取りながら1週する

まずは1週しましょう。というか基本的にProgateは1週で十分というのが私の考えです。
暗記は不要で時間を書けてもOK。
ただし、メモは出来るだけしっかりと取りましょう。
メモを取る内容としては以下の通り。

・スライドの要点
・ミスしたところ
・時間がかかったところ
・難しいと感じたところ
・その他気づいた点

メモは出来るだけ具体的な方が良いですが、完璧を目指す必要はありません。
重要と感じたことた気づいたことを都度ノートに残すだけでOKです。
先ほども言いましたが基本的にProgateは1週でOK。
復習したい場合は必要に応じてメモやスライドを見返しましょう。
関連記事>>Progateは何周したらいいですか?という問いに対する答え

Progateを学んだことを元に実際にプログラムを書く

Progateの初級を1週したら学んだことを元にして実際にプログラムを書いてみましょう。
Progateは初心者の入り口としては非常に優秀なのですが、アウトプットとしては弱いです。
単体で勉強するのはあまりおすすめしません。
勉強したことを元に実際にプログラムを書くことが大切です。
書くものはネットからコピペでも参考書でもProgateからのコピペでもOK。
なんでもいいから作って動かしてみるのが大事です。
プログラミングの始め方については「Pythonプログラミングの始め方まとめ」をお読みだくさい。
実践したらやはりメモをします。
「動いた」や「うまく動かなかった」などの結果に加えて実践中に気づいた点をどんどん書き出していきましょう。

実践したことを復習する

実践したら基礎を再度復習します。
実践後に教材を改めて見直すと実践前には気づかなかった多くのことに気づくと思います。
復習に使う教材は何でもOK。
Progateのスライド、参考書、ネットなど自分のスタイルに合ったもので復習しましょう。
復習する時は目標を決めることが大事です。
「ミスしたところを再学習する」
「関数がうまくうごかせなかったので基礎を見直す」
「全体を見直して基礎の取りこぼしを探す」
など具体的な目標を決めて復習することでより強固なインプットとなります。
復習の時もやはりメモを取ります。
改めて気づいたことがあればどんどん書き出していきましょう。

Progateのレベル上げやノーミスクリアはやめよう

Progateでのレベル上げは不要です。
レベルが100、200と上がっていくとプログラミングが上達したような気になるかもしれません。
気のせいです。
Progateでいくらレベルを上げたところでスキルアップはほとんどないかと思います。
学んだことを元に実際に書くことが大事です。
ノーミスクリアや時間短縮も意味がないとまでは言いませんが、その時間を使って実際にプログラムを書いた方が数十倍成長が早いです。
ゲームとしてのProgateは早々に切り上げてプログラミングの実践に移ることが大切です。
Progateは初心者専用のサービスなのである程度プログラムを書けるようになったら卒業しましょう。
関連記事>>Webサイト模写まで進んだらProgateは卒業しよう
Progateの詳細は公式サイトをお読みください。>>https://prog-8.com/

まとめ

Progateでプログラミングを勉強する時のポイントは以下の4つです。

・まずはメモを取りながら1週する
・Progateを学んだことを元に実際にプログラムを書く
・実践したことを復習する
・Progateのレベル上げやノーミスクリアはやめよう

暗記は不要で時間をかけてもOK。ただし、メモはたくさん取りましょう。
Progateだけではアウトプットが弱いので勉強したことを元に実際にプログラムを書くことが大事です。
Progateはプログラミング初心者には非常にオススメな学習サイトです。
これからプログラミングの勉強を始める場合はProgateから始めてみてはいかがでしょうか。
Progateの詳細は公式サイトをお読みください。>>https://prog-8.com/
関連記事>>プログラミングの独学が無理だと感じてしまう人の特徴と4つの解決方法
関連記事>>プログラミングの勉強で挫折する5つの理由
プログラミングの始め方まとめ>>Mac・Windowsでできるプログラミングの始め方まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました