IT業界とITエンジニア

IT業界に入るための基礎知識まとめ

IT業界に入るための基礎知識についてまとめている記事です。
ITエンジニアになる方法に加えてそれ以外の職種でIT業界に入る方法も紹介します。

IT業界は現在伸びている業界なので目指そうと考えている方も多いと思います。
本記事では、IT業界に関する様々な知識をまとめているので目指す際の参考にしてください。

IT業界を目指す前に知っておいて欲しいこと

IT業界に入る前に知っておいて欲しいことについてまとめています。IT業界を目指している方の中には何も考えずにプログラミングを勉強している方が多いです。

勉強も大事ですが、まずはIT業界について知ることから始めましょう。

IT業界の役割

IT業界の役割は「コンピュータを始めとした情報処理の技術を活用して顧客の抱えている課題を解決すること」です。

例えばATMは「人件費を削減する」と考えている銀行の課題を解決できます。同時に忙しいので「短時間でお金を降ろしたい」とか「銀行の閉まっている土日にも降ろしたい」と思っている預金者の課題も解決できますね。

上記のATMのように顧客の課題を解決するために最も大事なことはなんだと思いますか?
プログラミングではありません。

もちろんプログラミングがないとシステムは組めないので必要ではあるんですが。

IT業界において最も大切なことはプログラミングのプロフェッショナルであると共にシステムの顧客となる業界のプロフェッショナルであることです。

例えば上記のATMシステムを開発している企業の場合は銀行やお金のプロフェッショナルでなければなりません。
ただし、必ずしも個人で両方を満たす必要はなくチームに銀行やお金のプロフェッショナルがいればOKです。もちろんある程度は銀行やお金について勉強すべきですが。

現職ITエンジニアの方でも勘違いしている方がおり、「俺は技術者なんだから技術だけ学べばいいんだよ」という人が多いです。

しかし、ITエンジニアは趣味でプログラミングを書いている訳ではありません。お金をもらって働いているプロです。なので顧客の業界について勉強し、抱えている問題について考えるのは当然の義務。

顧客を無視したプログラミングをすればいつか痛い目を見ます。

かくいう私も「技術だけ学んでいればいい」と考えてしまっていた時期があり、何度も痛い目を見てきました。

技術は大事ですが、それ以上に顧客について理解することが大事です。
IT業界について学ぶとともに、入りたい企業が「どんな業界を顧客としているのか?」についても学ぶようにしましょう。

IT業界を目指すには?プログラミングは必要?

「IT業界目指すならプログラミング勉強しとけばいいんでしょ?」
と考えている人が多いのですが、全く必要ありません。もっと言うとITエンジニアになる場合でもプログラミングの勉強はいらないです。

プログラミングが書けるに越したことはないんですが、それ以上にこれまであなたが積み上げてきた実績や経験を活かすことが大事です。

プログラミングを勉強しても実務経験者には勝てません。しかし、あなたが積み上げてきた実績や経験を活用すれば実務経験者にも十分勝てます。

もちろん自分に足りないと感じることについて勉強をする姿勢は大事です。が、まずは自分の手持ちのカードで勝負することを考えましょう。

IT業界に入るために必要なこととは?

IT業界と人材不足

IT業界の深刻な人材不足を抱えているのは事実です。
IT業界が抱えている人材不足には以下の2種類あります。

・高度な人材の不足
・中小企業や地方企業が抱えている慢性的な人材不足

1つ目は主に大企業などが抱えている高度な人材の不足です。AIなど高度な知識が必要な技術を持ったエンジニアが不足しており、日本は世界から比べてIT分野でかなり出遅れています。

ちなみに初級~中級のエンジニアは腐るほどいます。仕事がなくて困っている人も多いです。

2つ目は中小企業や地方企業が抱えている慢性的な人材不足です。これは現在問題になっている高度な人材の不足とは特に関係なく、中小企業や地方企業が何十年も前から抱えている問題です。

ネットだとごっちゃにして説明している人が多いので注意しましょう。

未経験者がいきなり高度な人材を目指そうとしてもなかなか厳しいものがあるので、まずは地方企業や中小企業を目指す方がよいです。

IT業界の人材不足の実情と未経験者が目指すべき企業

情報処理の勉強方法

ITエンジニアになるにせよ、他の職種で入るにせよIT業界に入るのであれば情報処理について学んでおくことが大切です。

幸い情報処理を学ぶにはうってつけの「情報処理技術者試験」という国家資格があるので参考書を買って勉強しましょう。まずは、ITパスポートか基本情報技術者を取得するのがおすすめです。

ITパスポートの試験対策まとめ
基本情報技術者(FE)の対策まとめ

テレワーク

テレワークのための情報セキュリティ対策まとめ
テレワークにおすすめのサービス・アプリ6選

ITエンジニアになるには?

ITエンジニアになりたいという方は多いと思います。
やはりプログラミングを勉強してしまう方が多いのですが、必ずしも必要なわけではないです。

まずはITエンジニアがどんな仕事か知り、将来を設計しましょう。

ITエンジニアとは?

ITエンジニアはITに関する技術を持った仕事全般を指します。
その仕事は多岐に渡り、顧客と対話するコンサルティングや営業のような仕事からシステム設計・開発・テストなど技術的なものまであります。

最も個人でいくつもの仕事をこなすことは少なく基本的にチームによる分業です。開発も営業もやる人はほとんどいません。

基本的にチームプレイなのでコミュニケーションは必須です。でも苦手な人が多いこと

最近はいくらかマシになりましたが、残業が多い業界です。休日出勤もよくあります。そしてプロジェクトは高い確率で炎上するめっさしんどい職業です。

IT業界に入るだけならITエンジニアになる必要はありません。
もの作りが好きとか製品を愛しているとかでない人は本当にITエンジニアになりたいかよく考えてみてください。

ITエンジニアを目指している人に伝えたいこと
ITエンジニアは激務ですか?という問いに対する答え

ITエンジニアにプログラミングは必要なのか?

「ITエンジニア=プログラミングが仕事」と考えている方が多いですが、必ずしもプログラムを書く訳ではないです。

例えば私が5年間所属していたQAでは一切プログラムを書きません。(個人的には書いていましたが)

というかQAなどプログラムを書かない部署にいる人はITエンジニアなのに全くプログラミングができない人も多いです。

なので「ITエンジニアになりたいからプログラミングを勉強する」という考え方は根本的に間違っています。プログラムを書く部署に入るにしても入社してから勉強すればOKです。

もちろん入社前に勉強しておくことに越したことはありません。選考の時に勉強している姿勢を見せることは大事ですし。ただ、何も考えずにプログラミングを勉強しているのはダメです。

未経験からの転職

20代であれば未経験でも雇ってくれる会社も多いので入りやすいです。
30代以降は転職が厳しくなるので時間をかけて根気よく続ける必要があります。

体力と精神力がめっちゃいる仕事なので30代以降で目指すなら以下のどちらかが必要です。

・20代ばりに働ける体力と精神力
・長期的な視点

20代ばりに体力のある人ならいきなり挑戦するのもありですが、給料も20代並みになる可能性も考慮しましょう。

体力がないけどどうしてもITエンジニアになりたい方は長期的に考えることが大事です。IT業界に現在の職種のまま入り、3~5年くらい勉強して異動や独立を狙いましょう。

また、既に結婚されている方はご家族の協力が必要です。一人で決めずにきちんと話し合いましょう。

30歳でもITエンジニアになれますか?という問いに対する答え
未経験からフリーランスITエンジニアになるのはありですか?
「再現性がある」と「あなたが再現できるか」は別という話

コンピュータの勉強

ITエンジニアとなった後にどんな仕事をするにせよコンピュータの知識は必須です。
ITエンジニアを名乗っているのにコンピュータの知識がないのは流石にNG。

コンピュータの基礎知識は情報処理試験の参考書で学べるのでまずはITパスポートか基本情報技術者から始めましょう。

ITパスポートの試験対策まとめ
基本情報技術者(FE)の対策まとめ

ITエンジニアのためのコンピュータの基礎知識まとめ
ITエンジニアがkindle unlimitedを活用する5つのメリット

プログラミングの勉強方法

プログラミングは入社後の勉強でもOKです。入社前にやっておくに越したことはないですが、数ヶ月の勉強では大してスキルが伸びないのでどちらかというと「選考に通るために勉強の姿勢を見せる」という目的のための勉強になります。

受験のための勉強みたいで嫌かもしれませんが、事前の勉強なんて「やる気があることを見せる」くらいの効果しかありません。

むしろ仕事を始めてからの継続的な勉強が大事です。

仕事で使う言語から勉強する方が多いかもしれませんが、あまりおすすめしません。
私は仕事で使うという理由でC言語から始めましたが玉砕しました。

まずは簡単な言語から始めてプログラミングの基本を理解しましょう。

Mac・Windowsでできるプログラミングの始め方まとめ

初心者が始めるならPythonが特におすすめです。

Pythonプログラミングの始め方まとめ
PythonにおすすめのノートPC4選+パソコンの選び方

作業効率化

ITエンジニアの残業はなぜなくならないのか?〜原因と対策〜
作業の細分化の方法
作業を細分化するメリット〜複雑な作業は細分化しよう〜
無駄な作業を減らす6つの手順
隙間時間の作り方〜やりたいことをやる時間を捻出しよう〜
高い目標を越えるためには小さな目標を繰り返そう
実践したらアウトプットしよう

タイピングスキル

タイピングを上達させたいならパソコンを使った趣味を見つけよう
タイピングが遅い人のための7つの改善方法

IT業界とツール活用

IT業界で活用されているツールについて紹介します。

IT業界は時短が非常に大事なので、ツールを使いこなして作業の効率化を目指しましょう。

Slack

Slackは開発者色の強いチャットツールです。チャンネルという単位で用途に合わせたチャットスペースを作ることができます。

連携できるアプリもあり、RSSの配信もできるので個人で使うのもおすすめです。

Slack(すらっく)の機能と活用法まとめ

Slackのスレッドを活用してアウトプットする

Googleカレンダー

名前の通りGoogleの展開しているカレンダーです。Googleアカウントに登録すれば無料で使うことができます。

Googleカレンダーを使いこなす方法まとめ

Todoist

TodoistはTodoリストに特化したタスク管理ツールです。簡単な操作でTodoリストを作ることができます。

個人でタスク管理したい場合におすすめのツールです。
Todoist活用方法まとめ

Trello

Trelloはカードという単位でタスク管理ができるツールです。チェックリストやコメントなど多機能なのが特徴。

チームでタスク管理する場合に特におすすめのツールです。
Trelloのオススメ活用方法まとめ

PyCharm

PyCharmはPythonに特化したプログラミングエディタです。検索やテキスト補完など機能が非常に多く、Gitなどバージョン管理にも対応しています。

Community版は無料で使えます。
PyCharmの使い方まとめ

その他

target="_blank">Windowsの画面をキャプチャーする方法
Windowsで使える画像加工ソフトGIMP2

おすすめ記事>>年収が変わる瞬間とは?IT企業に10年務めた経験を元に考察
おすすめ記事>>ITエンジニアのキャリアを最大限に活かせる転職エージェントとは?

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

miyabikno

住んでいるところ:神奈川県。 SIer中小企業(C,VBA):8年(うち5年QA)。Web系ベンチャー(PHP,Javascript,Python):2年。フリーランス:2年。現在はブログをメインに活動しています。

-IT業界とITエンジニア

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.