IT業界とITエンジニア

IT業界に入るために必要なこととは?

「IT業界に入ろうと思うけど具体的にどんなスキルや知識があればいいの?」
という疑問に答えます。

こんにちは、みやびのです。
IT業界に入りかれこれ12年経ちました。

「IT業界に入るならプログラミングを勉強すればいいんでしょ?」
と考えている人ばかりで、なんだかなあと思う日々を過ごしております。

IT業界に入るだけならプログラミングは不要です。
もっと言うと例えITエンジニアになる場合であっても必ずしもプログラミングは必要ありません。

現に私はITエンジニアでしたが5年ほど本業ではプログラミングを書かない期間がありました。(自主的には書いていましたが。)

プログラミングをスキルとして身につけたいなら勉強すべきですが、IT業界に入りたいだけであれば別のスキルや知識を活用する方法もあります。

思考停止せずに自分の頭で考えましょう。
本記事では、具体的にどんなスキルや知識が役に立つかについて、一例を紹介します。

本記事の内容は以下の通り。

・あなたはなぜIT業界に入るためにプログラミングを勉強しているのか?
・IT業界に入るために必要なこととは?

あなたはなぜIT業界に入るためにプログラミングを勉強しているのか?

Why
「プログラミングを仕事にしたい」とか「プログラミングスキルを身につけたい」という方であれば確かにプログラミングを勉強すべきです。

しかし、どうも今の業界に不安を感じているから伸びているIT業界に移動したいだけの方が多いようですね。

だったらプログラミングなんて勉強しなくてもよくないですか?

プログラミングを勉強せずにIT業界に入る方法はたくさんある

IT業界に入るならどっち
ITエンジニアでなくても営業とか事務などIT企業に入り込む手段なんていくらでもあります。プログラミングを勉強する必要なんて全くありません。

目的に対する方法を見誤っていませんか?

プログラミングを勉強したい場合であっても、事務職として入社後に積極的にITエンジニアとコミュニケーションを取れば「どんな苦労がある」とか、「どうやって勉強しているのか」とか現役エンジニアの生の声が聞けます。

ネットなんかで調べるよりも遥かに有益な情報が得られるのでITエンジニアにあなたが向いているかを調べるのも簡単です。

そして事務や営業であればITエンジニアになった場合よりも早く帰れるので勉強の時間もたくさん取れます。

ITエンジニアになった後も勉強を続けられますか?

ITエンジニアになりたい場合はなる前の勉強よりもなった後の勉強の方が大事です。
2、3ヶ月で勉強できる内容なんてたかが知れているので、長期的に見れば入社してから勉強してもそんなに変わりません。

もちろん事前に勉強しておけば入社後多少はスムーズになりますし、勉強している姿勢をアピールした方が選考は通りやすいので、勉強しておいた方がいいのは確かです。

が、勉強ばかりして転職活動を後回しにしていたら本末転倒。まずは転職活動をしましょう。

ただし、入社してからは全力で勉強が必要です。時間があればコードやドキュメントを読みましょう。家でも参考書を読み漁りましょう。

未経験で入るということはかなりでかいハンディキャップを負うので同年代に全力で追いつく必要があります。

20代前半なら寛容な企業が多いですが、20代後半以降は「私は初心者だから」なんて言い訳は許されません。

役に立たないなら給料泥棒と言われますし、ミスすれば怒鳴られます。(会社や上司によりますが。)

1年でも2年でも3年でも全力で勉強する情熱と覚悟がないならやめた方がよいです。

そんな大変な苦労をするよりも自分の得意な職種でIT業界に入りませんか?
プログラミングは自分のペースでゆるく学んだ方がはるかに楽しいです。

IT業界に入るために必要なこととは?

AB
IT業界と一言で言ってもWebやアプリ開発をしている会社から基幹システムを開発している会社まで大小様々な会社があります。
また、自社製品を作っている会社もあれば、請負のみで自社製品を一切持たない会社もあります。

会社によって必要とするスキルが全く異なるので自分がどんな会社に入るべきか考えることが大事です。
会社を選ぶ基準は「得意」と「興味」の2つ。

得意分野から会社を選ぶ

まずは得意分野から選ぶのがおすすめです。
例えば営業が得意な人であれば、以下のように営業を活かせる仕事を選びます。

・営業システムを開発している会社に入る
・営業職として就職する

「私は営業成績はめちゃくちゃ悪い」
とか気にする必要はありません。

会社にアポとって会いに行くだけでも人によっては結構勇気がいります。電話対応ができない人も多いです。私もアポ取りや電話対応はかなり苦手。

アポ取れるだけ素晴らしいですし、電話対応がスムーズにできるだけでもすごいです。
実務の成績とかは気にする必要はないので自信をもって臨みましょう。

「私は得意分野なんてない」
と思うかもしれませんが、人より少しでもできることがあればそれは立派な得意分野です。

あまり難しく考えずに人より長くやっているものや少しでも知識があるものがないか探してみましょう。

興味のある分野から選ぶ

得意分野が思い浮かばないという方は興味のある分野を選びましょう。
興味のある分野なら自主的に勉強しやすいですよね。

もちろん今現在の知識で面接に突っ込んでも玉砕するだけなので興味を持った分野について勉強しましょう。
まずは、人より少し詳しいくらいを目指せばOKです。

勉強したら、興味のある分野に近い開発を行っている会社を探します。
スキルが必要な仕事はなかなか難しいですが、以下の2つの職種であれば就職できる可能性があります。

営業職:未経験者でも比較的就職しやすいです。どんな仕事をする場合でも必須スキルでプログラミングなんかより遥かに役立ちます。ただし、超肉体労働で精神力もめっちゃ必要。
事務職:パソコンと電話を使えればOK。会計もできればなおよし。

上記2つの職種のメリットはITエンジニアと接する機会も多いということです。なので積極的にコミュニケーションを取れば多くのITやプログラミングの知識を学ぶことができます。

ITエンジニアとのコミュニケーションは自社製品の理解にもつながるので積極的に行いましょう。

大企業ならそれなりのスキルが必要ですが、ベンチャー企業は営業や事務が不足している場合が多いので狙い目。

私がベンチャー企業にいた頃は、前職接客業から営業として入社した30代の女性がいました。

転職サイト・転職エージェントだと実務経験者がライバルになるので、なかなか決まらない場合は直接応募や知り合いの紹介で入ることも考えましょう。

終わりに

「IT業界ならITエンジニア。ITエンジニアならプログラミング」
という単純な図式を思い描いている人が多いですが、IT業界に入るだけならプログラミングを勉強する必要は全くありません。

もちろんプログラミングは素晴らしい技術なのでいろんな人に学んで欲しいとは思っています。学びたい人は是非勉強してください。

まずは自分の得意分野や興味のある分野からIT業界に入ることを考えましょう。
会社に入ってしまえばいろいろな知識を学びやすいですし、頑張って勉強してITエンジニア職に異動を狙う方法もあります。

ITエンジニアという職種にこだわらずにあらゆる方法を検討しましょう。

関連記事>>IT業界の人材不足の実情と未経験者が目指すべき企業
関連記事>>エンジニアを目指している人に伝えたいこと

IT業界を目指すならITパスポートの勉強がおすすめです。
ITパスポートの試験対策まとめ

IT業界の基礎知識まとめ>>IT業界に入るための基礎知識まとめ

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
miyabikno

miyabikno

住んでいるところ:神奈川県。 SIer中小企業(C,VBA):8年(うち5年QA)。Web系ベンチャー(PHP,Javascript,Python):2年。フリーランス:2年。現在はブログをメインに活動しています。

-IT業界とITエンジニア

Copyright© みやびのどっとぴーわい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.