WordPressで簡単に301リダイレクトができるプラグイン「Simple 301 Redirects」

本記事では、301リダイレクトの設定が簡単にできるプラグイン「Simple 301 Redirects」について紹介します。

301リダイレクト設定の通常手順では、「.htaccess」ファイルに記述する必要があります。
この記述を毎回やる場合は手間がかかり、初心者にはややハードルが高いと思います。

「Simple 301 Redirects」を使えば「.htaccess」を直接設定することなく、WordPressの管理画面から簡単に301リダイレクト設定をすることができます。

301リダイレクトの必要性

記事の修正や統合を行ってもGoogleの検索結果に反映されるまでに時間がかかります。
その間ユーザーが古い検索結果をクリックしてしまった場合は「Not found」が表示されてしまい、目的の記事に辿り着けません。

ユーザーに余計な手間をかけさせない為にも新しい記事にジャンプできるように301リダイレクト設定をすることが望ましいです。

「Simple 301 Redirects」の導入方法

他のプラグインと導入手順は同じです。

1.WordPressメニューの「プラグイン」を開きます
2.新規追加をクリックします
3.「Simple 301 Redirects」で検索します
4.「Simple 301 Redirects」をインストールして有効化します

「Simple 301 Redirects」の使い方

WordPressメニューの「設定」の「301 Redirects」をクリックします。
「Simple 301 Redirects」の使い方

「Request」には、修正前の相対パスを指定します。
「Destination」には修正後のフルパスを指定します。

「変更を保存」をクリックすると反映されます。

反映後は修正前のURLにアクセスしてリダイレクトが動いているかチェックしましょう。

以上、「Simple 301 Redirects」の導入方法と使い方でした。

まとめ

ユーザーの手間を考えるとURLの修正後は301リダイレクトを行い、適切なページにユーザーを誘導するのが望ましいです。
301の設定は「Simple 301 Redirects」を使えば簡単に行うことができます。

プラグインを積極的に活用して作業の効率化を目指しましょう。

関連記事>>SEブロガーにオススメのWordPressプラグイン
関連記事>>WordPressを全文検索するプラグイン「Search Regex」

コメント

タイトルとURLをコピーしました