作業効率化

SlackとGoogleカレンダーを連携しよう

本記事は、SlackとGoogleカレンダーの連携して予定を配信する方法を説明するものです。

SlackとGoogleカレンダーを活用している人や、どちらかを活用している人は連携して機能を拡張することをおすすめします。

SlackとGoogleカレンダーと組み合わせることでスケジュール・タスク管理の向上に繋がるためです。

手順は非常に簡単でSlackやGoogleカレンダーが登録済みなら1分程度で連携できます
是非試してみてください。

Googleカレンダーの導入方法は「Googleカレンダーの使い方」をお読みください。
Slackの導入方法は「Slackを始める方法と機能について」をお読みください。

▼家で映画が見放題!▼

SlackとGoogleカレンダーを連携する手順

SlackとGoogleカレンダーを連携する手順は以下の通りです。

1.ワークスペースのappsディレクトリに移動します
https://xxxxxxx.slack.com/apps

2.Googleカレンダーで検索します
Googleカレンダーで検索する

3.ページが開いたら連携ボタンをクリックします
連携ボタンをクリックします

4.Googleアカウントを選択します
5.許可ボタンをクリックします
6.カレンダーとチャンネルを選択して「インテグレーションの保存」をクリックします
インテグレーションの保存

これで連携は完了です。
Googleカレンダーの設定は不要です。いつも通りに予定を入れるだけでSlackに通知されるようになります。

◆予定のリマインド通知
予定が近づくとSlackにリマインダーが投稿されます。
リマインド通知の設定

関連記事>>Slackで予定をリマインダー通知する方法
関連記事>>SlackのRSS機能を活用してブログ記事や天気予報を定期購読する

SlackとGoogleカレンダーの連携情報の設定

デフォルトの連携設定だと全ての項目にチェックがつけられているため、予定の作成や変更が行われるたびに通知されます。

チェックが多いと通知も多くなるため非常に煩わしいです。

設定を変更して必要ないもののチェックは外しておきましょう。

通知設定の種類

通知の設定には「イベントリマインダー」、「カレンダーの更新」、「カレンダーの概要」の3つがあります。

◆イベントリマインダー
予定が近づいた時にSlackに通知する設定です

「リマインダーを投稿する」をチェックすると予定が近づいてきた時にリマインドをSlackに通知します。

時間は細かく指定できませんが、「開始時」、「1分前」、「10分前」、「30分前」、「1時間前」、「1日前」など幅広い選択肢があります。

「終日リマインダーの投稿」にチェックをつけた場合指定した時刻になった時に予定を通知します。

◆カレンダーの更新
イベントが作成された時や更新された時・キャンセルされた時に通知する設定です。

予定の変更については他の手段で連絡した方が有効な場合も多いため、全てのチェックをOFFにすることをおすすめします。

◆カレンダーの概要
今日の予定や今週の予定を一覧表示する設定です。チェックをONにしていると指定した日時になった時に予定を表示します。

仕事を始める前にその日の1日の予定をチェックすることができるので非常に便利です。

通知設定の変更方法

通知設定の変更方法は以下の通りです。

1.ワークスペースの管理ページへ移動してGoogleカレンダーのアイコンをクリックします
https://xxxxxxxx.slack.com/apps/manage

または、ワークスペースの「/services/gcalendar」のURLを入力することで直接ページに飛ぶことができます。
https://xxxxxxxx.slack.com/services/gcalendar

2.変更したい設定をクリックします
変更の設定をクリック

3.設定を行います
設定を変更する1
設定を変更する2

4.「インテグレーションの保存」をクリックします

以上で内容を変更できます。

Googleカレンダーに予定追加する方法

カレンダー
Googleカレンダーに予定を追加するだけでSlackに配信できるようになります。

1.Googleカレンダーを開きます
2.Slackとの連携の時に登録したカレンダーを選択します
3.日時を選んで予定を追加します

まとめ

今回はSlackとGoogleカレンダーの連携方法について紹介しました。
手順は以下の通り非常に簡単です。

1.ワークスペースのappsディレクトリに移動
2.Googleカレンダーで検索
3.ページが開いたら連携ボタンをクリック
4.Googleアカウントを選択
5.許可ボタンをクリック
6.カレンダーとチャンネルを選択して「インテグレーションの保存」をクリック

SlackとGoogleカレンダーが登録済みなら1分くらいでできるので是非試してみてください。

Slack・Googleカレンダー共に優秀なツールですが、単体では使いにくい点や欠点もあります。

しかし、単体で使いにくいからといってすぐに他のツールに乗り換えるのはおすすめしません。

連携やAPIなどの拡張機能で解決できないか考えるようにしましょう。

Slack活用方法まとめTOP>>Slackの活用方法まとめ
Google機能まとめTOP>>Googleの機能活用方法まとめ

今回の連携だけでは、SlackからGoogleカレンダーに予定を追加できません。

SlackからGoogleカレンダーに予定を追加する方法については「Slack×Todoist×Googleカレンダーサイクルタスク管理〜タスクツールの運用例〜」をお読みください。

▼家で映画が見放題!▼

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

みやびの

住んでいるところ:神奈川県。 プログラミング歴は13年ほど。 ※プログラミングに関する無料相談・質問への回答は行っていません。

-作業効率化
-,

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.