プログラミングが楽しくないと感じやすい人の5つの特徴と改善方法

本記事はプログラミングが楽しくないと感じる人の5つの特徴と改善方法について説明する記事です。
プログラミングを楽しくないと感じやすい人は以下のような特徴があります。

・基礎勉強から始めている
・難しいプログラミング言語を選んでいる
・難しい参考書を選んでいる
・結果を早く求め過ぎている
・目標がお金を稼ぐことである

プログラミングは習得に時間がかかる分野なので目標を持って気長に勉強していきましょう。

プログラミングの楽しくないと感じやすい人の5つの特徴

つまらない
繰り返しとなりますが、特徴は以下の5つです。

・基礎勉強から始めている
・難しいプログラミング言語を選んでいる
・難しい参考書を選んでいる
・結果を早く求め過ぎている
・目標がお金を稼ぐことである

基礎勉強から始めている

基礎勉強から始めると楽しさを感じにくいと思います。
プログラミングの実践に楽しさを感じても勉強でも楽しさを感じるとは限りません。逆も然り。
プログラミングの勉強だけでプログラミング=つまらないと感じて諦めてしまう人がたまにいますが、勿体無いです。
「プログラミングの勉強の楽しさ」と「プログラミングの実践の楽しさ」は違います。
プログラミングの実践を楽しさを感じたい場合は勉強よりも実践を優先するのがオススメです。

難しいプログラミング言語を選んでいる

プログラミングは最初の言語選びが予想以上に大事です。難しい言語を選ぶと全然作りたいものが作れません。プログラミングの楽しさを知る前に挫折する可能性が高くなります。
「仕事で使う言語だから」という理由で言語を選ぶのはやめた方が良いです。仕事で使う言語でなくても簡単な言語を選ぶのが良いです。
私が最初に触ったプログラミング言語はC言語でした。
C言語は難易度が高いプログラミング言語だったので習得にかなり苦戦した記憶があります。
しかし、難易度の低めのVBAで勉強を始めたら割とあっさり習得できましたし、「プログラミングって楽しい」って感じることができました。
以上のように言語を変えるだけでも結構勉強時間を短縮できたりします。

難しい参考書を選んでいる

言語と同様に参考書選びも大事です。
難しい参考書を選んでしまうと長文を書く途中で挫折したり全然動かせずに挫折したりして全く楽しさを味わうことができません。
私も最初はどういう参考書を買っていいかわからず難しい参考書を選んでしまいました。
結果最初の頃はプログラミングの実践がほとんど進まず楽しさをほとんど感じることができませんでした。

結果を早く求め過ぎている

ネット上の情報に振り回されて
「プログラミングは3ヶ月くらいで習得できる」
と考えている人が多いようなんですが、無理です。
3ヶ月だと必要最低限の知識や技術が身につくかどうかというレベル。勉強の方法や時間によって習得具合は前後はすると思いますが、好きにものを作れるレベルになるのは難しいと思います。
プログラミングの習得には時間がかかる分野です。自由に作れるようになるには数ヶ月から数年の時間を要します。
なかなか思ったようなプログラムが作れずにしんどいと感じる期間は長いです。

目標がお金を稼ぐことである

「プログラミングは稼げる」
という話を聞いて勉強を始めている方も多いと思います。
しかしプログラミングで稼げるようになるまでは結構時間がかかりますし、稼ぐための戦略も必要です。
お金だけを目標にしてしまうと挫折しやすいです。
「稼ぎたいからプログラミングを勉強する」
という考え自体を否定するつもりはないですが、プログラミングと同等以上に稼ぐ方法なら他にいくらでもあります。
プログラミング自体に興味がないなら他の方法を選んだ方が良いでしょう。
「プログラミングが楽しい」
「楽しいとまでは感じないけど勉強や実践は続けられそう」
という人であればプログラミングで稼ぐ方法もありだとは思います。

プログラミングを楽しむための改善方法

楽しい

実践から始めよう。基礎勉強は後回しでもOK

まずは実践から始めましょう。基礎勉強は後回しでもOKです。
イラストを学ぶ人に
「まずは自由にたくさん描いてみよう」
というのと同じです。イラストも基礎は大事ですが、基礎だけ学んでも練習を続けなければ上達しませんよね?
プログラミングも基礎も大事ですが、それ以上に実際にプログラムを作って動かしてみるのが大事です。
「実践から始めるのは難しそう」
と感じる方は多いかもしれませんが、プログラムを動かすことは全く難しくありません。
普段仕事や勉強・趣味などでパソコンを使っている人であれば誰でもできます。
関連記事>>プログラミング初心者は基礎勉強を後回しにしても良い話

簡単な言語や参考書から始めよう

簡単なプログラミング言語で始めましょう。
簡単なプログラミング言語は「プログラミング言語 簡単」でネット検索すれば見つかります。
どれがいいかわからないという人はPythonから始めるのがオススメです。
Pythonを学ぶメリットとしては、
・記述が他の言語と比較すると記述が簡単
・始めるのが簡単
・ライブラリが充実していてできることが多い
・スマホやタブレットでもプログラミングができる
などがあります。
詳しくは「初心者は難易度の低いPythonでプログラミングを始めよう」をお読みください。
Pythonの始め方については「Pythonプログラミングの始め方まとめ」にまとめています。

まずは自分のためにプログラムを作ろう

人のために作るのではなくまず自分のためにプログラムを作りましょう。
ただの自己満でも自分にしか役に立たないプログラムでもOKです。
バグだらけだろうがぐちゃぐちゃなコードだろうが誰からも文句を言われませんので楽しくプログラミングできます。
気が向いたらバグを直したりリファクターすればいいのです。
「プログラミングは基礎に沿ってきっちり書いた方が良い」
「初心者のうちから基礎を学んでおいた方が良い」
と考える方もいるでしょう。
確かにそうなんですが、ちゃんとしたプログラムが作れずに挫折するくらいならぐちゃぐちゃでもバグだらけでもいいから好きに作った方が良いです。
「プログラミングが楽しい」と思えるようになったら改めて基礎を学んでプログラムを整えて行きましょう。

お金以外の目標を作ろう

プログラミングで稼ぎたいという人であっても稼ぐことだけを目標にしてしまうと挫折しやすくなります。全然楽しくないですしね。
他の目標を見つけましょう。
作りたいプログラムを見つけて作るでもいいですし、仕事の役に立ちそうなプログラムを作るでも良いです。
「目標が見つからないけど稼ぎたい」という人は一つ上に立ち返って「プログラミングは稼ぐ手段として適切か?」というところを考えると良いと思います。
プログラミングと同等以上に稼ぐ手段なら他にいくらでもあるので、その中で
・自分が興味のあるもの
・お金以外の目標を持てそうなもの
を選ぶと良いでしょう。

終わりに

以下のような特徴を持っている人はプログラミングがつまらないと感じやすいです。

・基礎勉強から始めている
・難しいプログラミング言語を選んでいる
・難しい参考書を選んでいる
・結果を早く求め過ぎている
・目標がお金を稼ぐことである

勉強初期は言語選びや参考書選びに失敗したり、なかなかプログラムが動かなかったり挫折ポイントが多いですが、そこを抜ければ徐々に楽しさを感じられるようになってきます。
プログラミングは習得に時間がかかる分野なので目標を持って計画的に勉強と実践をしていきましょう。
プログラミングのスキルアップ方法のまとめTOP>>プログラミングのスキルアップ方法まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました