Pythonサンプルコード集

Python+slackerでファイルをSlackにアップロードする

本記事ではPython+slackerライブラリでファイルをSlackにアップロードする方法について紹介します。

具体的には以下の通り。

・Python+slackerでファイルをアップロードする方法
・Python+slackerでのファイルアップロード実装例と実行例

Python+slackerでファイルをアップロードする方法

SlackにファイルをアップロードするためにはAPIトークンの取得が必要ですのでまずはAPIトークンを取得します。

SlackAPIトークンの取得手順

手順は以下の通りです。

1.Slackのappページに移動
2.Hubotで検索
3.Hubotをインストールする
4.Hubotの詳細を開いてAPIトークンの欄を確認する

手順の4で確認したAPIトークンを実装の時に使用します。

詳細の方法については「SlackbotのAPIトークンを取得する(動画あり)〜Hubotのインストール〜」をお読みください。

slacker.files.upload()の使い方

slackerライブラリでファイルをアップロードする場合、「slacker.files.upload()」メソッドを使用します。

「slacker.files.upload()」メソッドの引数は以下の通りです。

content:ファイルの内容(引数「file_」を指定する場合は不要)
file_:投稿するファイル(引数「contentを指定する場合は不要)
channels:投稿するチャンネル名
title:投稿した時のタイトル(省略可)
initial_comment:投稿した時のメッセージ(省略可)
filename:ファイル名(引数「file_」を指定する場合は省略可)
thread_ts:既に存在するメッセージのタイムスタンプを指定する。そのメッセージに応答する形で投稿する

◆準備
まずはslackerライブラリをインストールします。

pip install slacker

◆slackerでのアップロード方法
インスタンス生成にはAPIトークンを指定します。

slacker = Slacker(token)

最低限のオプションとして「channels」と「file_」を指定すればアップロード可能です。

slacker.files.upload(file_=file, channels=channel)

SlackのAPIのfiles.uploadについてはSlackAPI公式ドキュメントもお読みだくさい。

Python+slackerでのファイルアップロード実装例と実行例

Python+slackerでファイルをアップロードする場合の実装例と実行例について紹介します。最低限のオプションとしてチャンネルとファイルを指定すればアップロード可能です。

◆実行例
画像のアップロード

以上、slackerでファイルをアップロードする方法でした。

関連記事>>PythonでSlackからファイルをダウンロードする
関連記事>>SlackbotでファイルをSlackにアップロードする〜PythonでのBot開発〜

Pythonでできること・勉強方法まとめ

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-Pythonサンプルコード集

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.