Pythonプログラミングの勉強法

Python入門者のための100日勉強方法

「Pythonは何日勉強すればいいですか?」
という疑問に答える記事です。

「Pythonの勉強はいつまでやる必要があるか?」という問いに対しては勉強は「一生し続ける必要があります」という答えになります。

が、それだと勉強の目標を決めるのが難しいと思うので、「10段階でレベル1に到達するにはどれくらいかかるか?」に対する私の見解を書いていきます。

他のプログラミング言語なら200時間~300時間くらいは勉強が必要ですが、Pythonであれば100時間くらいでレベル1くらいには到達可能です

なので1日30分で200日、1時間で100日、3時間なら34日くらいとなります。
1日3時間を1か月続けるのはなかなか難しいと思うので、まずは1日30分~1時間の勉強を目指しましょう

今回は、Pythonの100日(1日1時間)の勉強方法を紹介します。

レベル1を目指すためのPython100日勉強方法

ステップアップ
1日当たりの勉強は30分~1時間を想定しています。

1時間と聞くと長く感じるかもしれませんが、トラブルが起こったら全く進まずに1時間が終わる場合もあります

なので時間を有効に使わないとなかなか先に進めません。

理解できない場合でも、あまり時間を割くのはよくないので一旦先に進んでください

「私が今完全な初心者だったらこういった勉強するな」という方法です。なので必ずしも今回紹介する方法が正解ではありません。

他の方法も検討しつつ、勉強と実践をしていきましょう。

1~3日目:プログラムを動かす
4~6日目:関数・変数・制御文について学ぶ
7~13日目:変数と関数を使ってプログラムを書く
14~20日目:IF文を使ってプログラムを書く
21~27日目:繰り返し文を使ってプログラムを書く
28~34日目:コピペしたプログラムを動かす
35~48日目:入門書を一冊買って実践してみる
49~55日目:コードを読んで理解を深める
56~62日目:プログラミングのフローチャートを書き出す
63~72日目:プログラムをトレースする
73~80日目:作りたいプログラムを探す
81~87日目:プログラミングで作りたいものの処理を書き出す
88~94日目:書き出した処理を元にコードを書いて動かす
95~100日目:作ったプログラムのテスト

日にちは目安なので厳密に守る必要はありません。理解できたらガンガン進んでください。

「コードを読む」とか「フローチャートを書く」とかの期間もありますが、それだけをやるのではなく少しでいいのでプログラムを書く時間も作りましょう

1~3日目:プログラムを動かす

まずはプログラミングの動かし方を理解しましょう。

プログラミングは動かし方がわからなければ始まりません

動かし方と言っても難しくはありません。Pythonをパソコンにインストールして実行するだけです。

Pythonのインストーラーは公式サイトからダウンロードできます。

Pythonの始め方については「Pythonプログラミングの始め方まとめ」をお読みください。

関連記事>>Python超初心者が最初にやること3つ

4~6日目:関数・変数・制御文について学ぶ

次に参考書や学習サイトを活用して関数・変数・制御文について学びましょう。
関数は呼び出し方を覚えておけばひとまずOKです。

学習サイトはゲーム感覚でプログラミングの基礎が学べるProgateというサイトがおすすめです。

Progateの公式サイトはこちら>>https://prog-8.com/

ただし、Progateで学べるのは基礎勉強のみなので、1、2周学んだらプログラミングの実践に移りましょう。

7~13日目:変数と関数を使ってプログラムを書く

学習サイトや参考書で読んだだけでは理解は進みません。覚えた知識を活用して実際にプログラムを書くことが大事です。

まずは変数と関数を活用したプログラムを書いてみましょう。

簡単なプログラムで問題ありません。

上記のような簡単なプログラムを10個くらい書いて動かしてみましょう。

14~20日目:IF文を使ってプログラムを書く

変数や関数の使い方を大まかに理解したら次は制御文を活用したプログラムを書いてみましょう。
こちらも以下のような簡単なプログラムで問題ありません。

elseやelifなども活用して10個くらいプログラムを組んでみましょう。

関連記事>>【Python】コーディングの速度を上げる方法
関連記事>>Pythonの勉強速度を倍速にする方法

21~27日目:繰り返し文を使ってプログラムを書く

続いてfor文やwhile文といった繰り返し文を活用してプログラムを10個くらい書いてみましょう。

変数・関数・制御文について理解すればかなり柔軟なプログラムが書けるようになります
まずはこの3つを集中して理解しましょう。

クラスやオブジェクトについて理解するのはその後です。

28~34日目:コピペしたプログラムを動かす

ネット上のプログラムをコピペして動かしてみましょう。できるだけ簡単なコードの方がよいです。
当ブログでもサンプルコードを紹介しているので活用してみてください。

Pythonのサンプルコード集と活用例集

コピペして動かすとか簡単そう。やる意味あるの?
と思うかもしれませんが、意外にむずいです

そのままコピペしたら動かないコードも多くあります。
OSによって動かない場合もありますし、パラメータを直さないと動かない場合もあります。

コードの内容自体が間違っているケースも少なくありません。古い記事に書かれいているコードはライブラリの仕様が変わっているので動かない場合も多いです。

なのでたかがコピペでも動かすのは結構苦労します
1つのコードに拘ってしまうと時間の無駄なので、全然解決できない場合は諦めて飛ばしましょう。

関連記事>>Pythonの写経の考え方と実践する時のポイント〜積極的にコピペを活用しよう〜
関連記事>>初心者でもできるコピペプログラミングの方法

35~48日目:入門書を一冊買って実践してみる

コピペで書いたプログラムが動かせるようになってきたら入門書を買ってを実践してみましょう。
読むだけではあまり意味がないので必ず書いて動かしてください

一冊しっかりやろうと思うと初心者の場合2週間以上かかると思います。
入門書による勉強は時間がかかってもいいのでじっくりと取り組みましょう。

おすすめ参考書は以下です。

流石に1日では無理ですが、書いてある内容を実践していけばPythonの基礎の基礎がしっかりと学べます。

関連記事>>【入門者向け】Pythonの参考書の読み方

49~55日目:コードを読んで理解を深める

参考書を一通りやったらコードを読んで理解を深めていきましょう。
手順は以下の通り。

1.プログラムを動かす
2.ブロック単位で処理を見る
3.ブロック内の細かい処理を見ていく

プログラムを理解するために実際に動かした結果とコードの対応関係を見る必要があります。なのでいきなりコードを読むのではなく、まずは実際にプログラムを動かしましょう

コードを読む場合、いきなり1ステップずつ見ていくとプログラムの全体像が見えないため理解しにくいです。
なのでまずはブロック単位(大きな処理のかたまり)で見ましょう。

関連記事>>【入門者向け】Pythonソースコードの読み方

56~62日目:プログラミングのフローチャートを書き出す

プログラムを読めるようになってきたら、プログラムのソースコードをフローチャートとしてまとめる練習をしましょう

フローチャートとはプログラムの処理を図としてまとめる方法の1つです。
以下のような図を指します。
フローチャート

プログラムをフローチャートとしてまとめられるようになると飛躍的に理解度が上がるので、プログラムを書くことに慣れてきたらやってみましょう。

関連記事>>Pythonコードからフローチャートを描く方法

63~72日目:プログラムをトレースする

トレースとはプログラムを実際に動かすのではなく机上で処理を追う練習です。

トレースの手順は以下の通り。

・フローチャートやソースコードを紙に印刷する
・適当なパラメータを設定する
・1処理ごとにパラメータの値がどう変化していくか見ていく

全ての分岐条件を通るようにいろいろなパラメータを入れてみましょう。
最初から机上で追うのは難しいです。

なのでまずは実際にプログラムを動かして、ステップ実行やprint文などを活用して1ステップずつ値を見ていくのがおすすめです。

関連記事>>机上で処理を追う方法
関連記事>>アルゴリズムのトレース方法

73~80日目:作りたいプログラムを探す

上記作業を終えたら作りたいプログラムを探してみましょう。

・簡単なゲーム
・自分の仕事の役に立つもの
・天気や電卓など簡単なアプリ

何でもよいです。
ただ、あまり難しいプログラムを組もうと思うと挫折の確率が高くなるので簡単なものにしましょう。

関連記事>>作りたいプログラムの探し方(準備中)
Python初心者はチャットボットを作成しよう
Pythonistaで作るポーカー作成講座(全5回)

81~87日目:処理を書き出してフローチャートにまとめる

作りたいプログラムが思いついたらどんな処理が必要か書き出します。完璧である必要はなくて、「だいたいこんな処理が必要なんじゃなかろうか?」と当たりをつければOKです。

そして書き出した処理をフローチャートとしてまとめてみましょう。

88~94日目:書き出した処理を元にコードを書く

フローチャートを元に処理をコードに書き起こしていきます。処理をどうコードに置き換えたらいいかわからない場合はググりましょう。

関連記事>>フローチャートからコードを書き出す具体的な手順(準備中)

95~100日目:作ったプログラムのテスト

最後にテストをしましょう。1回目でいきなりプログラムが想定通り動くことはまずありません。

足りない処理や不具合が必ず見つかります。
目的の処理ができるまでトライ&エラーを繰り返しましょう

関連記事>>Pythonテストのためのチェックリストの作り方3選Pythonテストのためのチェックリストの作り方3選
関連記事>>プログラムのテストの仕方(準備中)

終わりに

Pythonは1日1時間勉強すればだいたい100日で10段階のレベル1くらいには到達可能です

1時間というと長く感じるかもしれませんが、プログラミングの場合一度エラーにハマるとあっという間に時間が経過してしまうので、時間を有効に使う必要があります。

15~30分くらい考えてわからなければ飛ばして次に進むことも考えましょう

100日やってスタートラインに立ったというところです。
ここからが長いですが、高みを目指して頑張りましょう。

Pythonの始め方まとめ>>Pythonプログラミングの始め方まとめ

おすすめ記事>>超初心者のためのプログラミングの始め方完全版

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

miyabikno

住んでいるところ:神奈川県。 SIer中小企業(C,VBA):8年(うち5年QA)。Web系ベンチャー(PHP,Javascript,Python):2年。フリーランス:2年。現在はブログをメインに活動しています。

-Pythonプログラミングの勉強法

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.