IT業界とITエンジニア

ITエンジニアとして最初の実績を作る方法

こんにちは、みやびのです。
ITエンジニアを10年ほど勤めてきました。

今回は、「ITエンジニアとして最初の実績を作る方法」というテーマでお話します。

ITエンジニアに目指す上で最も重要なものがいかに最初の実績を作るかです
実績が何もない状態だと仕事を発注してもらえる可能性も低くなりますし、単価の交渉も難しくなります。

逆に実績があればその後の仕事も受注しやすくなります。

まずは1つずつ小さな実績を積み上げていきましょう。

ITエンジニアとして最初の実績を作る4つの方法

レポート
ITエンジニアとして最初の実績を作る方法は以下の通り。

・IT企業に就職する
・副業から始める
・アプリを作る
・ブログで技術記事を書く

本格的にITエンジニアとして活動しないならIT企業に就職することが最もおすすめな方法です。
よりリスクを減らしたいなら副業やアプリ制作・ブログなどから始めましょう。

IT企業に就職する

最も簡単な方法がIT企業に就職してしまうことです

ITエンジニアとして実績を積めることに加えて、プログラミングを勉強しなければならない環境に身をおけるのでスキルも伸ばせます。

プログラミングだけではなく「プロジェクト管理」や「システムの開発工程」などプログラミング開発に必要な様々な知識やノウハウを学ぶことが可能です。

IT企業ではITエンジニアとして活動するための多くの知識を得ることができます。

20代であれば未経験であっても雇ってもらえる可能性はありますが、30代以上だと未経験で就職するのは難しいです。

なので30代以上の場合はいきなりITエンジニアになるのではなく、まずは現職のままIT企業に転職しましょう。

関連記事>>IT業界に入るために必要なこととは?

副業から始める

いきなり転職したりするのは難しいという方も多いと思います。

転職が難しい方は副業から始めましょう

副業であれば失敗しても本業の収入があるのでリスクはかなり低くできます。

いきなり企業へ営業するのは難しいので、クラウドソーシングを活用したり友人や親せきから仕事を受注したりするのがおすすめです。

最初の仕事は無料または安い料金で請け負いましょう。実績もない人間が高単価で受注するのは無理があります。

慣れてきたら徐々に単価を上げていきましょう。

アプリを作る

自作のアプリを作って公開する方法もあります。

自分の実力をストレートに示すことができるのでプログラミングの勉強がある程度進んでいるという方は挑戦するのもありです。

最初は簡単なものでも問題ありませんが、勉強した成果を見せるためにも定期的にアップデートしましょう。

ポートフォリオとしてだけ公開するのもありですが、できればWebサービスとして公開したりストアに出品したりした方がよいです

ユーザーからのフィードバックがあれば非常に勉強になります。

実績を示す方法としてはかなり有効な方法ですが、簡単なアプリであっても作るのに時間がかかるのが難点です。

ブログで技術記事を書く

実績を作る方法は仕事をしたりアプリを作るだけではありません。

ブログなどで技術的な情報を発信する方法もあります
当ブログも技術的な情報を発信しているブログです。

技術記事を書き続けていれば読者も増えていき、読者の中から仕事をしてくれる人も出てきます。

ブログだけでなくTwitterやFacebookなどのSNSを活用するのもありです。
ただし、この方法は非常に時間がかかります。

当ブログの場合最初の問い合わせがあるまで1年以上かかりました。また、確実に問い合わせが来るかもわかりません。

なので他の方法も併用しつつ気長にやりましょう。

ITエンジニアになるために実績が重要となる理由

Why
実績が重要となる理由は以下の通りです。

・実績がない人は誰も雇いたいと思わない
・実績を見れば自分の実力がわかる
・実績は自信になる

実績がない人は誰も雇いたいと思わない

実績がない人を企業は雇いたと思いません。

雇う側の立場になればわかりますが、重要な仕事を実績も何もない人間に任せるのはリスクが高過ぎます。

途中で仕事を投げ出すのではないか
納期に間に合わないのではないか
などなど、不安要素は尽きません。

実際、途中で投げ出すならまだマシな方で音信不通となってしまうケースもあるようです。

もちろん最後までやり遂げる方が大半だと思いますが、「実績0ということは信用も0」ということを理解しておきましょう。

実績を見れば自分の実力がわかる

実績は他人から評価するだけのものではありません。
あなた自身が自分を評価するための材料にもなります

実績を見ることで自分の実力を定量的に図ることができます。

仕事をしていく上で自分の実力を知ることは非常に重要です。自信過剰になって無茶な仕事を請け負うことも少なくなりますし、価格交渉もしやすくなります。

営業して仕事を受注することを考えている場合は自分の実力がわからないと話にならないので、実績を通して自分の実力を把握しましょう。

実績は自信になる

実績が少ないうちは成功体験も少ないので仕事に自信を持つのが難しいです。
結果、営業も自信がなくなってしまうので受注にもつながりにくくなります。

自信過剰になり過ぎるのも問題ですが、自分に全く自信を持てないにも問題です。

実績を見直せば「自分がどれだけのことをやってきたのか」ということが数値として見えるので、自信につながります。

自信をつけるためにも実績が積みあがってきたら定期的に見直すことが大切です。

終わりに

今回は「最初の実績を作る方法」というテーマで以下の4点について紹介しました。

・IT企業に就職する
・副業から始める
・アプリを作る
・ブログで技術記事を書く

ITエンジニアに限った話ではありませんが、実績がなければなかなか仕事は受注できません。
最初の実績をどう積むかが大切です。

最初の実績が最もハードルが高いですが、1つ実績を作ってしまえば次の仕事も取りやすくなります。

まずは友人から無料で請け負うでもいいですし、簡単な作業でもOKです。
1つ小さな実績を作りましょう。

IT業界に入るための知識まとめ>>IT業界に入るための基礎知識まとめ

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-IT業界とITエンジニア

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.