プログラミング的思考力

読書でプログラミング的思考を鍛える方法

こんにちは、みやびのです。
今回は、「読書でプログラミング的思考を鍛えよう」というテーマでお話しします。

プログラミング的思考はプログラミングでしか鍛えられると感じている方もいるかもしれませんが、他の方法でも鍛えることができます。

プログラミング的思考を鍛える中で最も手っ取り早いと私が考えているのは「読書」です。本であれば非常に安価で手に入りますし、仮にお金がない人であっても図書館などを活用すれば無料で本を読むことができます。

プログラミングを始めてみたけど、いまいち理解が進まないという方はまずは読書でプログラミング的思考を鍛えるところから始めてみてください。

・プログラミング的思考に読書をおすすめする3つの理由
・読書でプログラミング的思考を鍛える4つのステップ

プログラミング的思考に読書をおすすめする3つの理由

読書
読書がプログラミング的思考におすすめな理由は以下の通りです。

・簡単にできるので挫折しにくい
・お金がほとんどかからない
・他の人の考え方を学ぶことができる

論理的思考を鍛える方法としては他に「文章を書く」などもあるのですが、文章を書くのって意外とハードルが高いですよね。

読書であればそこまでの努力は必要ありません。
まずは読書から始めるのがおすすめです。

簡単にできるので挫折しにくい

本を読むことは字さえ読めれば誰でもできます。本さえあれば誰でも簡単にできるので続けやすいですし、挫折もしにくいです。

「本を長時間読むのは苦手」
という方は多いかもしれませんが、別に長時間読む必要はなくて短時間でもOK

読みやすい本であれば普段本を読まない方であっても比較的読み切ることができますし、別に全て読み切ることにこだわる必要はありません

私は本を読むことが割と好きですが、字がぎっしり書かれているような本は苦手だったりします。なので専門書以外は読みやすい本が多いですね。

割と飽きやすいので全部読まないことも多いです。
「本=全部読むもの」という考えを捨てて読みたいだけ読んだ方が楽に読めます

お金がほとんどかからない

本を読むことはほとんどお金がかかりません。

安い本なら数百円ですし、ブックオフなどを活用すれば良書もかなり安価に手に入ります。図書館に行けば無料で読むことが可能です

私もお金が少なかった高校生や学生の頃は図書館を活用したりブックオフで立ち読みしたりなど無料で本を読んでいました。

立ち読みはあかん

お金がない人はと図書館やブックオフを活用していきましょう。

他の人の考え方を学ぶことができる

プログラミング的思考で重要な要素の一つが多角的にものを見るということです。視野が狭いとアイデアは浮かびにくいですし、バグの見逃しも多くなります。

なので多角的に考えることは非常に大事。

多角的にものを見る上で重要となるのが他人の考え方を学ぶということ

本は少なからず筆者の意見が書かれています。小説などの物語であっても作中の人物の発言などには少なからず筆者の思想がこめられています。

あなたとは違った意見を持った作者の考えを知ることで視野を広げることが可能です。

例えば小説の主人公のセリフや行動に対して「自分ならどうするだろうか?」ということを考えることで、今までとは違った考え方が見えてきます。

視野が広がり多角的にものが見えるようになればプログラミング的思考も身につけやすいです。様々な本を読み作者の意見についてあなたなりの意見を考えていきましょう。

読書でプログラミング的思考を鍛える4つのステップ

step
読書でプログラミングスキルを鍛えるのは以下の4つの手順です。簡単にできるので是非試してみてください。

1.本を探す
2.本を読む
3.感想を書く
4.感想を分析する

1.本を探す

まずは本を探すところから始めましょう。
本は何でも良いですが、おすすめはストーリー性がある本です。

具体的には、「伝記」、「小説」、「歴史書」など。

ストーリー性のあるものは比較的読みやすいので読んでいて楽しいですし、感想も浮かびやすいです。

ラノベなど読みやすい本でもOK。

ラノベでもとっつきにくい人は漫画やゲーム・ドラマ・アニメなどを活用するのもありです。
また、読むのが苦手という人はオーディオブックやYouTubeなどを活用して音で聞くのもありですね。

必ずしも読書にこだわる必要はありません。いろいろな方法を試してみましょう。

2.本を読む

本を見つけたら一通り読みます。

ただし、全部読むことにこだわる必要はありません。読めるところまで読めばOK。

読んでいて「面白くない」、「読みにくい」、「難し過ぎる」などの理由で読み進めるのが苦痛になる場合もあると思います。

なので飽きたら本を閉じてOKです。

目的は読書をすることではなく「プログラミング的思考を身につけること」なので優先度を見誤らないようにしましょう。

3.感想を書く

本を読んだら感想を書きましょう。

感想とは言っても文章にこだわる必要はありません。箇条書きでも良いですし、最初は一言でもOK。まずは感じたことを思いつく限り書き出すようにしましょう。

◆感想の例
・単純に「面白かった」、「つまらなかった」だけでもOK
・良いと思った点、悪いと思った点
・読みにくいか読みやすいか
・好きな人物・嫌いな人物
・作中の台詞や言葉でよかったもの・悪かったもの
など

上記のいずれか1つを書いても良いですし、全部を書いてみてもOK。また、全く違う角度で感想を書いても問題ありません。

難しいことは考えずに思いついたことをガンガン書いていきましょう。

最初のうちは短い感想が多いかもしれませんが、何度も繰り返していれば様々な感想が書けるようになります。

4.感想を分析する

感想を書いたら自分の感想を分析しましょう。

分析と言っても難しい作業ではありません。あなた自身の感想について考えればOK。

例えば、作品が面白いと思ったら「なぜ面白いと思ったか考える」、本が読みにくいと感じたら「なぜ読みにくいか考える」などです。

途中で飽きたら「なんで飽きてしまったんだろう」とあなた自身の行動を振り返ってみるのもアプローチとしては面白いですね。

上記のように「なぜ〇〇なのだろうか」ということについて何度も考えることで思考力を鍛えることができます

最初のうちは良い感想や分析ができないかもしれませんが、上記4つのステップを繰り返し行えば徐々に思考力を上げることが可能です。

読書は思考力を鍛える以外にも「教養がつく」、「多角的に見れるようになる」、「好奇心が増える」などメリットがたくさんあるので是非試してみてください。

終わりに

「プログラミング的思考=プログラミングで鍛えられる」
と考えている方がいるかもしれませんが、読書など他の要素などで鍛えることも可能です

「読書」や「文章を書く」などプログラミングとは関係のないところから始めた方がスムーズに鍛えられると私は考えています。(飽くまで私の意見ですが)

私は別にプログラミングのために読書をしていた訳ではないですが、読書をしていたことが結果的にプログラミングの役に立ちました。

「プログラミングを始めてみたけど思うように勉強が進まない
という方はプログラミング的思考を先に身につけた方がよいです。

まずは読書など簡単な作業から始めてみましょう。

読書は思考力を鍛える以外にも「教養がつく」、「多角的に見れるようになる」、「好奇心が増える」などメリットがあるのでプログラミング的思考を鍛えることが目的でなくてもやっておいて損はないですね。

プログラミング的思考の鍛え方>>プログラミング的思考を鍛える超簡単な3つの方法

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-プログラミング的思考力

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.