Pythonプログラミングの勉強法

Pythonの勉強を長く続けるために大切な7つのこと

こんにちは、みやびのです。
プログラミングは13年ほどやっております。

Pythonに限らずプログラミングは最低限の知識や技術を習得するまでにもめちゃくちゃ時間がかかるので、1年とか2年とかかなり長期的に勉強し続ける必要があります。

なので、短期間で集中して身につけるというよりは長い時間をかけて少しずつスキルや知識を増やしていく分野です

しかし、世の中には「最速の勉強法」とやらがあふれています。そしてそれを探している初心者が多いこと。

早く成長することはよいことですし、初心者のうちから自分の成長に目が向けられるのは素晴らしいと思います。

が、残念ながら初心者のうちから成長にばかり目を向けていると挫折しやすいです

人間って1か月2か月じゃ全然成長しないですからね。3ヶ月経ってようやくちょっとした成果が見えるくらい人間の成長は遅いです。

なら初心者は何を考えるべきか?
「長く勉強し続けるためにはどうすればいいか?」
ということです。

「長く続けるだけではダメ」
という意見もありますが、いくら効果がある方法でも長く続けられなければ意味がありません。

まず最低限考えることは「いかに勉強を長く続けるか」です。長く続ける方法を考えた上で自分に合った成長方法を模索していきましょう。

Pythonを長く勉強し続けるために必要な7つのこと

プログラミングを楽しむ

・自分のペースで勉強する
・プログラミングを楽しむ時間を作る
・成長以外の目標を作る
・お金以外の目標を作る
・とにかく動かす
・他人と比較しない
・小さな課題を作る

自分のペースで勉強する

「プログラミングの最短の勉強法」という情報をネットでたまに見かけるのですが、「1日4時間勉強する」とか体力勝負のものもあります。

まあ、1日4時間以上勉強できれば確かに成長は早いかもしれません。

しかし、ぶっちゃけ1日4時間も勉強できますか?

忙しい方は物理的に無理ですし、時間がある方でも毎日4時間も勉強だけには使いたくないですよね?

「睡眠時間を削れ」とか「体を壊すくらいやらないと無理」とか訳のわからないことを言う方もいるのですが、健康を害する方法は本業にも支障が出ますし、病気になると勉強や仕事を続けられなくなるので全くおすすめしません。

お金は損しても取り戻せます。仕事で失敗してもどうにかなります。ただ、体だけは一度壊してしまうとどうにもなりません。

ある程度自由な時間を削る必要はありますが、無理のないペースで勉強をしましょう

プログラミングを楽しむ時間を作る

基礎に従ってプログラムを書く時間や仕様書通りにプログラムを書く時間って割と退屈だと思います。

「もっと雑なコードなら早く書けるのになあ」
と思うこともありますよね。

お前だけや。

なので自由にコードを書いて楽しむ時間を作った方がよいです。

・適当なコードでOK
・インデントもぐちゃぐちゃでOK
・変数名とか適当でええやろ
・重複コード書きまくり

ルール無用でとにかくコードを書きまくりましょう。(もちろん自分の趣味で作るプログラムの話です。仕事で使うプログラムに変なコードを埋め込むのは危険なのでやめましょう。)

正しいコードを書くことは大事なんですが、やはり退屈なので規則正しいコードばかりだと自然とプログラムを書く時間が減っていきます。

なので時には好きなように書くこともありです。
あまりきれいなコードを書く必要はないのでプログラムに触れる時間を増やしましょう

成長以外の目標を作る

成長を目標として持つことは大事です。大事なんですが、成長だけを目標としてしまうと挫折します。

人間そんな短期間で成長はできません。なので全然成長しない自分に絶望して勉強をやめてしまう方もいると思います。

というわけで「毎日1つプログラムを書く」とか「簡単な天気アプリを作る」とか何でもいいので成長とは別の目標を持ちましょう

お金以外の目標を作る

「成長だけを目標としない方がいい」という話をしましたが、お金も目標にしない方がいいです。

「プログラミングは稼げるらしい」という話を聞いて勉強を始めた方が結構いるようなんですが、「プログラミングで稼ぐ」って結構むずいですし時間もかかります。

何よりお金が欲しい方がまず勉強すべきはプログラミングではなく「お金の稼ぎ方」ですからね。

なぜか順番を間違えて教える方が多いです。

お金の稼ぎ方を勉強しておけば他の分野にも転用できるので必ずしもプログラミングを勉強する必要がないですし。

まあ、いずれにせよ安定して稼げるようになるまでは凄まじい時間と労力が必要なので、お金を目標としてしまうとやはり絶望します。

お金を目標とすることはダメではないですが、それ以外の目標も持ちましょう。

とにかく動かす

当ブログでは何回も言っているのですが、「プログラミングは動かしてなんぼ」です。動かないプログラムに価値はありません。

勉強したら必ずその知識を使ってプログラムを作ってみましょう。簡単なプログラムでもいいですし、コピペでも問題ありません。とにかく覚えた知識を実際に使って動かしてみることが大事です。

「プログラミングの勉強してます」
と言いながらProgateをぐるぐる回しているだけの人をたまに見かけます。

「それプログラミングの勉強じゃねえから」
という野暮なツッコミは心にしまって何も言わずに立ち去るみやびのです。

念のため言っておきますが、Progateは優秀なサイトには間違いないので初心者が手始めにプログラミングを学ぶ場としてはありです。

いきなり参考書や公式ドキュメントを読むのはなかなかハードルが高いですからね。

ただし、周回してもあまり効果はないのでざっくり学んだら卒業しましょう。

他人と比較しない

プログラミングを勉強する上で最も不要なものと言えるのが「他人と比較すること」です。人によってスタートラインは違いますし、勉強できる時間も成長スピードも全然違います。

同じ時期に始めた人が急速に成長しているのを見るとどうしても気になってしまいます。そして「自分は才能がないのか」と勝手に解釈して諦めてしまう人もいます。

他人と比較してやめてしまうのは非常にもったいないです。

比較するのは半年前の自分だけでOK。他人と比較する必要は全くありません

小さな課題を作る

「勉強を続けるだけでは意味がない」
という意見は一理あります。

ただ、もくもくと勉強しているだけではマンネリ化して飽きてきますし、成果や成長も遠ざかります。

なので小さくていいので課題を作りましょう

課題は1つでもいいですし、複数考えてもOKです。

ただし、あまり難しい課題にしてしまうとなかなか達成できないので、逆効果です。

少し難しいけど頑張れば達成できる」という課題にしましょう。

課題を1つクリアしたらまた新しい課題を考えます。常に課題に向かうことでモチベーションも維持しやすいですし、課題をクリアすれば達成感も生まれます。

最初は簡単なものでもいいので常に課題を1つ作ってそれに向かって作業を進めましょう。

終わりに

今回は「Pythonの勉強を長く続ける方法」というテーマでお話ししました。

プログラミングは習得に時間がかかる分野なので長く続けることを第一に考えることが大切です

世の中には「プログラミングの最速の勉強法」とやらが溢れています。

早く成長することを目指すことも悪いことではありませんが、成長速度ばかり重視しても長く続けられません。

最速でなくてもいいので自分のペースで勉強できる方法を模索しましょう。

もちろん続けるだけだと成長しにくいので課題を作って取り組むことも大事です。

Pythonの勉強方法まとめ>>Python入門者のための100日勉強方法

おすすめ記事>>PythonにおすすめのノートPC4選+パソコンの選び方

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-Pythonプログラミングの勉強法

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.