プログラミングの勉強法

【超初心者向け】プログラミングの勉強方法まとめ

本記事は超初心者向けにプログラミングの勉強方法をまとめた記事です。

私が13年間勉強してきた内容を元にスキルアップにつながる勉強方法について紹介します。

プログラミングにはいろいろな勉強方法があり、どの方法が良いかは最終的な目的や現在の能力によって異なります。

1つの方法に拘らずに様々な方法を検討しましょう。

これからプログラミングの勉強を始める初心者はどんな方法がよいのか?

study
これからプログラミングの勉強を始める初心者が勉強する方法としては以下があります。

・実務をする(就職・フリーランス・アプリ販売など)
・プログラミングのコミュニティに参加する
・専門学校・情報系大学など
・プログラミングスクール
・独学

実務をする(就職・フリーランス・アプリ販売など)

おすすめ度:★★★
▼ポイント
・実践的な知識が学べる
・実力が上がりやすい
・実績として評価される
・つながりができる
・職業適性がある程度必要
・独学がある程度必要
・会社に就職する場合必ずしもプログラミングができるわけではない

おすすめなのは実際に仕事をすることです
実際に知識を使うことで実力がぐんぐん上がっていきます。

私も実務でプログラミングのスキルを上げていきました。

実務をする方法には、就職・フリーランス・自作アプリの販売など様々な方法がありますが、最もハードルが低いのは就職することです

フリーランスのように自分で営業する必要もありませんし、会社に蓄積されたノウハウを無料で勉強することもできます。

ただし、会社の場合必ずしもプログラミングの仕事につけるわけではないので注意が必要です。

そして実務力や実践力はつきますが、プログラミングの基礎知識に関してはあまり増えません。なので基礎知識に関しては独学で勉強する必要があります

結局独学が必要なのか・・・と思うかもしれませんが、プログラミングに詳しい人が職場にたくさんいますし、勉強の目的も明確になりやすいです。(プロジェクトに関連した知識を勉強すればよいので)

完全な独学よりも実際に仕事をする方がはるかに上達が早くなります。

プログラミングのコミュニティに参加する

おすすめ度:★★★
・無料で参加できるものも多い
・つながりができる
・気軽に参加できる
・オンライン・オフラインともにある
・スキルアップにはコミュ力が必要
・勉強会は遠方で開かれる場合も
・簡単な質問は嫌がられる

オンラインにもオフラインにも大小様々なプログラミングのコミュニティがあります。
無料かつ気軽に参加できるコミュニティも少なくはありません。

一緒に勉強する仲間もできるので勉強をするモチベーションも上がります。

しかし、ただコミュニティに入るだけでスキルアップができるわけではありません。積極的にわからないところを質問して理解を増やしていく必要があります

質問する場合の注意点としては、ある程度勉強した上で質問することが必要だということ
ググったり参考書を読めばわかるような簡単な質問は基本的に嫌がられます。

専門学校・情報系大学など

おすすめ度:★★
・体系的な知識が広く学べる
・質問しやすい
・つながりができる
・理解しやすい順番とは限らない
・お金がかかる
・卒業までは長い

学術的なプログラミングの知識を体系的に学べるのが大きなメリットです

卒業した事実は多少プラスになります。ただし、優遇されるというほどではありません。書類選考で一歩リードくらいです。

卒業までが長いので、既に大学等に進学してしまった人や社会人になった後は厳しいのが難点。

プログラミングスクール

おすすめ度:★
・体系的な知識と実践的な知識が学べる
・短期間で完了できる
・基礎知識を理解しやすい順番で学べる
・つながりができる
・質問しやすい
・お金がかかる
・プログラミングの実績としては弱い
・卒業した実績も評価されにくい

情報系大学と比較すると実践的な内容に絞った内容となります。短期間で必要な知識を学べることが大きなメリット

ただし、期間が短いというのはデメリットでもあります。期間内は集中して勉強しないとせっかくの知識が身につきません。

そして一番のネックはかなりお金がかかること。払ったお金を取り返すべく積極的に質問して少しでも理解を進めることが大切です。

プログラミングスクールの活用ノウハウまとめ

独学

おすすめ度:★

※ただし、どんな方法でプログラミングを始めたとしても最終的には独学での勉強が必要。
飽くまでプログラミングの勉強を始めるには向かないということ。

・自分のペースで勉強できる
・好きなことだけ勉強すればよい
・計画から何から全て自分で考えなければならない
・習得まで非常に時間がかかる
・お金も思いの外かかる
・挫折しやすい

自分のペースで勉強できること」、「勉強したいことだけ勉強すればいいこと」が最大のメリット。

ただし、独学から始めるのは非常にハードルが高く挫折しやすいです。「どこに進めばいいか」、「何から始めればいいか」から自分で探さなければなりません。

無駄な本や教材を買ってしまいお金を無駄にする可能性も結構あります。

私もかなり無駄な本を買って出費を重ねました。

間違った方向にも進みやすいので時間もかなり無駄にします。

なのでタイムイズマネーと感じている方はプログラミングスクールも1つの方法として検討するのもあり。

もちろんプログラミングスクールもしっかりと検討してから受講しないと無駄な買い物となりますが。

おすすめ度は★1つにしましたが、「趣味でやる人」や「ちょっと仕事の改善で使いたい人」などであれば独学でも十分可能です

関連記事>>Python入門者のための100日勉強方法
関連記事>>無料でできるプログラミングの勉強方法5選

プログラミングのスキルアップに必要なこととは?

スキルアップ
プログラミングのスキルアップに必要なものは「知識」と「技術」の2つです。

どちらが欠けてもスキルアップには繋がりません。

勉強ばかりしていても使わなければ意味がありませんし、プログラムをたくさん書くだけでもダメです。

私は実務から入ったので技術の方は伸びました。しかし、基礎知識の勉強を疎かにしていたので動くコードは書けても読みやすいコードになっていない時期が長かったです。

基礎勉強を真面目に取り組むようになったのはごく最近(笑)。

知識と技術はどちらを優先して学ぶべきか?

知識と技術のどちらを優先して学ぶべきかはいろいろ議論があると思いますが、「初心者の場合は技術を優先した方がよい」というのが私の意見です。

もちろん、動かし方すらわからないとどうしようもないので最低限の知識は必要ですが。

技術を優先した方がいい理由としては「実際にプログラムが動くイメージ」がないと知識の理解が難しいからです。

せっかく勉強しても理解できなければ意味がありません。

中級者以降であれば、知識と技術のどちらを優先してもOKです。

ただし、片方だけ身につけてもあまり意味がありません。

技術を身につけたらドキュメントや本を読んで知識も学ぶこと」、「知識を学んだら実際に使って技術として身につけること」が大切です。

技術はどうやって身につけるのか?

技術を身につける方法は非常にシンプルで実際にプログラムを書いて動かすことです

ただし、本に書いてあるコードを書き写すだけだと限界があります。実務をしたり、オリジナルのアプリを制作したりしてあなた自身で考えてプログラムを書くことが大切

初心者でも比較的作りやすいプログラムとしては、チャットボットや簡単なゲームなどがあります。
当サイトでもいくつか作成方法を紹介しているのでご活用ください。

Python初心者はチャットボットを作成しよう
Ptyhonゲーム制作方法まとめ

知識はどうやって身につけるのか?

初心者の頃は上記でも紹介した大学・専門学校・コミュニティ・プログラミングスクールなどで最低限の知識を身につけるところから始めますが、中級者以降知識を増やす方法としておすすめなのは書籍です。

+αでネットなどその他の方法を活用します。

書籍は各分野の知識が体系的にまとまっているので、新しい知識を学ぶ時にまとまった情報を得られます

しかし、書籍も万能ではありません。
書籍の欠点は出版まで時間がかかる=情報が古いことです。

新しい情報がどんどん入ってくる現代において書籍だけで学ぶと知識が古くなります。

最新技術を活用している人は特にですが、ネットやコミュニティなども活用するようにしましょう。

終わりに

今回はプログラミングの勉強方法を紹介しました。

・実務をする(就職・フリーランス・アプリ販売など)
・プログラミングのコミュニティに参加する
・専門学校・情報系大学など
・プログラミングスクール
・独学

どの方法がベストかは人によって異なるので1つの方法に拘らずに十分に検討しましょう。

おすすめ記事Python入門者のための100日勉強方法
おすすめ記事無料でできるプログラミングの勉強方法5選

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-プログラミングの勉強法

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.