Pythonのファーストステップ

どちらを学ぶべき?PythonとC言語を比較

「PythonとC言語ならどちらから始めた方がいいの?」
という疑問に答えます。

初心者がプログラミングを始めるならPythonにしましょう。
というかC言語は絶対にやめておきましょう。

C言語は難易度がプログラミング言語の中では高く初心者キラーだからです。

私もC言語から勉強を始めましたが何度も挫折しました。
というわけで余程メンタルが強いという人でなければPythonから始めるのがおすすめです。

本記事の内容は以下の通り。

・どちらがよい?PythonとC言語を比較
・プログラミングはPythonから始めよう
・C言語を勉強するメリット

最初に始めるのは圧倒的にPythonですが、C言語は是非学んでおいて欲しい言語の一つです。
Pythonの勉強が一区切りついたら挑戦してみてください。

どちらがよい?PythonとC言語を比較

比較
以下の4点について比較します。

・難易度
・人気度
・得意分野と活用分野
・始めやすさ

難易度

Pythonのプログラミング言語の中では最も簡単な言語の一つです。記述方法がシンプルなので初心者でも比較的取り組みやすいです。

C言語と異なりコンパイルもいらないのでテンポよく勉強できます。

一方のC言語は難易度が高い言語です。

特に難しいと言われているのがポインタですが、それ以外にもリトルエンディアン・ビッグエンディアン・文字列の扱い方が複雑・コンパイルが必要など、Pythonと比較すると様々なところに挫折ポイントが設けられています。

C言語はプログラミングの基礎について深く理解できるのでよい言語ではあるのですが、まあ初心者が最初に目指すところは基礎よりも挫折せずにプログラミングを勉強することなので。

人気度

Pythonの人気度は2位です。一方のC言語もTOP10しており9位にランクインしています。
Pythonは機械学習分野で活躍しており、今後も高い人気が続きそうですね。

一方のC言語も古参でありながらTOP10入りはしています。一つの言語が長く愛されるというのは素晴らしいですね。

参考:人気プログラミング言語トップ10【2019版】

得意分野と活用分野

Pythonは機械学習やデータ解析が得意な言語です。
その他の活用分野も広くWeb・アプリなど多くの分野で活用することができます。

一方のC言語はハードウェアやシステムなど組み込み系で多く活用されている言語です。処理速度がめっちゃ速いのが特長で性能が重視されるコンピュータで活用されています。

私が関わった現場ではストレージ機器の開発にC言語が使われていました。

始めやすさ

Pythonはインストーラーで実行環境をパソコン上に作れば実行できます。一方のC言語もgccコンパイラをインストールすれば始められます。なのでどちらも始めやすさに差はありません。

しかし、初心者の頃の私はどうすればC言語を始められるかわからずそこで詰まっていました。
というかWindows上だとC言語はコンパイルできないと思い込んでいたので、ひたすら見当違いの方法を探していました。

初心者の頃は環境構築で詰まってプログラミング始めるところまで到達できずに挫折することも多いですね。

プログラミングはPythonから始めよう

Pythonの本
とりあえず余程の理由がない限りはPythonから始めましょう。
むしろ余程の理由があってもPythonから始めましょう。

プログラミングをC言語から始めるのだけは絶対におすすめしません。

「でも、就職先で使うのC言語なんだよ」
という方もいると思います。

が、その場合でもPythonから始めるのがおすすめです。
C言語だと詰まってばかりですし、コンパイルもあるので勉強のテンポもよくありません。

まずは、Pythonでプログラミングの基礎の基礎を理解し、その後C言語の勉強を始めた方が理解のスピードも速くなります。

2つの言語を勉強するのは手間と感じるかもしれませんが、プログラミングの基本的な考え方はどの言語も同じです。なのでPythonで勉強したことはC言語でも活かせます。

まずは、難易度の低いPythonで始めてその後C言語を勉強した方が結果的に近道になります。

C言語を勉強するメリット

メリット
C言語はやめろやめろ言うと誤解されるかもしれませんが、C言語は素晴らしい言語です。
ただ初心者には向かないというだけの話。

Pythonの勉強に一区切りしたら学んで欲しいですね。

C言語は最も古い言語の一つで、Java・PHP・JavaScriptなど多くの言語のベースとなっています。

ポインタやエンディアンの概念を理解することはコンピュータ内でどのような処理が行われているかを理解するためのヒントとなり、延いては「プログラミングとは何なのか?」について理解する助けとなります。

PythonはC言語と比較するとより人間に使い形にカスタマイズされた言語なので、理解しやすい反面コンピュータの内側は見えにくいです。

なので将来的にはPythonだけでなくC言語についても学ぶことをおすすめします。

終わりに

プログラミング初心者が最初に始めるならPythonです。
記述方法が簡単であり、コンパイルもないのでテンポよく勉強することができます。

C言語は難易度が高く初心者向きの言語ではありませんが、コンピュータやプログラミングについて理解するためには是非とも学んでおきたい言語の一つです。

Pythonの勉強に一区切りがついたら是非挑戦してみてください。

Pythonと他の言語の比較記事>>Pythonと他の言語の比較

PythonとC言語が合体>>Cython(サイソン)とは?Python+C言語で高速化しよう

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-Pythonのファーストステップ

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.