Pythonプログラミングの勉強法

JetBrainsのAll Products Pack(全部乗せパック)を買ってみました

こんにちは、みやびのです。

今年はPython以外の言語を触ってみたかったのでJetBrainsのAll Products Pack(全部乗せパック)を購入してみました。

ちなみに通常個人購入の場合28,700円(税抜き)する商品ですが、私はPhpStormを3年以上使っていたので、最初から40%OFF(17,200円(税抜き))です。
やったぜ!

既にPhpStormの金額は払っていましたが、差額でOKのようです。
12,000円ほどの支払いでアップグレードできました。

JetBrainsのAll Products Pack(全部乗せパック)とは?

All Products PackはJetBrainsの全エディタを使うことができるパックです。
1製品10,300円のところを28,700円(税抜き)で全ての15製品全てを使うことができます。

また、年額は1年ごとに下がっていき3年目以降は40%OFFの17,200円までに下がります。

そしてAll Products Packを使っていた期間ではなくJetBrains製品を使っていた期間なので、例えばPyCharmの有料版を3年使っていれば最初から40%OFFで購入可能。

私もPhpStormを3年以上使っているので最初から40%OFFで購入できました。
PyCharmは今まではCommunity版を使っていましたが、今年からProfessional版にアップデート。

JetBrains製品安くなりましたね。
結構最近まで1ライセンスが28,700円(税抜き)だったのですが。

これでJetBrains製品使い放題。
JetBrains製品リスト

まあ、多分使うの4つくらいかな。
それでも年間17,200円は破格。

早速PyCharmをProfessional版にアップデートしてみました。

使用感やProfessional版の独自機能は今後ブログで紹介します。

ちなみにCommunity版(無料版)の使い方については「PyCharmの使い方まとめ」にまとめ中です。

製品と対応言語を一部紹介します。

CLion:C言語、C++
DataGrip:データベース
IntelliJ IDEA Ultimate:Java
PhpStorm:PHP
PyCharm:Python、Cython
ReSharper:Visual Studio拡張(C#、VB、C++)など
Rider:.NETのコード編集(C#、VB、C++)など
RubyMine:Ruby

※無料版があるのはPyCharmのみです。

どの製品もJavaScriptやCSS・HTMLに対応しています。

日本ではJetBrains製品を株式会社サムライズムが代理販売しています。
以下のページより購入が可能です。
JetBrains

ちなみに私は直接JetBrainsから購入しています。
何か意図がある訳ではなく間違えただけです(笑)。しかも買った時は円安だったのでちょっと割高。

今は直接購入してもサムライズムで購入しても値段は同じですが、JetBrainsから直接購入するメリットはないのでサムライズムから購入すればよいかなと思います。

いずれにせよ、最初はいきなり有料版を買わずに無料で使えるPyCharmのCommunity版を使うのがおすすめです。
1年目は1ライセンスでもめっちゃ高いですからね。

>>Community版のダウンロードはこちら

無料版ですが、初心者が勉強するには十分過ぎる機能が備わっています。
Community版で物足りなくなってきたら有料版の導入を考えてるのもありです。

Java用のエディタ「IntelliJ IDEA」もCommunity版があります。
IntelliJ IDEAのCommunity版ダウンロードはこちら

今後使ってみようと思う製品

今後使ってみようと思う製品は以下の4つです。

・PyCharm
・PhpStorm
・CLion
・Rider

PyCharm

Pythonに特化したエディタです。無料版でもかなり有用ですが、有料版になるとシンタックスハイライトがパワーアップしてHTMLやCSS・less・JavaScriptなどにも対応します。さらに使えるプラグインも増えるのでますます開発効率がアップ。

当サイトではPythonを扱っているのでガスガス活用していきたいと思います。また、有料版ではCython向けの機能も追加されたのでこちらも活用したいですね。

PhpStorm

PHP特化エディタです。HTMLやCSS・less・JavaScriptなどにも対応しています。
無料版はありません。

最近はWordPressいじる時くらいにしか使ってないですが、会社員の時はPHPをメインで使っていたので大変お世話になりました。

CLion

C言語及びC++対応のエディタです。
デバッグ機能で簡単にコンパイルからテストまでできるので初心者でもスムーズにプログラミングできそうですね。まあ、初心者にC言語はおすすめしませんが。

今のところ何を作るかは決まっていませんが、久々にC言語は勉強したいので積極活用しようかと思います。

Rider

Riderは.NETフレームワークをJetBrains環境で開発できるエディタです。
最初、ReSharperを使おうと思ったのですが、Riderの方がPyCharmなどと操作が近いのでこちらを活用することにしました。

Unity(C#)で何かゲームを作りたいと思っているので活用予定。

終わりに

プログラミングをする上でパソコンの次くらいに大事なのがエディタです。
エディタを使うかどうかで勉強の効率は全然違います。

JetBrainsの製品はかなり高機能のエディタであり勉強効率を大幅に上げてくれます。
是非活用してみてください。

サイムライズムの販売ページ>>JetBrains

まずは無料のPyCharm Community版を使うのがおすすめです。

>>Community版のダウンロードはこちら

Java用のエディタ「IntelliJ IDEA」もCommunity版があります。
IntelliJ IDEAのCommunity版ダウンロードはこちら

では、今日はこの辺で。

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

miyabikno

住んでいるところ:神奈川県。 SIer中小企業(C,VBA):8年(うち5年QA)。Web系ベンチャー(PHP,Javascript,Python):2年。フリーランス:2年。現在はブログをメインに活動しています。

-Pythonプログラミングの勉強法
-

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.