先入観を捨てる〜多角的にものを見よう〜

先入観を持ったままものを見ていませんか?
先入観を持つと視野が狭まりまり、重要な問題を見落とします。
ものを見る時に先入観を捨てて多角的にものを見ることが大切です。

多角的に見ることの重要性

円錐という図形は横から見ると三角形に見えて上から見ると丸に見えます。一方向から見ると図形の全貌が見えません。上と横の二方向から見ることで初めて円錐
という図形だとわかります。
問題を考える時も同じです。一方向から見ていると問題の全貌が見えません。多角的にものを見ることで問題の全貌を捉えることが大切です。

多角的にものを見るには

先入観を捨てよう

多角的に見る為には先入観に捉われないことが大切です。「いつもはこうだから」という考え方を捨てて、「こういう見方もあるのではないか」というあらゆる可能性を探りましょう。

いろいろな方向からものを見よう

問題を考える時に偏った見方は避けましょう。
目に見えている問題の本質とは限りません。いつと違った方向から問題を考えることが大切です。

答えは一つとは限らないと知ろう

一つの視点であっても様々な原因が考えられます。一つの問題の原因が見つかったとしても他に原因がないとは限りません。原因が一つと決めつけずに思いつく要因は全て洗い出しましょう。

多角的にものを見ることを学ぼう

多角的にものを見る為には常日頃からいろいろなものに接したりいろいろな経験を積んだりする必要があります。

いろいろな本を読む

コンピュータやプログラミング関連の本だけではなくいろいろな分野の本を読みましょう。
芸術や文学などいつもと違った本を読んでみるのも有効です。

本を読んだら感想を書いたり、読んだ内容を人に話したりして学んだことをアウトプットしていきましょう。
読んだままで終わらないことが大切です。

いろいろな経験を積む

実際に行動に移して経験を積むことで視野が広がります。本を読み知識をつけるだけでなく実際に行動に移すことが大切です。

仕事だけでなく、趣味や勉強をしていろいろな経験を積み上げていきましょう。面白そうと思ったことはどんどんやってみることが大切です。

いろいろな人に会う

いつも同じ人間ばかりと話していると視野が狭まっていきます。
別の部署の同僚と話してみましょう。どんな仕事があるか、どんな苦労をしているかを聞いてみましょう。自分とは違った仕事や苦労を知ることで視野も広がります。
また、同じ仕事をしている人であっても別の会社の人と会ってみるのも有効です。同じ仕事であっても会社によってやることが違ったりルールが違ったりします。会社によって違うということを知っておくことは大切なことです。

いろいろな場所に行く

いろいろな場所に行くことも大切です。
いろいろな地域に旅行に行ってみると文化の違いから得られるものもあります。
外国に行くのも有効です。外国では常識が日本とは全く異なります。これから仕事はグローバル化がさらに進むので、世界の文化を知ることは大切なことです。

あまり時間がなく旅行などする暇がないという人であっても方法はあります。
いつもと違う道を通ってみることです。
意外な近道が見つかるかもしれませんし、穴場スポットの店など新しい発見があるかもしれません。余裕がある時は遠回りであってもいつもと違う道を使ってみるようにしましょう。

まとめ

先入観を持ったまま仕事をせずに多角的に見るようにしましょう。多角的に見る為にはいろいろな方向から物事を見るようにしましょう。
多角的な視点を身につける為にいろいろなものに触れることが大切です。

一つの視点だけで見ていると問題の全貌が見えません。多角的に見て問題全体を見渡すようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました