プログラミングの勉強法

Python理解に必要な勉強時間は?1日の勉強時間を増やす方法も紹介

「Pythonを勉強しているけど、基礎勉強の理解にどれくらいの時間の勉強が必要なの?」
という疑問に答えます。

こんにちは、みやびのです。
プログラミング歴14年でPython歴は5年ほど勉強しております。

Pythonの勉強に必要な時間は100時間程度です。(時間は飽くまで私の勉強して経験から割り出した見解なので参考程度に)

他のプログラミング言語は200時間~300時間程度かかるので、半分以下の時間で勉強することができます。

Pythonで基礎理解→他の言語で本格的に勉強という方法もあるので、他の言語の勉強を考えている方もまずはPythonから始めてみるのもありですね。

本記事では、「Pythonの勉強時間が他の言語よりも短い理由」と「1日当たりの勉強時間を増やす方法」について紹介します。

Python基礎理解の勉強時間はどのくらい?他の言語より短い理由も紹介

時計

Pythonの勉強時間は100時間程度

飽くまで私の経験に基づく見解ですが、Pythonで基礎理解をするための時間は100時間程度です。
1日1時間勉強すれば3ヶ月ちょっとで終了できる計算ですね。

他の言語の場合、1日1時間だと半年以上の時間がかかってしまいます。3ヶ月でやろうとすると3時間から4時間の勉強が必要です。

基礎理解だけでこれだけの時間勉強するのはなかなかハードルが高いですよね。

Pythonを100時間で勉強する方法は「Python入門者のための100日勉強方法」で紹介しています。

なぜ他の言語より短いのか

Pythonが他の言語より短くすむ理由としては「括弧やセミコロンなど煩わしい表現が少ない」という点です。

C言語などの言語は「判定文は括弧を入れる」、「末尾にはセミコロンをつける」など非常に煩わしい文法が多くあります。

初心者の場合、括弧の数が合わなかったりセミコロン忘れてしまったりなどイージーミスで時間を使いやすいです。

イージーミスで挫折してしまう場合も少なくありません。

私も括弧やセミコロンのせいで初心者の頃はかなり苦労しました。

Pythonであればルールは「制御文や関数の定義でセミコロンを使う」、「インデントを揃える」くらいなのでイージーミスはかなり減ります。

なので勉強時間も他の言語より短くなりやすいです。

Pythonから始めるのがおすすめ

初心者はPythonから勉強を始めるのがおすすめです。

プログラミング初心者に必要なのはたくさん素振りすること(実際にプログラムを動かしまくること)ですが、Pythonの場合文法が比較的わかりやすいので素振りがたくさんできます。

プログラミング言語は1つ覚えてしまえば他の言語に応用できます。なので他の言語を学ぶ場合でもPythonから始めることで他の言語に応用可能です。

Pythonでひたすら素振りをして、他の言語に移れば基礎をある程度理解した状態で始めることができるので、いきなり目的の言語から始めるよりもかえって効率がよくなります。

Pythonから学ぶ点はもう一つあり「Pythonはインデントを揃えないと正しく動かない」という点です。

プログラミング言語はインデントを揃えなくても動作上は問題ありませんが、非常に読みにくいコードになります。

「修正ステップを減らすためにインデントを変更しない」という本末転倒なことをやっている現場も少なくありません。

修正ステップは減るかもしれませんが、読みにくく理解に時間がかかるので結果的に工数は上がります。

動作上問題ないとしても基本的にインデントは揃えた方がよいですね。

初心者の頃からインデントを揃えるくせをつけておけば、他の言語を学ぶ時にもインデントを揃えるのは面倒ではなくなります。

100時間は飽くまで目安

100時間というのは目安です。努力や工夫次第では、短くできるかもしれませんし、逆に効率の悪い勉強を行うともっと時間がかかります。

例えば「100時間参考書を読み続けるだけ」だけでは全く上達しません。Pythonに限らずプログラミングは動かさないと上達できないからです。

短期間で習得するためには常に効率のよい方法を「あなた自身の頭で考えて実践していくこと」が大切。

また、スタートラインは人によって異なります。
100時間というのは「パソコンがある程度使える」、「タイピングができる」ということが前提。

パソコンが使えない人であればパソコンを使えるようにするところから始めなければいけないですし、タイピングができない人はタイピングから始めなければなりません。

当然パソコンやタイピングを覚える時間は余計にかかります。

重要なことはあなた自身のスタートラインがどこか自覚しておくこと

スタートラインを自覚しておかないと誤った順番で勉強を始めてしまい、無駄に時間がかかります。

モチベーションを切らさずに1日あたりの勉強時間を増やすためには?

モチベーション
「100時間勉強必要なのはわかったけど、3ヶ月も続けるのは大変そう。1日1時間以上勉強する方法はないの?」
と疑問に持つ方もいると思います。

勉強し続けるモチベーションを考えると1日1時間~2時間が限度と私は考えていますが、できるだけ早く習得したいという方は多いですよね。

モチベーションを保ちつつ勉強時間を増やす方法としては以下があります。

・仕事をする・実際にアプリを作って配布・販売する
・ブログやGitHubにソースコードを公開する
・趣味としてやる
・プログラミングスクールに通う

仕事をする・実際にアプリを作って配布・販売する

一番おすすめなのは仕事をしたり実際にアプリを作ったりすることです

仕事やアプリ制作は以下のメリットがあります。

・勉強時間を強制的に増やすことができる
・自然とプログラミングに関する情報が入ってくるので知識もどんどん増える
・どんな知識をよく使うのかがわかる

上記のように強制的に勉強できる上に「重点的に勉強すべき内容」も理解が可能です。勉強時間がただ増えるだけでなく効率的な勉強もできます。

「仕事といってもプログラミングができないと会社に入れないんじゃないの?」
と考えている方も多いかもしれませんが、未経験でも雇ってくれる会社はたくさんあります。

なのでプログラミングの勉強はひとまず後回しにして就職・転職活動をするのもありです。

ブログやGitHubにソースコードを公開する

ブログやGitHubにソースコードを公開するのもおすすめです。

勉強した内容を整理できるので復習になりますし、やったことを記録することはモチベーションアップにも繋がります

「アプリ制作や仕事をするのはちょっとハードルが高い」
という方も多いと思います。

確かにプログラミングの仕事となるとかなり大変ですからね。アプリ制作も簡単ではありません。

一方、ブログやGitHubでのソースコード公開なら気軽にできます。

プログラムも単純なもので全く問題ありません。

「下手なコードだといろいろ嫌味なコメントされそう」
と思うかもしれませんが、みんなちゃんと読んでないから全然大丈夫です(笑)。

当サイトもそこそこPVがありますが、ほぼコメントはありません。間違っててもコメントがない場合がほとんど。たまに優しい方が間違いを指摘してくれるくらいです。仮に変なコメントが来ても基本無視ですね。

なので気にせず公開してOK。

あまり読まれてないのになぜ公開するかというと、「人に見られてる場所に書くからちゃんとしたコードを書こう」と思えるからです。(実際は読まれてないけど)

また、前述の通り優しい方が指摘してくれる場合があるので勉強にもなります。

ブログやGitHubはやってみると楽しいですし、勉強した内容の復習にもなるので仕事やアプリ制作はちょっとハードルが高いと感じる方は是非試してみてください。

趣味としてやる

いっそ趣味としてやるというのもあり。

趣味とすることは勉強時間を増やす方法というよりは「勉強時間を気にせず取り組む方法」ですが、長期的に見れば最も成長できる方法となります

具体的にどうするかというと、勉強なんか面倒なことは全部避けて「楽しいと思うことだけやる」です。

私も趣味として勉強したお陰で上達できました。

趣味としてやることで、以下のような流れができます。

楽しいと思えることだけやるので苦にならない

苦にならないのでプログラミングを書く時間が自然と増える

もっといろいろなものを作りたいと思う

勉強する

また、所詮趣味なので勉強しない日ができても全然OK。1日の時間が短くても長くても気にする必要はありません。

楽しいことだけやるので最初のうちは非常に効率が悪く、上達にも時間がかかります。が、「勉強する」段階まで乗っけることができれば上達スピードも徐々に上がっていきます。

「仕事もブログも面倒」
という方は趣味として始めるところからやってみてください。

プログラミングスクールに通う

「仕事もブログも趣味もなんか違うけど早期に習得したい」
という方はプログラミングスクールを検討してみるのもあり。

プログラミングスクールに通うメリットは以下の通り。

・お金をたくさん使ってしまったので勉強しないともったいないと思える
・講師やメンターが面倒を見てくれるのでモチベーションを保ちやすい

プログラミングスクールのデメリットはお金がかなりかかること。なので「どうしても短期で習得したい」という方以外は他の方法のがよいです。

また、プログラミングスクールは「勉強のサポートをしてくれるだけ」です。どれだけ上達するかは結局あなたの努力次第なので過度な期待をするのはやめましょう。

活用する場合、まずは無料体験から始めてみてください。

【超初心者ならおすすめ】テックアカデミーの無料体験を活用しよう

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

終わりに

今回はPythonの勉強時間について紹介しました。

他の言語が200~300時間であるのに対してPythonであれば100時間程度の勉強での習得も可能です。(時間は飽くまで私の経験に基づく見解なので参考程度に)

プログラミングは1つの言語を学べば他の言語にも応用できるので、他の言語の勉強を考えている方も学びやすいPythonから始めるのもありですね。

早期に100時間に到達するためには1日あたりの勉強時間を増やす必要があります。

今回は以下の方法を紹介しました。

・仕事をする・実際にアプリを作って配布・販売する
・ブログやGitHubにソースコードを公開する
・趣味としてやる
・プログラミングスクールに通う

やはり短期で成長したい場合は実際に作るのが最もおすすめですね。強制的に勉強時間が増えますし。アウトプットしたり趣味としてやるのもありです。

短期的には仕事やアプリ制作よりも成長は遅いですが、長期的に見れば仕事やアプリ制作よりもモチベーションは保ちやすいので、成長できる可能性があります。

今回紹介した内容も参考にしつつ、あなたにあった勉強方法を模索してみてください。

Pythonの勉強方法>>Python入門者のための100日勉強方法

こちらの記事も読まれています

ブログへのリクエスト・質問募集中

プログラミング・ITエンジニアに関するリクエスト・質問を募集中です。

ただし、個別の回答ではなく記事アップデートでの回答となりますのでご了承ください

「△△のテーマで書いて欲しい」、「〇〇について知りたい」、「□□で困っている」などなどプログラミングやITエンジニアに関する質問をご連絡ください。

リクエストや質問を具体的に書いて頂ければ、よりリクエストに沿った記事執筆が可能です。

下記「注意事項」を読んだ上でお問い合わせよりご連絡ください。

◆注意事項

  • 質問・リクエストに対する個別の回答・返信はしません。ご了承ください。
  • 記事執筆までに1ヶ月以上かかる場合もあります。
  • 本コンテンツは飽くまでリクエストであり、執筆を保証するものではありません。
  • 内容によっては執筆できない場合があります。その場合も特に連絡はしません。ご了承ください。
  • 各記事へのコメントも全て読んではいますが、お問い合わせからご連絡頂いた方の質問回答を優先します。
  • 緊急性の高い質問はご遠慮ください。
  • ITエンジニア・プログラミング・Pythonに関連した内容でお願いいたします。関連性のない質問・リクエストはご遠慮ください。
  • Python以外の言語の質問・リクエストは執筆優先度が低くなります。

よりよいコンテンツ制作のために支援頂けると幸いです。

  • この記事を書いた人

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-プログラミングの勉強法

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.