思ったことを字にする3つのメリット

長時間考えたのになかなかいい考えが浮かばなかったり考えがまとまらないということがあると思います。
頭の中で考えてダメな時は紙に書き出すようにしましょう。

字にして自分の考えを目で再確認することで考えをまとめやすくなります。

思ったことを字にする3つのメリット

メリット
可視化するメリットは以下の通りです。
・雑念を除去できる
・客観的に自分の考えが見ることができる
・思考の過程が紙に残る

雑念を除去できる

頭の中でまとめて紙に書き出して方がいいと感じるかもしれませんが、頭は早く回転しているようで雑念も多く無駄に空回りをしています。

書かないとかえって時間を浪費するケースも多いです。
また、必要と思う情報だけ書き出すことができるのでノイズを除去した情報で考えることができます。

客観的に自分の考えが見ることができる

自分の頭の中に考えがあるうちは主観的になりやすく、なかなかその考えの善し悪しを客観的に判断できません。

紙に書き出し、目で見て再確認することで自分の考えを客観的に見ることが可能です。
客観的に見ることで必要なものと不要なものを切り分けしやすくなります。

思考の過程が紙に残る

ふと瞬間に思考が途切れてさっきまで何を考えていたか忘れてしまうことはありませんか?
私はちょくちょくあります。

思考が途切れてしまうと思い出す時間も必要な上に、最悪何も思い出せません。

今まで考えていた時間も無駄になってしまいます。
紙に書き出しておけばたとえ途切れても思考した内容は紙に残ります。

自分がどのような過程で今の考えに至ったかを見直すことも大切です。
もし考えた末の結論が間違っていた場合に自分の思考の過程を見直すことが解決のヒントになるかもしれません。

考えをまとめるためにメモを有効活用しよう

メモ

メモ帳は常に持ち歩こう

思いついた瞬間に書かないとその時に思いついたことは2度と思いつかないかもしれません。
いつでもメモを取れるようにメモ帳は常に持ち歩きましょう。

最近はスマートフォンのメモアプリも便利になっているためそちらを活用するのもオススメです。

思いついたことはすぐに書き出そう

思いついたことは忘れないうちにどんどん書き出していきましょう。
正しいか間違っているかは深く考えずに浮かんできたものは全て紙に書き出すことが大切です。

情報を整理しよう

ただ情報を書きだしていただけではごちゃごちゃしやすいので整理することが必要です。
ノートやPCのドキュメントに整理してまとめていきましょう。

整理の方法としては

・いらないと思うものは消す
・グループ分け
・優先度を決める
・いつやるかを決める

などがあります。

字だけでなく図も活用しよう

字だけでは表現しにくいものは図を活用しましょう。
また、図を活用することで項目が整理しやすくなります。

関連記事>>note:思ったことは図にしよう〜イメージを可視化する〜

まとめ

頭の中で考えているだけでは考えがまとまらないことが多いです。
客観的に考えを見る為にもどんどん書き出して、修正・整理していきましょう。

関連記事>>実践したらアウトプットしよう

作業効率化の方法をこちらの記事にまとめています。
作業効率化の方法まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました