WordPressにPHPを埋め込みできるプラグイン「Insert PHP Code Snippet」

「WordPressで同じPHPの処理をいろいろな場所で使いたい」というケースを解決するための記事です。

今回紹介する「Insert PHP Code Snippet」というプラグインはPHPの処理を部品として保存することができます。
保存したPHPのコードは記事にショートコードを貼り付けるだけで簡単にWordPressに埋め込むことができます。

長く複雑なPHPコードを埋め込みたい場合でも「Insert PHP Code Snippet」であれば、ショートコード1行を貼り付けるだけなので記事の邪魔になりません。

「Insert PHP Code Snippet」を使えば長いPHPコードをコピーして記事に貼り付ける手間を大幅に削減することができます。

関連記事>>SEブロガーにオススメのWordPressプラグイン

「Insert PHP Code Snippet」のメリット

メリット
「Insert PHP Code Snippet」の主なメリットとしては、

  • ショートコードを1行書けばPHPを再現できる
  • 一箇所直せば全ての記事を修正できる

があります。

ショートコードを1行書けばPHPを再現できる

ショートコードを1行書けばどんなに長いPHPのコードであっても再現することができます。

「Insert PHP Code Snippet」を用いない場合は長いPHPコードをコピーして貼り付ける必要があるため、コピーが面倒な上に何行も記事にPHPが書き込まれるので編集画面の視認性も悪いです。

「Insert PHP Code Snippet」があれば1行で再現できるのでコピーも楽で、編集画面の視認性も上がります。

一箇所直せば全ての記事を修正可能

「Insert PHP Code Snippet」ではPHPの処理単位でコードを保存することができます。

保存したコードを直せばショートコードを貼り付けている全ての記事に即座に反映されるので何箇所も修正する必要がありません。

「Insert PHP Code Snippet」のインストール手順

他のプラグインと同様プラグインの「新規追加」からインストール可能です。

1.プラグインのページを開きます

2.新規追加をクリックします

3.「Insert PHP Code Snippet」で検索します

4.「Insert PHP Code Snippet」をインストールします

5.プラグインを有効化します

WordPressにPHPのコードを埋め込む方法

メソッド
「XYZ PHP Code」に任意のPHPコードを記述することでショートコードを生成できます。
生成したショートコードを記事やウィジェットなどに貼り付けることでPHPコードを再現できます。

1.WordPressメニューの「XYZ PHP Code」をクリックします

2.「Add New PHP Code Snippet」をクリックします

3.タイトルとPHPコードを入力します
タイトルとPHPコードを入力

4.「Create」をクリックします

5.作成したコードの[Snippet Short Code]をコピーします
作成したコードの[Snippet Short Code]をコピー

6.コピーしたコードを記事に貼り付けます

まとめ

同じPHPのコードを複数の記事やコンテンツで使いたいという場合もあると思います。

短いコードなら問題ないと思いますが、長いPHPコードを記事に貼り付けるとコピーも面倒で編集画面も見にくくなります。
また、間違いに気づいた場合は全ての記事を直す必要があるので非常に手間がかかります。

「Insert PHP Code Snippet」なら記事の邪魔にもなりませんし、修正する時も一箇所を直せば全ての記事に即座に反映されます。

プラグインを有効に活用してブログ運営の効率化を目指しましょう。

関連記事>>SEブロガーにオススメのWordPressプラグイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました