作業効率化

Slackのremindコマンドの日時指定方法まとめ

本記事ではSlackの機能の一つである「/remind」コマンドの日時指定方法について説明します。
「/remind」コマンドを使うと予定時間になった時にSlackのチャンネルに通知することが可能です。

繰り返し設定することも可能で、曜日指定や平日指定など細かく設定することができます。

本記事では以下の4つの方法について紹介します。

・一度だけリマインド通知する方法
・繰り返し(毎日・平日・曜日などを指定して)リマインド通知する方法
・リマインドの予定を確認する方法
・リマインドを削除する方法

Slackの/remindコマンドの日時指定方法

/remindコマンドでは毎日通知・平日通知・一度だけ通知など細かくリマインドを設定できます。
本章ではその方法について紹介します。

一度だけリマインド通知する方法

一度だけ通知したい場合は「チャンネル名」・「メッセージ」・「リマインド時間」の3つを指定します。

毎日通知する方法

毎日通知したい場合は「リマインド時間」を「12:00 everyday」のように指定します。

平日(月〜金)だけ通知する方法

平日(月〜金)だけ通知したい場合は「リマインド時間」を「16:45 every weekday」のように指定します。

/remind #channel 日報を書く 16:45 every weekday

毎週特定の曜日にだけ通知する方法

特定の曜日にだけ通知したい場合は「リマインド時間」を「10:00 every monday」のように指定します。

/remind #channel 今週の予定をチェック 10:00 every monday

リマインドの予定を確認する

/remind listで全てのリマインドの確認ができます。
リマインダーリスト

リマインドを削除する

/remind listで表示される「削除」をクリックすることで削除できます。

◆参考
Slack公式ドキュメント:リマインダーを設定する

関連記事>>Slackのリマインダー通知機能まとめ

Slackの機能まとめ>>Slack(すらっく)の機能と活用法まとめ

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

miyabikno

住んでいるところ:神奈川県。 SIer中小企業(C,VBA):8年(うち5年QA)。Web系ベンチャー(PHP,Javascript,Python):2年。フリーランス:2年。現在はブログをメインに活動しています。

-作業効率化
-

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.