システムエンジニアが仕事で成功するための5W1H思考

文章をまとめる時や課題を解決する時に5W1Hが大事という話はよく聞くと思います。
5W1Hには説明に説得力を持たせたり、意図を伝えやすくしたりなど様々な効果があります。

「When(いつ)」、「Who(だれが)」、「Where(どこで)」など単純な言葉からアプローチをかけていくため、子供の作文から大人の提案書まで様々な場面で活用できるフレームワークです。
もちろんSE(システムエンジニア)の仕事でも活用できます。

5W1Hはシンプルな思考をする上で非常に有用なツールですが、うまく使いこなせていない方も多いでしょう。
私自身もあまり活用できていません。

ということで(私自身の勉強も含めて)今回は5W1Hをより活用について記載していきます。

5W1Hとは?

5W1H
5W1Hは、文章や説明を組み立てる為のツールです。学校や職場で何度かは聞いたことがあると思います。
「When(いつ)」、「Who(だれが)」、「Where(どこで)」、「What(何を)」、「Why(なぜ)」、「How(どのように)」の頭文字を取ったものです。

「いつ」、「どこで」など視野を広げることでより広範囲から物事を考えることができます。また、「なぜ〇〇なのか」と一つのWを掘り下げていくことで問題の本質となる部分を追求することができます。

目的が明確になり説明の説得力や具体性が増します。

5W1Hはエンジニアとして仕事する時にも活用できる

メリット
エンジニアも5W1Hの以下の4点について改善できます。

・作業の目的を明確にできる
・ドキュメントを書く時に意図が明確にできる
・問題点をシンプルに考えることができる
・企画や提案も通しやすくなる

作業の目的を明確にできる

5W1Hを活用し、目的を展開していくことで作業の目的の本質的な部分を追求することができます。

ドキュメントを書く時に意図が明確にできる

エンジニアは仕様書を報告書など様々なドキュメントを作成する機会があります。
ドキュメントを書く時に5W1Hを活用することで意図を伝えやすくなります。

問題点をシンプルに考えることができる

エンジニアの仕事をしているとプログラムの不具合や仕様の課題など様々な問題に出くわします。
その時に問題をシンプルに考える為に5W1Hを活用することは有効です。

企画や提案も通しやすくなる

エンジニアは上司やお客様に提案する場面もあります。
5W1Hを活用ことで提案の説得力を上げることができます。

まとめ

仕事を便利にする為の考え方は様々なものがありますが、5W1Hはその中で最もシンプルと言えるものです。

エンジニアとして仕事をするときも様々な作業の基盤となるため、有効に活用することで円滑な作業を行うことができます。

シンプルな思考で作業をする為に5W1Hを活用していきましょう。

作業効率化の方法をこちらの記事にまとめています。
作業効率化の方法まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました