プログラミングスクールの活用方法

【Pythonを学びたい人向け】テックアカデミー活用方法まとめ

「テックアカデミーってCMでよく見るけど実際のところどうなの?」
という疑問を持つ方のためにテックアカデミーについてまとめました。

テックアカデミーに限らずですが、プログラミングスクールは全体的に受講料が高いので他の方法も合わせて十分に検討することが大切です。

結局プログラミングスクールで結果が出せるかはあなた自身の努力次第なので、お金を払ったからといって必ずしも結果が出せるわけではありません。

なので何も考えずにお金を払うのだけはNGです。

一方、無料体験は無料でできるサービスとしてはかなり良いサービスなので積極的に活用してもOK。

本記事では、テックアカデミーを活用するメリットやおすすめコース・活用方法などを紹介します。

テックアカデミーってどんなところ?活用するメリットは?

メリットテックアカデミーのメリットは以下の通り。

・無料体験のサービスが良い
・【最大70%OFF】専門実践教育訓練給付金制度が活用できる
・コースが非常に豊富
・全てオンラインで完結

無料体験のサービスが良い

テックアカデミーは無料体験の内容が結構充実しているのでかなりおすすめ。

内容は初歩的ですが、質問や課題レビューなどで早期に問題点を刈り取れるのが最大のメリット。

これからプログラミングの勉強を始める方や勉強を始めたばかりの方・有料版のお試しをしたい方は是非活用してみてください。

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

テックアカデミーの無料体験の紹介記事書きました。

>>【超初心者ならおすすめ】テックアカデミーの無料体験を活用しよう

【最大70%OFF】専門実践教育訓練給付金制度が活用できる

テックアカデミーは一部コースだけですが、「専門実践教育訓練給付金制度」を活用することができます。

「専門実践教育訓練給付金制度」を活用すると受講料の最大70%の給付金を受け取ることが可能です。

それでもまだちょっと高いですが、かなり費用を抑えることができるので、あなた自身が制度の対象かは必ずチェックするようにしましょう。

コースが非常に豊富

他のスクールと比較するとコースが非常にたくさんあるのもメリットですね。

プログラミングだけでなくデザインコースなどもあるので目的に合ったコースを選ぶことができます。

ただし、コースが多いのはメリットだけではなくデメリットもあります。最適なコースを選ぶのが非常に難しいからです。

なので、無料カウンセリングの時に「どのコースが目的に合っているか?」についてメンターに相談するようにしましょう。

全てオンラインで完結

全てオンラインで完結できるのもメリットです。

通常のスクールだと勉強をするために学校がある場所まで出向かなければなりません。

学校のある場所が遠い方や忙しい方だと通うのがなかなか難しいですよね。

毎回の交通費も馬鹿にならないです。

テックアカデミーなら全てオンラインで完結するので移動に時間もお金も使いません。少ない時間を有効に活用して勉強することができます。

「プログラミングを勉強したいけど、教室に行くのは大変」
という方は是非活用してみてください。

まずは無料体験からがおすすめです。

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

テックアカデミーを活用する前に考えること

考える
無料体験は基本的に積極的に活用してOKですが、テックアカデミーの有料コースを活用する前に考えるべきことがあります。

それは「あなた自身がプログラミングスクールに行くべきかどうか」ということ。

テックアカデミーの有料コースのデメリットはやはりかなりお金がかかること。

プログラミングの勉強方法はプログラミングスクール以外にもたくさんあるので十分に検討することが大切です。

関連記事>>【超初心者向け】プログラミングの勉強方法まとめ

まずは他の勉強方法を試してからでも遅くはありません。
考えもなしに有料コースに申し込むのはやめましょう。

◆テックアカデミーの有料講座を活用しなくてもよい人
・長期的な勉強を考えている人
・ITエンジニアを目指している人

◆テックアカデミーの有料講座を検討してもよい人
・何が何でも短期間でプログラミングを習得したい人
・独学での習得が厳しいと感じている人

長期的な勉強を考えている人

1年とか2年とか長期的な勉強を考えている方であればプログラミングスクールに通う必要はないですね。

独学の勉強はなかなか道のりはけわしいですが、長期的に取り組むのであれば十分可能です。

まずはPythonなど始めやすい言語から挑戦してみてください。

Python入門者のための100日勉強方法

ITエンジニアになりたい人はおすすめ?

ITエンジニアになることが目的であれば有料コースに通うのはあまりおすすめしません。

プログラミングを勉強してなくてもITエンジニアにはなれます。

なのでITエンジニアになりたい方はプログラミングスクールに通う必要はありません。プログラミングスクールは飽くまでプログラミングを学ぶ場です。

ITエンジニアコースとか転職保証とかありますが、あまりあてにしない方がよいですね。

スクールに通うよりも未経験でも雇ってくれるところで修業して実績を積んだ方が、数倍力になりますし、今後のキャリアにも役立ちます。

並行して通うのはありですが、基本的には就職・転職活動を優先すればOKです

有料コースに通うのは微妙ですが、無料コースを活用するのはあり
プログラミングの基礎について学んでおけば就職後にも役立ちます。

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

何が何でも短期間でプログラミングを習得したい人

「どうしても短期でプログラミングを習得したい」
という方であればテックアカデミーを活用するのもあり。

テックアカデミーであれば、講師やメンターにカリキュラムは組んでもらえるので効率的な勉強を行うことが可能です。

問題点にぶつかった場合でも講師の方にヒントを貰えるので解決までの時間を短縮できます。

テックアカデミーを活用すれば失敗や挫折を減らし上達までの時間を減らすことが可能です。

ただし、スクールに通うだけでは上達できません。学んだことを活かしてどんどんプログラムを書いていくことが大切。

また、質問も積極的に行い疑問点を刈り取っておきましょう。

独学での習得が厳しいと感じている人

「独学なら安くすみそうだけど、挫折しそう」
と考えている方も活用するのはあり。

独学はテックアカデミーと異なり無料~少額で勉強ができますが、非常に時間がかかります。

参考書の選定や計画もあなた自身でやらなければいけないので、非常に作業が多いです。見当違いの努力をしてしまい、無駄な時間を費やしてしまうことも少なくありません。

また、問題に直面した場合にあなた自身で解決する必要があります。

上記のように何から何まであなた自身で取り組む必要があるため、挫折する可能性が結構高いです。

テックアカデミーであればカリキュラムを組んでもらえますし、問題が起きた場合にも講師にヒントがもらえます。

「独学だと挫折しそう」と感じている方は方法の1つとしてテックアカデミーの有料コースを検討してみてください。

テックアカデミーにはどれくらい通うべきか?

プログラミングの基礎勉強を理解するまでの時間はだいたい250~300時間程度。

1日4時間5時間などがっつりできる方であれば3ヶ月程度でも習得可能です。毎日4時間は厳しいとは思いますが。

また、機械学習なども学びたい場合はさらに200時間~300時間は必要です。

上記を踏まえた上でどれくらいテックアカデミーに通うべきかの目安は以下の通り。

◆プログラミング言語のみの場合
・無料体験+250時間ほど独学
・4週間+200時間ほど独学
・8週間+100時間ほど独学
・12週間+α独学

◆機械学習もセットで学びたい場合
・無料体験+550時間ほど独学
・4週間+500時間ほど独学
・8週間+400時間ほど独学
・12週間+300時間ほど独学

3ヶ月まるまる通うのは金額的になかなか厳しいと思いますので、有料コースに通う場合は「4週間コース+独学200時間」がおすすめです。

ただし、「専門実践教育訓練給付金制度」が活用できるなら8週間コース・12週間コースもあり。

言うまでもありませんが、効率的に勉強しないと300時間では無理です。

参考書を300時間読んでも上達しませんし、教材にあるプログラムを書き写すだけではほとんど上達しません。

できるだけ多くの種類のプログラムを書いて実際に動かし、様々なエラーをあなた自身の力で解決して初めて上達につながります。

なので基本的には短期集中よりも1年2年など長期で勉強するのがおすすめですね。

テックアカデミーでPython・機械学習を学びたい方おすすめコース

course

テックアカデミーで以下のPythonや機械学習について学びたい方におすすめなコースは以下の通り。

・無料体験
・AIコース
・Python+データサイエンスコース

無料体験だけ活用するのもあり。
まずはプログラミングの基礎をしっかりと理解しましょう。

無料体験

おすすめ度:★★★★★
内容はPythonでもなく機械学習でもなくWeb系プログラミングの超基礎的な話です。

しかし、これからプログラミングを勉強を考えている方やプログラミングの勉強を始めたばかりの方であれば受講して損はないですね。

プログラミングはどの言語も基本的な考え方は同じなので、どの言語から始めたとしても他の言語に応用可能です。

なので別の言語とはいえ無料体験から始めるのは全然あり。

是非活用してみてください。

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

>>【超初心者ならおすすめ】テックアカデミーの無料体験を活用しよう

AIコース

おすすめ度:★★★
PythonとAIについて学べるコースです。
機械学習の基本的な話やフレームワークなどAIの基礎的を学ぶことができます。

Python単体のコースで学ぶのは微妙ですが、機械学習がセットなら活用するのはあり。

ただし、その分ボリュームも増えるので難易度は上がります。

期間もあまり長くはないので「何を優先して学ぶべきか」を決めて勉強することが大切です。

Python自体はそこまで難しくないので機械学習に重点を置くのがおすすめ。

>>AIコースの詳細はこちら

Python+データサイエンスコース

おすすめ度:★★

Pythonとデータサイエンスについて学べるコースです。
数学やモデル構築など少し応用的な話が学べます。

こちらもボリュームが多い上にAIコースと比較すると少し難易度が高めです。

AIコースと同様受講する場合は「何を優先して学ぶべきか」を決めて勉強しましょう。

どちらか迷ったらAIコースがおすすめ。

>>データサイエンスコースの詳細はこちら

終わりに

今回はテックアカデミーの活用方法について紹介しました。

Python・機械学習について学びたい方の場合おすすめコースは以下の3つです。

・無料体験
・AIコース
・Python+データサイエンスコース

無料体験に関してはかなりおすすめなので「これからプログラミングを始める方」、「プログラミングを始めたばかりの方」は是非活用してみてください。

有料コースに関しては結構値段が高いので、他の方法もあわせて検討することが大切です。「専門実践教育訓練給付金制度」を活用すれば最大70パーセントの給付金を受け取ることができるので、対象のコースを受講する場合は必ず活用しましょう。

いずれにせよ無料体験から始めるのがおすすめです。

>>テックアカデミーの無料体験はこちら >>AIコースの詳細はこちら >>データサイエンスコースの詳細はこちら

こちらの記事も読まれています

ブログへのリクエスト・質問募集中

プログラミング・ITエンジニアに関するリクエスト・質問を募集中です。

ただし、個別の回答ではなく記事アップデートでの回答となりますのでご了承ください

「△△のテーマで書いて欲しい」、「〇〇について知りたい」、「□□で困っている」などなどプログラミングやITエンジニアに関する質問をご連絡ください。

リクエストや質問を具体的に書いて頂ければ、よりリクエストに沿った記事執筆が可能です。

下記「注意事項」を読んだ上でお問い合わせよりご連絡ください。

◆注意事項

  • 質問・リクエストに対する個別の回答・返信はしません。ご了承ください。
  • 記事執筆までに1ヶ月以上かかる場合もあります。
  • 本コンテンツは飽くまでリクエストであり、執筆を保証するものではありません。
  • 内容によっては執筆できない場合があります。その場合も特に連絡はしません。ご了承ください。
  • 各記事へのコメントも全て読んではいますが、お問い合わせからご連絡頂いた方の質問回答を優先します。
  • 緊急性の高い質問はご遠慮ください。
  • ITエンジニア・プログラミング・Pythonに関連した内容でお願いいたします。関連性のない質問・リクエストはご遠慮ください。
  • Python以外の言語の質問・リクエストは執筆優先度が低くなります。

よりよいコンテンツ制作のために支援頂けると幸いです。

  • この記事を書いた人

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-プログラミングスクールの活用方法

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.