完璧な仕事よりもスピードを優先した方がいい3つの理由

かつては長時間働いてでも完璧な仕事を目指すことが素晴らしいこととされていました。
どれだけ時間がかかってもどれだけ残業したとしても最高の品質を届けることができれば良いとされていたのです。

しかし、時代は変わり仕事のスピードが大切な時代となりました。
完璧な仕事を目指して時間をかけ過ぎてしまうとライバル企業に突き放されてしまいます。

もちろんより質の高い仕事を目指すのは今までと変わりません。
今までの品質を保持しつつスピードを上げなけらばならなくなっています。

完璧な仕事よりもスピードを優先した方がいい3つの理由

理由
完璧な仕事よりもスピードを重視した方がいい理由は以下の3つです。
・完璧な作業は時間がかかる
・どれだけ完璧を求めても間違いはある
・致命的な早期にミスを見つかる

完璧な作業は時間がかかる

完璧な作業を目指すと一つ一つの作業を丁寧に行なったり細かくチェックしたりする必要があり、時間がかかります。
ある程度の質を求めることは必要ですが、完璧を求めるために予定以上の時間をかけるのは本末転倒です。

「○時間以内に作る」など時間を決めてやるようにしましょう。

どれだけ完璧を求めても間違いはある

作成した資料をどれだけ細かくチェックしたところで見逃しやミスは発生します。
時間をかけたらかけただけミスが減りますが、ミスがなくなるまでやっていたらいつまで立っても完成しません。

許容できるミスであれば修正を後回しにして相談や報告を優先しましょう。

致命的な早期にミスを見つかる

早い段階で資料を上司や同僚などに見せれば「方向性が違う」、「根本的な部分で勘違いしている」といった致命的なミスを防ぐことができます。
完璧を求めて資料が完成してから持っていくと致命的なミスに気づいた時に大きな手戻りが発生してしまいます。

たたき台の段階で打ち合わせをすることは非常に大切なことです。

スピードを上げるために必要なこと

作業分担
スピードを上げるために必要なことは以下の4つです。
・相談や確認を行う
・たたき台を作成する
・締め切りを決める
・無駄な作業を減らそう

相談や確認を行う

方向性が間違っていると大きな手戻りとなります。
ある程度資料ができた段階で方向性が合っているか確認をしましょう。
また、いいアイデアがないときにいくら考えても無駄な時間となってしまう場合もあります。

一から十まで考えてもらうのは問題ですが、「この部分に関してアイデアが欲しい」など他の人の意見を聞いてみるのも大切です。
一人で考えているだけでは効率が悪い場合もあります。

たたき台を作成する

以前は資料が完成してから上司に見せに行くことが多かったと思います。
しかし、完璧な資料を作成するには時間がかかります。

完成した段階でミスが見つかれば大きな手戻りとなってしまいます。
まずはたたき台を作成してそれを元に打ち合わせを行なって内容を詰めていきましょう。

締め切りを決める

仕事の元々の締め切りはあると思いますが、それとは別に締め切りを設置します。
当然元の締め切りよりも早い時間や日付に設定します。

締め切りを決めることでいつまでに何をすべきかという予定が立てやすくなります。

無無駄な作業を減らそう

仕事のスピードを上げるためには無駄な作業を改善していくことも大切です。

これまで慣例で行なってきた作業にも無駄が潜んでいます。
なくすことができる作業や簡略化できる作業がないかを見直すようにしていきましょう。

関連記事>>無駄な作業を減らす3つのメリット

まとめ

近年は仕事のスピードが求められる時代となりました。
高い品質を維持することは大切ですが、完璧を求め過ぎて時間をかけることはやめましょう。

たたき台で打ち合わせをしたり、無駄な作業を減らすことで打ち合わせを減らしましょう。

関連記事>>note:エンジニアが仕事を効率的に回すための視点とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました